2015/7/28

社会科は安定得点源  記憶・学習


高校入試や大学入試において、社会科系の受験科目は得点のブレが一番少ない「安定得点源」と言ってよいでしょう。


もちろん、実際には受験のたびに出来/不出来はあります。社会科の中でも細かくジャンル別に見ると、ブレの大きさに差があったりもします。


しかし、数学や国語などと比べればブレは少ないと言われています。一度、マスターしてしまえば安定して得点しやすい科目、得点の事前見積りをしやすい科目なのです。


ただ、暗記系科目というイメージが強くて、好きになれないという受験生も多いようです。これは上記のようなメリットを考えると、もったいない話ではないでしょうか。せっかく、確実に得点しやすい科目があるのに・・・。


実は、社会科も理解することに主眼を置くと、なかなかおもしろいものです。また、ちゃんと理解すると、無理に暗記しなければならない部分が少なくなります。理屈でわかるからです。
(⇒「公立高校入試で社会98点」 やる気の出る中学社会科の教材


どうしても暗記したいのであれば、社会科専用の記憶術も存在しますので、利用してみてもよいでしょう。
(⇒歴史の記憶術


社会科は「お得な科目」なので、早いうちに得意科目にしてしまいましょう。

0

2015/6/15

記憶とマインドマップ  記憶・学習


マインドマップは記憶するための有効なツールであると考えられています。例えば、勉強でマインドマップの形にまとめ、それを復習に利用することで、効率的に記憶することができます。


マインドマップでは、何らかの関連性のあるノード間を線で結びます。これは覚えやすく、思い出しやすい事を意味します。連想力を働かせて思い出しやすい図がマインドマップなのです。


しかも、マインドマップでは関連事項を丸ごと1つの図にまとめることができます。つまり、1つのテーマに関して全体を見渡せるというメリットがあります。テーマ全体を記憶してしまうのに威力を発揮します。


マインドマップは万能ではありませんが、有効な記憶ツールです。授業に取り入れて実績を上げている学校・塾などもあります。あなたの学習にも取り入れてみてはどうでしょうか。


0

2015/4/29

短期記憶、長期記憶と睡眠  記憶・学習


記憶には短期記憶と長期記憶があり、一般的には短期記憶に入った情報のなかの1部が長期記憶に転送されます。脳の中で、短期記憶と長期記憶は別の場所に格納されることがわかっています。


イメージとしては、短期記憶と長期記憶の間に関所があり、しっかりと記憶するに値する情報のみがその関所を通過できる、と考えればわかりやすいでしょう。


ところで、短期記憶の格納領域の要領は非常に小さく、いろいろな情報がどんどん後から入ってくると、前に入ってきた情報が上書きされて消えてしまいます。勉強でこのような状態になると、覚えても覚えても記憶に残らない、ということになってしまいます。


その点、睡眠中は新たな情報は入ってこないので、短期記憶が潰されることはありません。睡眠中の脳は情報の整理を行っているそうなので、短期記憶の情報を長期記憶に定着させるのにも好都合です。


つまり、睡眠に入る直前は、何かを覚えるのに絶好のタイミングなのです。ただし、眠くてしょうがないときは駄目でしょうが・・・。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ