Looking:

 

引っ越します  固定ページ

☆ごあいさつ☆ いままで可愛がって頂き、ありがとうございました。
 使用容量が一杯になったしまったため、今日(2月1日)から新しいブログに引越します。
 新しいURLはhttp://love.ap.teacup.com/okyou97/です。(URLをクリックするとジャンプします)
今日の記事は↑にUPしましたのでごらんください。
 お気に入りに入れてくださっていた方、リンクしてくださった方。お手数ですが、書き直しをお願い致します。
 これからもできるだけ毎日更新しますので、隅から隅までズズ、ズイーイっと宜しく、おん願い申し上げ奉りま〜す

クリックすると元のサイズで表示します

 古い記事を消していけばよいのでしょうが、皆さんに書いて頂いたコメントは私の宝物です。これからもこのブログは時々覗いて、楽しみたいと思っております。
今後共、宜しくお願い致します。

1

2008/3/21

(無題)  育児

<
4
タグ: 子供 小学生 女の子

2008/2/1

トップッページ  固定ページ

クリックすると元のサイズで表示しますようこそ
  「ちょっと ひといきお京のブログ」へ

《ごあいさつ》
以前使用していたブログ
の容量が一杯になってしまいましたのでこちらに引っ越しました。
これからも以前同様よろしくお願いいたします。

ここは固定記事です。
最新の投稿記事はこちらをごらんください1・31UPクリックすると元のサイズで表示します
 (小さい写真はクリックすると大きくなります)
もし、万が一、書き込みができない場合は左サイドの掲示板「ちょっと ひとやすみ」に書き込みをお願いいたします

長女もブログをやっております。
      興味のある方は⇒
<こちら>


灯油の値上げ問題になっている中で、私の友人がペットボトルのキャップを石油に変える運動をしています。ペットボトルのキャップは収集と洗浄が簡単なので、差し当たりペットボトルのキャップ回収の運動を始めたようです。もし、ご協力頂けるようであれば下記までペットボトルのキャップをお送り下さい(*^^)v

〒253-0056神奈川県茅ヶ崎市共恵2−7−31
泣Rスモバランス
江澤城司
電話090−9856−1632
E-mail ; geclub@shonan.ne.jp

 江澤氏は広義のNPO(非営利活動団体)で、プラスチック油田開発委員会を立ち上げて活動をされていらっしゃいます。
 「まだ、NPOを立ち上げて間もないため予算がとれません、申し訳ありませんが、お送り頂くときはある程度数量をまとめ、送料負担でお願いいたします。送る前にメールでけっこうですので、ご一報頂きたい」ということでした。

むぎとろ屋『仙若』
お京のダンナ様のお店です

お世話になっている皆さんのブログのリンク集を左サイドに新しく作りました。(順不同)

0

2008/1/31

妻の鑑  育児

 長年付き合っている親友のご主人は役者さんをしています。役者さんといっても、1回舞台に上がれば1年食べられるというほど売れているわけではありません。でも、正社員になってしまえば舞台の話が来た時に出られない、そこで、臨時職員をしながら演劇活動を続けています。何年か前からご主人は歌手活動も始めたようです。

 友人自身も舞台活動をしていましたが、「夫婦二人ならともかく、娘の学校もあるから…」と、彼女の方が経済的に家庭を支えてきました。

 本来ならご主人が働いて家族を養うべきなのでしょうが、ご主人は銀行引き落としの家賃や光熱費を払う程度で、他は演劇関係に使ってしまいます。「こんな仕事をしてるとわかって一緒になったのだから、私が家を支えないと・・・」といつも明るい彼女。役者の女房って大変ですネ。

 「彼も好きなことをしてるけど、私も好きなようにさせてもらっているからネ」とそのパワーには脱帽です。

 この4月から、お嬢さんは私学の高校に進むことになりました。ご主人は「公立高校に行くのでなければ、僕は学費は出さないって言ってあるんですよ…」と聞いていましたが、お嬢さんが希望したのは福祉コースがある私立高。

 「私の意志で娘の希望校の入れることにしたわ。主人に出してもらわなくても私が出せば文句は言わないしネ。今の家からだと通うのも大変だから、学校の近くにマンションを買うことにしたの。3月には入れるから遊びに来てネ〜」。

 つい最近までお母様のお具合が悪く、仕事の帰りに実家に寄って介護もしながら、しょっちゅう自宅に連絡を入れ、お嬢さんのことを気遣っていました。

 お嬢さんが小学校のうちは、仕事に出るといっても子育て中心にしていたようですが、中学に入ってからはお嬢さんもクラブで帰るのが遅いこともあり、夕食は温めれば食べられるようにして仕事にでかけていたようです(最近はお嬢さんが夕飯を作ることも多いようですけどネ)。

 私は今まで親子で付き合ってきましたが、お嬢さんとのコニュニケーションもバッチリ。仕事から帰った後や、休みの日は濃い愛情でお子さんを包んでいたようです。その上でいつの間にか彼女はお嬢さんを私立に入れ、マンションを買うほどの経済力を身につけていたのですネ。

 「お嬢さんもシッカリしたわねぇ〜」と言うと「いや、今までお京さんファミリーがバックで支えてくれたからできたのヨ」と、言いますが、私は何もしていません。

 たまに電話を入れて叱咤激励したり、一緒に遊びに行っりはしましたが、うちの娘達の方が彼女のお嬢さんにお世話になる方が多かったなぁ〜。

 彼女のように全てをプラス思考で考えられる友人のお陰で私もずいぶんパワーを貰うことができました(*^_^*)
クリックすると元のサイズで表示します
お知らせ;このブログの使用容量が一杯になってしまいました。明日からhttp://love.ap.teacup.com/okyou97/に引っ越します。これからも宜しくお願い致します(*^_^*)
1
タグ: 子供 小学生 女の子

2008/1/30

アース  つれづれ日記

 映画『アース』を見てきました。

 この映画は「地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー。氷の地から熱帯の森、深海で営まれる動物たちの命のドラマを、製作5年、撮影日数のべ2000日、撮影地全世界200か所以上というスケールで、最新の撮影技術を駆使してとらえた映像は圧巻。北極を基点に地球縦断の壮大な旅に出た撮影隊は、ホッキョクグマ、象、チータ、ザトウクジラの親子に導かれ、さまざまな命の営みに出会う。さまざまな生命が息づく地球の姿に、改めて地球をとりまく環境について考えさせられる。」というもの。

 どれだけの種類の動物が出て来たでしょう。動物好きには見逃せない映画です。

 この映画は自然の美しさ、残酷さ、優しさ、そして動物の家族愛情をふんだんに見せてくれた映画でした。

クリックすると元のサイズで表示します ホッキョクグマのメスは冬籠りをして出産し、体重が半分になっても母乳を与え続けるそうです。危険な自然の中では子供だけを置いて猟に出るわけにはいかないし、猟場は子供の足がシッカリしないと行けないようなところだから…。

 自然は優しくもあり、厳しくもあり、そうやって動物の数のバランスをとってきました。

 今は人間の数だけが増え、動物達の住む場所を奪い、自然の環境をも破壊しようとしています。19世紀までの人間は、もっと自然と仲が良かったはずなのに…。

 動物達は自然を利用して生きています。かつては人間もそうでした。それが、今の人間はどうでしょう、自然を支配し、神の領域まで踏み込もうとしている…。

 もちろん、人間は大切です。でも、地球があってこその人間だということも忘れてはいけませんネ。

 これから育つ子供達に、そのツケを払わせないためにも、私達が意識しないといけないと改めて思いました(*^_^*)

自然保護に興味がある方はこちらをご覧下さい⇒http://www.wwf.or.jp/
クリックすると元のサイズで表示します


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ