2012/7/31 | 投稿者: 本田式・強迫性障害改善プログラム




詳細はこちら>>クリック




貴方は、強迫性障害のこんな症状で悩んでいませんか?

何度も手を洗ってしまう

確認作業がやめられない

スイッチの消し忘れが気になる

ガスの元栓の閉め忘れが気になる

机やイスの位置が気になって仕方がない

目に見えないバイ菌が怖い

ドアノブが触れない

ひとを車でひいてしまったと錯覚する

4や9などの特定の数字に恐怖を感じる

不吉なことばかりを考えてしまう ・・・etc.



これらの症状は強迫性障害(きょうはくせいしょうがい)、

強迫神経症(きょうはくしんけいしょう)という「心の病」が

あなたに危険を知らせてくれている大切な“シグナル”です

強迫性障害は一度発病すると重症化しやすいので早めの改善が必要なんです

「ただの性格」だと思って見過ごしてしまうと益々悪化してしますますよ。


悪化してしまうとこんな悪循環の繰り返し

強迫観念に苦しめられる → うつ病を併発する → 強迫性障害がますます悪化する →

うつ病もますます悪化すする → ほかの心の病を併発する



でも、心配しないで!


開始して6週間後、あなたは強迫性障害を根本から改善することができ、

煩わしい強迫行為から解放されてる事が出来る特別なプログラム

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの体験記を

ご覧になり、ご購入の参考にしてください。




静岡県在住 男性 (31)

「治そうと思えば思うほど深みにはまっていく」とか、

「強迫観念は本当は自分の味方だ」とか、

今まで知らなかった色んな考え方がどんどん入ってきて、

なんだか修行僧の身になった気分でした(苦笑)。

そして、今まで知らなかった知識を学んでいくうちに、

段々と強迫観念に対する恐怖が消えていくのがわかりました。

というよりも、気が付いたら恐怖に感じなくなっていたという感じです。

恐怖や不安を感じなくなると、自然と強迫観念自体がなくなって、

「ほんとうに今まで何をそんなに気にしていたのだろう?」

というのが正直なところです。

そして、強迫観念がなくなると色んな事を客観的に見れるようになり

自然と人間関係や仕事がうまくいくようになりました。

本田さんがおっしゃられていた「強迫性障害を改善するプロセスには、

様々な気付きや人間的成長がある」という言葉の意味がようやく理解できた気がします。

強迫性障害を改善しただけではなく、私自身のスキルアップにも繋がりました。

これも本田先生のおかげです。

新たな境地を切り開けたような気がします。



いかがですか?

まだまだ沢山の実践記がありますが、ここではこれ以上書けません。

このプログラムは300名以上の強迫性障害者を救ってきてます

激しい動悸や、呼吸が苦しくなったりするような緊急時に、

その症状を和らげるテクニックを紹介した「応急処置マニュアル」もありますので

貴方も、安心して実践する事ができますよ。

そしてこの改善法で以前の暮らしを取り戻すことができますよ。


気になりましたら、詳細はこちらよりご確認ください。



詳細はこちら>>クリック


このページは、開始して6週間後、あなたは強迫性障害を根本から改善することができ、煩わしい強迫行為から解放されてる事が出来る特別なプログラム【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの体験記を公開しています。


【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド 口コミと体験談


【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド 体験記


【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド 実践記


【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド 口コミ





  • SEOブログパーツ


0




AutoPage最新お知らせ