まおの弟達のブログはこちら「ハチだもの
2014/1/4 | 投稿者: mint


2014年になりましたヽ(。・ω・。)ノ アケオメー♪♪

今年の6月でまおが亡くなって二年、人間風にいうなら三回忌。
時が経つのは無情です(´_`。)

まおがいなくなってからのこの一年半
私は何を思ったのか、「家を買う!」といきなり家探しを始めたり
ハチと金次郎の2匹を迎えたり
親族の借金問題を解決すべく弁護士事務所に相談に行ったり
普段ボーっとしているのが趣味な私とは思えないほど
かな〜りアグレッシブ(笑)(おかげで全てまるく収まりました)

きっとまおがいないことの空虚感を埋めたかったんだよね。。。

去年の暮れは新居での初めてのクリスマス。
すっごい久しぶりにクリスマスツリーをだしてみた。

クリックすると元のサイズで表示します
(お約束どおりハチと金次郎がぶっ倒してくれたので高い場所に飾っています^^;)


このツリーは、まおが1歳の時に、亡き父が買ってくれたもの。

クリックすると元のサイズで表示します
1998年のクリスマス。まおが若くて可愛い〜(*´艸`)


思い出の品だから大事に使っていかなきゃね。

4

2013/4/14 | 投稿者: mint


4月5日はまおの誕生日で、生きていれば16歳になっていました。

私が住む地域ではいつもまおの誕生日頃には桜がまだきれいに咲いていて
動物病院の帰り道、近所の公園に自転車を止めて少しだけまおと一緒に花見をしたりして
「桜が咲くとまおの誕生日だねぇ♪」なんてずっと思っていたけれど
この春は桜の開花が例年より早く
3月の終わりにはもうほとんど散ってしまいました。

「今年はまおの誕生日までは持ちそうにないなぁ…」と思いながら
風に舞い散る花びらを見ると
16歳の誕生日を迎えずに逝ってしまったまおと何となく重なってしまい
咲き誇る桜を前に寂しい気持ちになってしまいました。

ハチと金次郎を迎えてにぎやかな毎日でも
まおのことはまた別の次元で、まだまだ立ち直れていないようです。

来年は満開の桜がまおの17歳の誕生日をお祝いしてくれるといいなぁ☆,。・:*:・゜'
そうしたら…まおの姿は見えなくても、桜を眺める私のそばにいてくれるような気がします。


☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆


お気に入りのベッドとフリースでごきげんまおさん♪
クリックすると元のサイズで表示します
フカフカぬくぬく〜♪


ピンクが似合ってカワユス♪(*´ω`*)(いまだに親の欲目^^;)
クリックすると元のサイズで表示します
(…ったく、お母さんはいつまで辛気臭いこと言ってんのかしら〜)


2

2012/9/16 | 投稿者: mint


今年のお正月のまおです。

クリックすると元のサイズで表示します

冬の日差しのぬくもりに包まれてとっても気持ち良さそう♪

クリックすると元のサイズで表示します

このまま時が止まってほしかった・・・
3

2012/9/13 | 投稿者: mint

まおに弟ができました。

http://happy.ap.teacup.com/hachidamono/

配色は全く違うけど、毛が白と黒っていうところがにてるかな^^;
1

2012/8/2 | 投稿者: mint

まおが6月19日に亡くなってから
早いものでもう8月。
来週には四十九日を迎えます。

この連日の厳しい暑さでは
もしまおがまだ生きていたとしても
体力がもたなかったでしょう。。。

まおは肝臓の数値も下がり、食欲もあって
もう少し一緒にいられると思った矢先
貧血の数値がぐんぐん落ちて、詳しく調べたら…
再生不良性貧血になってしまっていました。

長く患った消化器の問題で
(詳細は不明のまま…可能性としてはリンパ腫か?)
食べても太れず、体重が2kgを割り
悪液質による骨髄抑制かと思われます。

火葬して骨を拾う時
霊園の人から
「一番太い骨の中がもう空洞になっています
おそらくこれ以上は生きられなかったと思います…」
と言われ
そんな状態でもまおは最期まで精一杯に生きたのかと。。。

本当に偉かったね、まおちゃん。

本当にありがとう。



クリックすると元のサイズで表示します
11

2012/5/28 | 投稿者: mint

まおへのご心配、応援のお言葉ありがとうございます。

黄疸の診断を受けてから一週間が経ちました。
一日おきの点滴と毎日朝晩の飲み薬。
この一週間のまおの頑張りに応えるように尿の色も薄まり
昨日の尿検査ではビリルビンはでていませんでした!

とはいえ、とにかく肝臓の数値が悪かったので・・・

◆先週の血液検査◆
【GOT/AST】365 U/l (正常値18〜51)
【GPT/ALT】>1000 U/l (正常値22〜84)
(他、肝機能関係すべて高数値)

・・・肝臓の状態が安定するよう
もうしばらく今のペースで治療を続け
それから血液検査を再度することになりました。
下痢・軟便もまだ不安定だし
引き続き「できることを丁寧に確実に」していきたいと思います(`・ω・´)

マイナス要因だらけの中で唯一の救いは
まおがご飯を食べてくれること。
獣医さんからも
「この状態で食べられるってすごい。まおは強いなぁ」
と感心していました。
まさに、「食いしん坊 万歳!」(^o^;)
まおの強い心と体に感謝です。

今日のまおさん

クリックすると元のサイズで表示します
6




AutoPage最新お知らせ