2009/7/2

いろはす  


ぐしゅっと絞れるペットボトル。
コカ・コーラのいろはすのペットボトルです。

新ブランド「い・ろ・は・す」のネーミングは、日本古来の「いろは歌」の最初の三文字と、健康と環境を志向するキーワード「LOHAS (ロハス)」を掛け合わせています。やわらかな語感のひらがなの名で、国産の天然水であることを表現するとともに、消費者に対して環境への配慮が具体的な行動となるきっかけを提案していく商品になるようにとの思いを込めています。
また、 「ecoるボトル しぼる」の「ecoる」とは、環境に配慮した技術を用いたコカ・コーラ独自の資材/機材における取り組みを消費者に伝達するために名づけられた、こうした取り組みの総称です。「ecoる」の由来は「ecoする」からきています。

マイケルジャクソンの話題で持ちきりの中、梅雨時期だというのに、インフルエンザの拡大が止まりません。マラリアのように蚊などの虫が媒体するわけでもないのに…。

石器時代のフルートはマンモスのキバでできていたそうですね。

そういえば、ゲルマニウムって、効果ないらしいです。

0

2009/7/2

いろはす  


ぐしゅっと絞れるペットボトル。
コカ・コーラのいろはすのペットボトルです。

新ブランド「い・ろ・は・す」のネーミングは、日本古来の「いろは歌」の最初の三文字と、健康と環境を志向するキーワード「LOHAS (ロハス)」を掛け合わせています。やわらかな語感のひらがなの名で、国産の天然水であることを表現するとともに、消費者に対して環境への配慮が具体的な行動となるきっかけを提案していく商品になるようにとの思いを込めています。
また、 「ecoるボトル しぼる」の「ecoる」とは、環境に配慮した技術を用いたコカ・コーラ独自の資材/機材における取り組みを消費者に伝達するために名づけられた、こうした取り組みの総称です。「ecoる」の由来は「ecoする」からきています。

マイケルジャクソンの話題で持ちきりの中、梅雨時期だというのに、インフルエンザの拡大が止まりません。マラリアのように蚊などの虫が媒体するわけでもないのに…。

石器時代のフルートはマンモスのキバでできていたそうですね。

そういえば、ゲルマニウムって、効果ないらしいです。

0

2009/6/22

7/22 皆既日蝕  


今年は夏に皆既日蝕が見られます。

7/22。日本を含むアジア・太平洋地域で日蝕が起こります。
日本では、奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、北硫黄島、硫黄島やそれらの周辺海域などでは皆既日蝕を見ることができます。
残念ながら私の住む地域では部分日蝕ですが、それでも今年の一大イベントであること日本の陸域で皆既日蝕が見られるのは、北海道での1963年7月21日以来、実に46年ぶりとなるそうです。

日蝕は10時から12時半まで。
最大日蝕は11時12分頃のようです。

ボーナスをもらって梅雨が明けたらもう夏です。
今年の夏は、高速道路のETC割引もまだ続いていますし、JR東日本でも割引があるようです。
日蝕に限らず、流星群も観測できるようですし、を眺めたり、山などに行って野鳥をみたり、というのも楽しいかもしれません。

夏の予定を立てましょう。

0

2009/6/13

板橋区で病児保育サービス  


日経平均株価が一万円台を回復したそうです。
月探査衛星のかぐやが役目を終えて月に落下しました。
今年は世界天文年。宇宙観測に関する話題は、色々とありそうです。

「子どもが急に発熱…。でも仕事を休めない」

そんな親に代わって看護師が保育所に子どもを迎えに行き、病院内の保育施設で預かる“お迎え付き”病児保育サービスが、六月一日から板橋区高島平の板橋区医師会病院で始まりました。
子育て世代の悩みを解決しようと板橋区が本年度から導入した事業で、全国的にも珍しい取り組みだそうです。

保育料は一日千五百円で、迎えに行く際のタクシー代や、食事代などは実費負担する。

「子どもが発病してもすぐに迎えに行けない」
との声に応えるため、区は子どもの病状が急変しても対応できる総合病院に、お迎えサービス付きの病児保育事業を委託した。

利用者は事前の登録が必要だが、既に病後児保育の登録をしている人は承諾書を提出すれば利用できる。

区保育サービス課の課長は

「本来保護者が迎えに行くのが望ましいが、
どうしても休めない場合、この制度を活用して育児と仕事の両立に役立ててほしい」

と話しているそうです。

少子化問題が取りざたされている今、ありがたい制度ですね。
0

2009/6/4

バッテリー交換型電気自動車  


横浜は今、開国150周年記念イベントを開催中だが、その横浜で次世代の交通システムのデモンストレーションを見ることが出来る。

ベタープレイス・ジャパンは、 環境省が実施する「次世代自動車導入促進事業」に参加していて、この事業の一環として4月27日 (月)から6月20日(土)の期間、横浜市中区山下町にて「バッテリー交換ステーション」と「バッテリー交換型電気自動車」による、電気自動車のバッテリー交換の実証実験を行っている。

環境省次世代自動車導入促進事業 NEXT ベタープレイス電気自動車のバッテリー交換ステーション実証試験。

会場内では、詳しい解説付きで実際に電気自動車を動かしてバッテリー交換を行うデモンストレーションや、チャージスポットのデモンストレーションなど、近い将来の交通システムを知ることが出来る。

電気自動車普及の障害のひとつに電気充電スタンドのインフラ整備があげられる。
電気自動車は充電時間に時間がかかるからだ。
だが、このシステムは、バッテリーを丸ごと交換してしまうシステムで、僅か数秒で交換が自動的に行われる。

不況の時代金融の世界での取り組みもさることながら、環境に配慮した事業展開が目立ってきているような気がする。
太陽電池もそうだし、いろはすという絞れるペットボトルには感心した。
0

2009/5/27

医薬品2010年問題  


6月から薬事法が改正になりますが、それとは別に、現在、医薬品業界では「2010年問題」というものがあるそうです。
主力製品の特許が一気に期限切れを迎えてしまうのです。
特許が切れてしまうと、安価な後発医薬品、つまりジェネリック医薬品が次々と発売されてしまうため、大手薬品メーカーにとっては利益が急激にダウンしてしまうことになります。

新薬は特許出願後、20から25年もの間、開発メーカーが独占製造・販売することができます。
しかし、特許が切れると、ジェネリック医薬品メーカーから同じ成分で同じ効果を持つ医薬品を廉価で販売できるようになります。
しかも新薬が発売されてから長期間を経ているので、効力や安全性は十分確認済み。
安全で有効、なおかつ安い、ジェネリック医薬品はまさに庶民の味方といえます。

一方、製薬会社はというと、ジェネリックに負けじと新薬の開発が必要となります。
何か画期的な新薬、例えばインフルエンザ風邪ガンの特効薬、など開発されれば、私たちにとってもありがたいのですけれど…。

0

2009/5/17

モンスターズインク ライド&ゴーシーク  

今夜モンスターズ・インクでは特別な「かくれんぼゲーム」が行われる予定です。


「かくれんぼゲーム」には、人間の子供のブー、ジェームズ・P・サリバン(サリー)、マイク・ワゾウスキを初めとする多くのモンスターシティの住民たちが参加します。

モンスターズ・インクやモンスターシティにはたくさんのモンスターがかくれているよ!セキュリティトラムに乗って、フラッシュライトでモンスターたちを見つけてみてね。

という事で、東京ディズニーランドの新アトラクションです。
新型インフルエンザの猛威が日本も襲っていますが、このゴールデンウィークに人ごみの中に行ってきました。
高速道路のETC割引を使って、渋滞もなんのその。

所要時間約4分のアトラクションに3時間近く並んで乗りました。


0

2009/5/3

在来線用試験電車MUE-Train  


先日宇都宮線ではじめて見るデザインの電車が走っていました。

JR東日本では、「グループ経営ビジョン2020 -挑む- 」に沿って、首都圏を中心とした在来鉄道の革新に取り組んでいます。
この中で「車両の性能向上に関する開発」、「次世代車両制御システムの開発」、「営業用車両を用いた地上設備の状態監視用機器の開発」については、走行試験による検証が不可欠。
この走行試験を効率的に実施するために、試験専用の車両を製作しております。
今後、さらに改造などを行い、開発機器を追加しながら試験を進めます。

MUE-Train はMUltipurpose Experimental Train (多目的試験車)を略した愛称。

この電車を見かけたのは平日の午前中でした。
普段は家にいないこの時間ですが、この日は病気で体調を崩し、病院にいって診断してもらいました。
溶連菌に感染したということでした。
とりあえずインフルエンザではないようです。
0

2009/4/28

サイトカインストーム  


豚インフルエンザが問題となっています。
世界的大流行(パンデミック)の兆しが見られるようです。

亡くなっている方は比較的若い人が多いという噂もあり、これはサイトカインストームが原因ではないかといわれています。

サイトカインとは、人間の体の中で作りだされる分泌因子で、免疫細胞、つまり白血球やリンパ球の働きを強めたり弱めたりして調節するものです。
ふだんであればそれは、免疫を一番適度に保って、外敵をやっつけて自分を守ってくれるのですが、これがバランスが崩れて、たくさんの種類のサイトカインがものすごく大量に放出される、それがサイトカインストームです。

鳥インフルエンザにかかると、そのサイトカインストームを起こしやすいことが知られています。

サイトカインストームで何が起こるかと言うと、免疫細胞が一斉に活性化するので、暴走が始まります。自分の体の免疫が、見知らぬ外的が来てパニック状態となり、やたらめったら攻撃を仕掛けるのです。

免疫力が裏目に出るなんて、なんて理不尽なことなのでしょう。

今回の豚インフルエンザは、他のインフルエンザが変異したものではないかとされています。
それでも、タミフルなどの薬が有効かもしれないとのことですから、体内のパニックの前に、まずは私たちがパニックを興さないようにしなくてはいけませんね。
0

2009/4/23

フェアトレード  


フェアトレード:Fair Trade

とは、貧困のない公正な社会をつくるための、対話と透明性、互いの敬意に基づいた貿易のパートナーシップです。

フェアトレードは、アジアやアフリカ、中南米などの農村地域や都市のスラムなどに暮らす人びとに仕事の機会を提供することで、貧しい人びとが自らの力で暮らしを向上させることを支援しています。

小規模農家や手工芸職人に継続的な仕事をつくり、農薬や化学肥料に頼らない自然農法や、生産地で採れる自然素材と伝統技術を活かした生産によって、持続可能な社会を目指しています。

大国の論理と呼ばれるものがあり、先進国の大企業などが自社の利益を追求するあまり、発展途上国の商品を適正価格よりも大幅な安値で買い上げたりする、という現実があります。
これは公正な取引、フェアトレードとはいえません。

IFAT(国際フェアトレード連盟):International Fair Trade Association

は、発展途上国の立場の弱い人々の自立と、生活環境の改善を目指す世界中の組織が、1989年に結成した連合体のことです。

欧米や日本の輸入団体と、アジア、アフリカ、中南米の生産者団体の合計70ヶ国、約350団体が加盟し、情報を共有しながら共に公正な貿易、つまりフェアトレードの普及を目指しています。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ