2013/5/29 | 投稿者: saku

なんと!膝痛のほとんどが変形性膝関節症です。たとえば、歩き始めや歩きすぎで痛むことが多いのなら変形性膝関節炎、階段を昇る際に痛むのなら膝蓋骨軟化症、降りる際なら半月板損傷が考えられます。膝痛 は、膝 の怪我や加齢によって、膝 の軟骨や骨の破壊が進んだ状態と言われてます。

ひとくちに膝痛といってもいろいろあります。さらには、どんなとき膝痛がおきるかにより、病名の診断がつくこともあります。

膝痛 の発症・悪化要因は、女性の肥満、0 脚については膝痛 との関係があると言われています。体重の増加や怪我などにより関節に負担がかかり、膝の軟骨が痛み、骨も変形してくる病気で、膝関節が痛み、動きも悪くなります。

なかには関節に水がたまって腫れてくることもあると西洋医学では言われます。急に痛み出したのなら急性関節炎、徐々痛み出したのなら慢性関節炎と考えていいでしょう。
リプロスキン

0

2013/5/6 | 投稿者: saku

普通のかぜの症状は、のどの痛み、鼻汁、せき、くしゃみなどの症状が中心で、一般的に軽度です。これらの症状は通常2〜3日続きますが、場合によっては5日を超えることもあります。

全身症状はあまり見られず、発熱もインフルエンザほど高くありません。また、重症化することはほとんどなく、1週間ほどで治ります。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症なのに対し、かぜ (かぜ症候群)は、ライノウイルス、コロナウイルスなど種々のウイルス感染によって起こる上気道炎の総称です。さらに、高齢者や乳幼児では肺炎や脳炎などを合併することもあり、最悪の場合は死に至ることもあります。

。一方、インフルエンザの場合は悪寒、倦怠感、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、合わせて、のどの痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。
0




AutoPage最新お知らせ