マンションの賃貸契約の入居審査に通るコツ  マンション


マンションをはじめ賃貸物件を借りる時に行われる入居審査とは・・・
『入居をしても大丈夫なのか大家さんや不動産会社が審査を行う』ことです。

当然入居審査に受からなければ、マンションを借りることができません。

特に賃貸契約での大事なポイントは、年収、雇用形態、保証人、人柄のが4つです。

賃貸物件を貸した人がきちんと家賃を払ってくれるかはどうかは
大家さんにとって一番大事なことです。

そのために・・・
まず、入居者の支払能力を見るために年収を見ます。
年収の基準としては家賃×12×3の合計値です。

次に、支払能力として年収の他に雇用形態を見ます。
定着率の低い雇用形態は、
安定した収入が難しいと判断される傾向があります。

正社員>派遣・契約社員>フリーター>無職
というのが一般的な図式ですが、
フリーターだからといって入居審査が通らないわけではありません。

その次に保証人ですが、
理想としては、保証人は本人と同等以上の収入があり、
本人との続柄は2親等以内である親、兄弟、祖父祖母がとても良いです。
また、保証人代行システムを導入している不動産会社も数多くあります。

最後に人柄ですが、
集合住宅で問題を起こさないような人柄は、とても重要視されます。

その為「大家さんに喜んでもらえる」という理由で
人物評価が高い場合は、
フリーターであっても、不動産屋から大家さんにプッシュされる場合もあります。

最大に注意すべき点は、申し込み書類に虚偽を明記すると
確実に入居審査で落とされます。

実際に不動産会社が、勤務先・自宅電話番号は、
電話で確認することがとても多いので、
間違えないように注意しましょう。


さて、色々と調べている時に
『マンション賃貸のコツ』ナビゲーションというサイトを見つけました。
わかりやすく書かれていて参考になりました。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ