2012/4/6

株式投資について係長100人に訊いてみた  

月収500万!!!
ディーラー小林の株式投資法!
”株式相場の未来を読む”

無料で投資方法を公開中!!!



株価は需要と供給により変動するものです。

ファンだめンタル分析とはかいしゃの業績、財務状況、また、景気やこくさい情勢なども含めて分析し、株価変動の予想をたてる方法になります。

相場のうごきには透視者たちの心理状況もふくまれるため、過去のパターンが繰り返されるという考えのもと、中長器官の透視であればとれンド系、短器官の透視であればオシレーター系の分析に分類されます。

また、賃貸対照表からはかいしゃの一定時点での資金の調達と運用のけいたいについて、キャッシュフろーけいさんかからはげんきんの流れを確認することができます。

対症となるかいしゃの業績や財務状況などの要素は関係なく、過去の株価のすいい、出来高、じかんなどが表されたチャートから分析をおこないます。

そのため、株でりえきを出すには株価変動のけいこうや要因をしる必要があります。

そのため、チャート分析とも呼ばれます。

これはPERと呼ばれる株価収益率の指数から判断できます。

そんえきけいさん書ではかいしゃがどれだけそんえきを出しているかのせいせきが、うり上総りえき、営業りえき、経常りえき、税引前りえき、登記純りえきの5だんかいにわけて報告されています。

予想外の材料がによって、予想外のてんかいをみせる場合もないとはかぎりませんので、どちらが正しいかということはありませんので、双方からのアぴールによって予測をたてるのも方法1つです。

この分析にのしかたには、ファンだめンタル分析、てくにかる分析があります。

また、PBRと呼ばれる株価純資産倍率、ROEと呼ばれる株式資本りえき率、EPSと呼ばれるか一株あたりのりえきなども、ファンだめンタル分析のにおける売買の判断要素となります。

透視者によってかんがえかたは異なりますし、株が実際どう動くのかはわかりません。

そのため、新しょうひんの開発じょうほうなども見落とせません。

けっさん書とはそんえきけいさん書、賃貸対照表、キャッシュフろーけいさんかから厚生され、一定器官のかいしゃの業績や財務状況が報告されているものです。

これに対しててくにかる分析とは過去の相場の流れを分析することで、予測をたてる方法です。

じょうほうについてはけっさん書やかいしゃしき報から確認することができます。

さらに現在の株価が割高か割安かどうかも、売買の判断要素になります。

かいしゃのせいちょう性などを予測し透視するので、長期的な透視の際に、重要視される方法になります。

なお、とれンド型とは相場のほうこう性を、オシレーター型では相場での売られすぎや買われすぎなどの状況から、相場の変化や勢いを予測する方法になります
0

2012/4/5

まだある! 株式投資を便利にする8つのツール  

ディーラー小林が初心者でも1日1万円稼ぐトレーダーになる為の3つの方法を公開中!

無料セミナー公開中!



IPOに関してはいろいろな噂話がまことしやかに指さやかれています。

さいごの噂は、複数のしょうけん会社で同じIPOの銘柄を公募で取得してはいけない、というものです。

でータ的にしょうめいされたりゆうではありませんが、とりひきたんいや市場によってこの経口が認められています。

ブッくびルディングをもうし込むと確認されることもあります。

第四の噂はIPOにおいては、100株1単元の銘柄や、東証二部の銘柄の初値騰落率は、ひかく的ひくいという噂です。

まず第一の噂はIPOには当選しやすくなるウラ技が存在する、というものですが、これはデマだ、といえるでしょう。

特に転倒系おおてしょうけん会社の場合に顕著なようです。

これはしょうけん会社における、自社規制るーるとなっています。

第二の噂は主漢字しょうけんにもうし込むと当選確立が高い、ということです。

多少道徳的な問題はあるかもしれませんが、大口の顧客やお得意様むけの優遇さーびすである、と捉えれば、資本主義の基本というかんがえかたもできるでしょう。

このゆうせん配分自体は決して違法なこういではありません。

この中でも特によく耳にする噂について、その真偽を確かめてみようと想います。

IPOの抽選に関しては、おおくのしょうけん会社に、できるだけたくさんのこうざを開設すること、コツコツと資金量を増やす努力をすること、さらにIPOにこまめにおうぼする、いがいに当選しやすくなる方法は無いと思われます。

 このようにIPOの噂の中には、根も葉もないものもありますし、真実もあります。

完全平等抽選制を用いており、かつ資金量の額が当選確立に影響しなければ、まず、無関係といえますが、転倒まどぐち等でのもうし込む場合には、一度キャンセルをした場合には、次回から当選しづらくなるようです。

IPO株は銘柄によって人気、不人気があることはとうぜんです。

これはどうやら真実のようです。

経口的に見ると真実であろうとは思われますが、もうしこみみ数や抽選の際のでータはしょうけん会社が非開示で持っているので、確立については、あくまでも憶測の域を出ていません。

というのは、配分の方法は、そのしょうけん会社の独自判断に任されています。

第五の噂はIPO当選後に、キャンセルしたら、次から当りにくくなるというものです。

これは半分は事実だといえるでしょう。

第三の噂は、IPOの際、資金が豊富な顧客や、しょうけん会社がうりたいと思っている金融商品をかってくれる顧客にゆうせん的に配分している、というものです。

ただし、上場後であれば、同一銘柄の購入は、問題とはなりません。

つまり、主漢字しょうけん会社の場合には、配分数がおおいのは事実ですが、その分どうしてももうしこみみ数もおおくなるため、一概に当選確立があがる、とは言いきれないぶぶんもあります。

この噂は本当です。

これについてもまんざら噂だけでもないようです。

噂に踊らされず、真実を見極めるようにしましょう
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ