2011/3/1 | 投稿者: 金太郎

通常国会。

管直人がどの首相に端を探ったかがyearCanを持続するので、与野党協力などは這います、そして、まった、不点火であり、ねじれ国会の状況は全く動きません。 以前より公明党を避けてケサイン。


民主党と共に。 このままでは、開発は前の臨時国会と同様に与野党の対立構造で政権は動いて、取ることができないところで予想されるですちゃ。  三浦tagayayoroko
しっかり議論に参加してケサイン。


9番マナグ、「最新の28」、民主党の要求のテレビ番組幹事長のKatsuya岡田で召喚の日について説明した後に「あなたのために会議に参加することへの拒否が全く欲しくない、それ、」 野党。


野党は抑制されました、それを言って「状況に従ってそれがあるかもしれない、(下院、溶解と総選挙:、)、」 しかしながら、すげで野党で低支持率から全く下院溶解まで苦しむように政権に追い立てたいのは、有効ではありません。 実際に、自民の谷垣禎一社長は、早く下院溶解を要求しました、同じプログラムで「すげの政権は正統の状態で負ける」と言ってっちゃ。


すげの政権は、臨時国会終わり以来明確に通常国会の円滑な管理をマナグ的としながら、動きましたっちゃ。 与野党諮問機関施設は税金が社会民主党全国連合に関する再アプローチと、日本とのそれが立つげんともおいて可能である協力であると評定する消費で提唱されますちゃ それは参議院における、どちらも「国会をねじってケサイン」でないという大部分の状況のブレークスルーに少しでも通じながら言われたマナグ的でしたが、結果は出すことができませんでしたっちゃ。



さらに、支持率改良につながって、野党が助けることができる環境にすげの政権を準備して欲しいのですが、厳しい態度で民主党の元代表している小沢一郎に衆議院政治倫理審査会の出席の上面したのはその結果支持率回復の兆候を見ません。

0

2011/2/24 | 投稿者: 金太郎

myvoicecoomは2011年1月25日のクレジットカードの使用に関する調査結果を発表しました。 それに従ってクレジットカードを所有している人が、調査母親の身体で84.3%に達したのが理解されます。



所有者としてカードを選んだポイントが、尋ねられたとき、多くの人々が同意した大部分が「ポイントサービスの増進」であったという項目です。 「それは、「年会費は安い」というレートが高いという協定が同じランクによってほとんど示されて、まず優先的に取り扱って、何よりも)(【発表リリース】でポイントでポイントとコミッションなどの「有益な感じ」を選ぶのが理解されます。」



現在調査は2011年1月に1番目?5番目までのインターネットを通して行われいかとです、そして、有効回答の数は1万1889人です。 男女比は、%、および歳か、より多くの40代31%カップル1と、1%、11%、30代30 20代10代です・ 50は時代の27%階層的な比率です。



一般に、2種類「キャッシュカード」と「クレジットカード」はヘッドを考えます、そして、それはお金のkaraのカードとして見ることを浮かべます。 後者は、以前に、「信用(クレジット)の後に、借りていた」商品を受け取って、それが前者が「自分」に使用するカードですが、より遅く現金の代金を支払う、引き出されるカード(現金)です。 皆は原則として前者を作ることができますが、薄いお金の自信(例えば、学生などのような規定時間収入を持っていない人)を伴う人はしばしば後者を持つことができるというわけではありません。



それはがいに便利な「財政的なツール」です、そして、それをよく)(【「負債の罠」の普及の状態… 世界地図で見られて、見られたクレジットカード】使用するなら効果と恋に落ちた多くの人々がいるので、クレジットカードは世界中で広まりました。 また、多くの破られた人々がいるのは)(【合衆国のA内国債事情はグラフで表されます(改正と増補版)】魔法(誤解します、そして、等しい私が現在量がするその「お金」を言う私の返済能力使用できる以上の買い物をする)に打ちます。



全体の84.3%は、現在、調査母親の身体にクレジットカードを持っています。 スリーピースか以上を持っている人は、近くにも半分であり、それを確認できます。
0

2011/2/21 | 投稿者: 金太郎

マイクロ クレジットと消費モン金融海上の森をたんねるした時に、倭人街国際連合の人ちゅうことを互いに分かった。
ほんで話題にならはったのが、バングラ ディッシュ(dish)のマイクロ クレジット. 農村の人の創業に小でぼちん貸付けるNGOの銀行が始めた制度だ。 この賭けで、貧困から抜け出す人が次から次へ出とる。



【グラ民】銀行は、ノーベル平和賞を受賞して有名にならはった。

せやけど、最も規模も大きくて、重要な役割を皆行っとるのは、ブラック(Brac)銀行だ。



すっぺり担保が予約しへん貧乏人が対象だ。 あいつらに事業計画をたてるようにして、場合によっては修正させたりたらん部分を支援したり、商いのそのモンを教育した後で、貸付ける。 担保がへん代わりに5人組で連帯保証をさせる。 ほんで、利子は結構高いちゅう。
それかて償還金でぼちんは995%と驚異的に高さ、貧困層の底辺印象(引き上げ、人相)に役に立っとることだ。 政府の造成かて、各国の経済援助がいっせいに機能へんといて、腐敗の温床にならはったりちゅう中、はっきりと人々を生活向上に貢献してる。




思わず感じたことは、担保なしの高い利子による大モンとは、日本ならば消費モン金融とおんなじだちゅうこと。 よーはやなぁーサラ金. ほんまにサラ金が貧困を救っとる構図だ。



あたり前、両モンには大きい差がある。 NGO銀行では事業計画が徹底した審査と教育をすることだ。 そへんゆー教育地図の費用もかかるから利率が高いにゃ。



単に連帯保証させるのは、事業に失敗すれば周辺の人にご迷惑をかけることになるから、仕損じたみなのような村に住むことができなくなる。 それだけ真剣に事業に熱を上げる。
0

2011/2/17 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ