マグカップカバー  よもやま話

クリックすると元のサイズで表示します母は蓋つきのマグカップを使っているが、割ってしまい同じものを買って、又すぐ蓋を割ってしまっていた(母ではないが)。
そうこうするうち、百円ショップで買ってきたという、シリコン製マグカップカバーがお気に入りになっていた。シリコンなので、柔らかくカップに吸着する。

昼過ぎのTVのトーク番組でもマグカップに使われているのを見つけ、母に教えると、これは本当にいいのよ!
と、嬉しそうだ。

今年になって、私は枕元にカップを置いて喉が渇いたときに飲んでいる。
やはり蓋があったほうが良いと、探しに行った。
見つからないので店員さんに聞こうと思ったら、棚の脇にかかっていた。
母のは乳白色で丸い形だったが、これは花弁のようにカットされていて、持ち手がクリスタル風プラスチックだ。
波打つのではなく円型が良いと思いながら、使っている。

0

回鍋肉  食の話

回鍋肉を作ってと言われながら、夕食の献立を考えるときには忘れていた。
テレビのコマーシャルで美味しそうに食べている、それを見ると思い出していたのだが…。
そうして、どうせならその調味料を使ってみようということになる。
幾度もみているのでメーカーも記憶にとどまっている。
沢山のキャベツなどを2度に分けて炒め、皿に取りだし、肉に火が通ったところで調味料を入れからめ、
野菜を戻し入れて更に炒めるというもの。
キャベツがべショッとならずに美味しくできた。この作り方はいいかも!

0

地元ワイン  食の話

今回の中禅寺湖行きには、もう一つの目的があった。
前回、宿で飲んだ地元のワイン(洛山紅)が美味しくて、買って帰りたいと思った。
調べると店は近くだったが、生憎翌日は休みで買うことが出来ず、それが心残りだった。
アルコール12%と低いのだが、我が家には丁度良い。
山梨のワインを取り寄せて、こちらで熟成させているというものだ。

そんなわけで、今回は着くや否や買いに出かける。
店主曰く甲州ワインと、チリ産のワインを混ぜているという。
ハーフボトルより熟成が遅いので、1,2日置いてくださいという。
宿でもそれを注文し、堪能する。

翌日は、[ゆっくり台風]のおかげで天気が良く、ワインを買うのを早まったと後悔しながら、
中禅寺湖を遊覧船で一周し、帰路につく。
帰るころには観光客も増えていたが、全体的にのんびりとゆっくりできた。

そうして、帰宅して、イナダのカルパッチョ風・豚肉の冷しゃぶ・焼き鳥・サラダ
・素麺といたってミスマッチの夕食ではあったが、手に入れたワインを早速開ける。
私たちには全く違和感なく美味しくいただく。
0

奥日光  旅行

奥日光へ行ってきた。
ネットでホテルを予約すると、その後も勧誘がよく入ってくる。

冬の日光・中禅寺湖に行ってみて、近くて行きやすい場所という印象だった。
シーズンには混雑するだろうと思っていたが、夫が行こうというので、私は横に座っているだけと同意する。
今回は沼田まで行って丸沼高原経由で奥日光へというコースだ。
日本ロマンチック街道といわれるらしいが、本場を知らないし…。
沼田といえば尾瀬に行った時に覚えた地名だ。
道路標示にも尾瀬という文字が出てくると、入口にだけでも行ってみたかったが…。
丸沼高原では草スキー?をしている人たちがいたり、子供たち用の娯楽がある。
せっかくだからとロープウエーに乗ると、中々の眺望で満足だ。
尾瀬に寄らずによかった。

危うく湯滝・竜頭の滝を逃しそうになったが、戦場ヶ原は草むらと化していた(ニッコウキスゲの咲くころは良いのだろう)。冬景色がとても良かった分止まる気にならず。

冬には竜頭の滝をあきらめたが、車を止めても踏み入ることはできなかったに違いない。
奥入瀬を思わせる景観だ。

逆から回ったおかげで、湯元から中禅寺湖への流れが良く分かった。

部屋は露天風呂付で心地よく、リピーターとして満足できるものだった。
0

今日一日  よもやま話

夫が約一ヶ月のロス行きから帰ってきた。
夫が留守というのは、友人たちにうらやましがられるのだが、
確かに一人の生活はそれなりに片付けもできるし、リフレッシュもできる。
しかし、夫が帰ってくればそれもホッとするのだ。

きょうは車を車検に出し、その足で買い物。暑い夏では刺身を食べるよりはステーキ!
外食を考えれば多少高いステーキも迷うことなく買える。
ワインとで至福の食事となる。
最近は、ステーキは早めに冷蔵庫から出し、
塩コショウしオリーブオイルでニンニクフレーバーで焦げ目をつける。
裏返し、蓋をして火を止め蒸らす。という方法で、焼きすぎることもなく美味しく食している。

ちなみに、片道ウォーキングで済んだので、久しぶりのテニスをする。
夫には驚かれるが、楽しく遊んでくる。
コート整備で5日間ほど使えなかったので、友人たちと久しぶりの談笑だった。
0




AutoPage最新お知らせ