九星占いについて  九星占い

九星占いの九星とは中国から伝わった民間信仰で、日本では陰陽道を通じて広まり、吉凶や運勢を占う基準となっています。九星とは以下の九つのことをいいます。 一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫があります。

>> 新宿の母の九星占いはコチラ <<

この九星に、木・火・土・金・水の五行や十二支や方位を組み合わせて九星図を作り、人の運勢や家運や方位の吉凶を占います。なんだかちょっと難しい感じがしますが、一応参考までに。で、その五行などを組み合わせたものが以下の九つです。

一白水星(いっぱくすいせい)・二黒土星(じこくどせい)・三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい)・五黄土星(ごおうどせい)・六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい)・八白土星(はっぱくどせい)・九紫火星(きゅうしかせい)

この漢字見た事ある!って方いらっしゃいますよね?でも漢字が読めなかった方もいらっしゃるはず(笑)。実際わたし自身読めなかったものもありましたから。

近年では、この九星占いは非常に人気のある占いです。やはり大昔からある占いなので、神秘的なイメージが強いのでしょうか。ちなみにこの九星は、生まれ年で分けられます。その生まれ年の星で占いがおこなわれます。

自分の星を知っておくと、占いをする時にすぐに行えますので便利ですね。 ですが、最近では、自分の生まれ年を入力するだけで、星を出してくれるサイトもありますので、そちらを使われるのも便利かと思います。

6
タグ: 九星占い 無料 占い

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ