かつて、ヨウ素  

現在は地下の化石海水からより安価に採取されているが、これも海藻が起源との説もある。なお、一部の海藻はヨウ素を体内に蓄積する性質があり、かつて、ヨウ素は海藻を燃やすことによって抽出していた。

欧米では海藻を食用にする習慣が少ないので、英語では海草と一緒に Seaweed(海の雑草)と呼ばれる。しかし、最近では欧米でもヘルシー志向が高まり、海藻を食材として利用する事例も増えており、Sea Vegetable(海の野菜)と呼ばれることも多い。

日本以外では、スコットランド・アイルランドが突出した海藻食文化を持っており、ダルス・イボノリ・ヒバマタ・ツノマタ・トサカモドキ・アオサなど伝統的に多種の海藻を食
0

細菌、真菌、ウィルス  

感染症とは、はじめに感染が成立することが前提になります。エイズAIDSは、HIVのウィルスの感染が成立しても症状のでない期間(その期間を不顕感染といいます)があるので厳密にはその人はウィルスのキャリアーであっても感染症患者ではありません。

感染を起こす部位と原因菌には明らかな関係があることがわかっています。熱が出たからといって感染症とは限りません。

感染症の原因となる病原体は、細菌、真菌、ウィルスなどがあげられます。ある潜伏期間を経て発熱や体重減少といった症状が現われたときに、はじめてエイズAIDSという感染症の発症となるのです。

病原体が体内に入り、生体が何らかの反応を示した時、感染が成立します。感染が成立した中で自覚的、他覚的に症状が出ると、感染症と診断されます。
0




AutoPage最新お知らせ