2011/12/31

楽しく生きる  



ーーーーーーーーーーーーーーー





カンタンに言うと、僕がJCで学んだものは「考え方」であり、得たものは「仲間」あると言えます。

「考え方」は「生き方」と言ってもいいかもしれません。

そして生きるにあたって必要なものが「仲間」であります。





JCをやっていて感じたことがあります。

それはあまりにも「JCの中に自分が入って行く人」が多いということです。

僕は「JCは自分の中に取り込むもの」だと思っています。

この2つの差は自分の仕事や家庭や人格、つまり「生き方」に現れてきます。





イメージすると解りやすいかもしれません。

大きな矢印があります。

それはJCの矢印です。

もちろん矢印の先はJCの目的です。

そのJCの矢印の中に自分自身の小さな矢印があるのではありません。

自分の大きな矢印を構成する一つのピースとしてJCの小さな矢印があるのです。





僕はJCは“公益社団法人格”を取らない方がいいと思っています。

言葉は悪いですが、公益社団を取得(維持)するために労力を注ぎ、解釈を捻じ曲げ、誤魔化すことは止めた方がいいと思います。

自分たちがやりたい事の先に結果として“公益社団”があるのであれば話は別ですが、自分たちがやりたい事を犠牲にしても“公益”を取得する必要はないと思います。





ちなみにアカデミーの予算は“公益”ではなく“共益”です。

このブログのタイトルを「私益じゃダメっすか?」にさせてもらったのは、自分なりの小さな反抗です。





「JCで一番大切なのは仲間をづくりだ!」という人がいます。

何の反論もありません。

ただ一言付け加えたいのは、JCは仲間づくりの団体なのではなく、結果として仲間が出来る団体だということです。





カンタンな生き方ってどんな生き方でしょうか?

一番カンタンなのはブレない生き方です。

その時、その時で対応を考えるのが一番疲れます。





それでは、そのブレない自分って一体どこにあるのでしょうか?

それは是非JCの中で探して下さい。

JCって目的がなんだかんだとウルサイですよね?

それを自分自身の生き方として考えてみてはどうでしょうか。





自分がどこに行きたいのか分からなければ、例えそこに着いたとしても気付きません。

自分は一体どのように生きたいのでしょうか。

自分は一体どのような人間になりたいのでしょうか。





一番悔しいのは「やらなかった事を後悔する」ことです。

その処方箋を簡単に言うと「一歩前へ!」になります。





僕は今日で正式にJCを卒業し、晴れてОBとなりますが、「あの先輩スゴイ!」と言われるようになりたいです。

もちろんそれは過去にやった事ではなく、これからやる事に対してです。





ーーーーーーーーーーーーーー





最後の更新にあたり、書きたい事を考えていたら色んな事が浮かんできました。

本来であればそれを起承転結つけて書くところでしょうが、ちょっと僕の能力を超えていました。





上記は思いつくままにパソコンに打ち込んだことを羅列しました。

自分でも何を言いたいのか分かっていないので、あまり深く考えずに読み流して下さい。





今日で一年間ゆるゆると更新し続けたブログは終了させて頂きます。

こうして一年間を振り返ってみると、感謝の気持ちで一杯になります。





でも僕は“感謝”という言葉を使うのが、あまり得意ではありません。

それは“カンシャ”という一言で、今の自分の気持ちが伝わるか不安になるからです。

上手く言葉には表せませんが、僕の気持を汲んでくれたら嬉しいです。





一年間乱筆にお付き合い頂きありがとうございました。

これを読んで頂いた皆様のご多幸をお祈りいたします。





そして何より一度きりの人生・・・

迷って何もしないまま、ただ時間を無駄に費やすのが一番もったいないと思います。

人生楽しまにゃ絶対ソンです。





2011.12.31

キム兄




23

2011/12/30

ラス前  



今日は苦渋の決断を強いられました。





本日、母校の國學院久我山が全国高校サッカー選手権の開幕戦に登場したんです!





それを知っていたのに、うっかりゴルフを入れてしまいました。(-_-)

ゴルフにOKの返事をして、数日してから気づきました。





しかし男に二言は(たまにしか)ありません。




後輩たちが国立競技場の芝の上を疾走している時、僕はよみうりゴルフ倶楽部の芝の上(英語で言うとラフ)を疾走していました。







クリックすると元のサイズで表示します







そして先ほど入った連絡では、一回戦を突破し、1月2日の2回戦に駒を進めたとのこと・・・





どーしよーかなー・・・

その日は既に新年会が入っています。





また新たな決断を強いらることになりそうです。

ひとまず今夜の忘年会で飲みながら、その時の対応を考えようと思います。







そしていよいよ明日でこのブログも終了させて頂きます。

一年間のお付き合いいただいたごく少数の皆様、本当にありがとうございました。






明日の最後の更新内容も今夜の忘年会で飲みながら考えようと思います。

2

2011/12/29

今年も終わりですね  



年々“年の瀬”っていう雰囲気が薄れていくように思います。

子どもの頃はもっとわくわく、どきどきしてましたよね。。。





でも今はその趣(おもむき)みたいのはなくなって、忙(せわ)しなさだけが残っているような。。。

まぁ、それも僕の気持ちの持ちようだとは思いますが。





27日はお客さんとの忘年会でした。





お客さんと一緒の時に携帯をイジることは出来ないので写真は撮っていませんが、立川でギョウザを食べました。

餃子天国というお店ですが、なかなか趣のあるお店です。





団地の一室みたいなところに店を構えていますが、ギョウザ以外のメニューはおしんこと冷やしトマトしかありません。

その代わりギョウザもめちゃくちゃ大きく、具もたっぷり。(具は選べます。)





手持ちの駒としてはなかなか使えるお店です。







そしてその翌日(28日)には、二日酔いの僕のところにこの人が来ました。







クリックすると元のサイズで表示します







はる塾のバキ(稲城JC椿君)です。





いやいやバキ、そんな気ぃ使わんで下さいよ。

年の瀬のご挨拶だなんて。。。





と思っていたら、こんなのを置いてとっとと帰ってしまいました。







クリックすると元のサイズで表示します







まぁ、何とか、気が向いたらお邪魔致します。







その夜は会社の忘年会でした。

結局5軒くらいハシゴしましたかね。





でもそのハシゴの原因が、会社とは全く無縁のこの人なのが、ちょっと理解に苦しみますが。







クリックすると元のサイズで表示します



0

2011/12/27

うる星奴ら  



一昨年の2009年度、僕はアカデミーの塾長をやらせて頂きました。





我ながらガッツリやったなぁ、と思っています。





褒めたり、怒ったり、かまったり、ほったらかしたり・・・

僕は成長していく塾生の姿を微笑みながら見つめていました。





しかし「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。





成長しきった塾生は、今となっては僕の言う事など全く聞きません。

それどころか最近は僕が「白」と言えば、必ず「黒」と言い返します。





昨日はそんなキムタク塾の忘年会が立川で開催されました。







クリックすると元のサイズで表示します







意外と参加者が多い?





そりゃそうでしょう。





全く言う事聞かないから、で釣ってるんですから。







クリックすると元のサイズで表示します







その後はカラオケで2次会です。





そんな時もコイツラは、僕が「15の夜」を唄っていると、「しじゅうのの夜〜」と言い換えます。







クリックすると元のサイズで表示します







しかし時が経っても成長していない変わらないモノがありました。





ジミーさん、貴方は流石だ・・・





まだあの頃のように、こんな曲芸が出来るんだね。







クリックすると元のサイズで表示します







僕は解けた氷が頬を伝い、汁ダクになった君のアホ面を一生忘れない。





1

2011/12/26

「ジョブズ」と「成仏」  



前回も書きましたが12月22日は稲城青年会議所の卒業式でした。

都合13年ちょっと青年会議所にお世話になりましたが、現役として迎える公式行事はこれが最後でありました。

(ということは「非公式」が他にあるということです。)





「卒業」と一言でいっても人それぞれ色々なカタチがあります。





やりきれなかった事を悔やむ卒業・・・


自分の想いを後輩に伝えようとする卒業・・・


もうJCが出来ないことを悲しむ卒業・・・





しかしそのカタチが十人十色であるように、僕の卒業もそのどれにも当てはまらないものでありました。





「僕の卒業」を簡単に言うと「成仏」といえるような気がします。







今年のアカデミーでは「どのように生きるか」という事を考えてきました。

「うまれること」を考えることで自分自身の尊さを知り、「死ぬこと」を考えることでその人生をどのように全うするかを考えました。





しかし実際に自分の人生(時間)を有限と考えるのは、なかなか難しいことです。





スティーブ・ジョブズは毎日鏡の前の自分に向かって「今日やることは、それが人生最後の日であってもやるべきことなのか」と問うていたといいます。

もちろん僕もそうでありたいと思います。





しかし夏休みの宿題だって、最後の3日間まで手を付けないのが普通の人間です。

健康な自分が人生の終点(死)を意識しながら生きていくことは容易なことではありません。





しかし僕はJCで勉強をさせてもらいました。





JCでは40歳になれば「死ぬ(卒業)」ことは分かっていたので、それに向けて自分なりに納得のできる準備とトライをしてきました。

少なくとも最後になって「もっとやっとけば良かった」と後悔したり、「イヤダ、イヤダ」とダダをこねたりすることは無いように心がけました。

アカデミーの委員長をやらせて頂いたのもその一環です。





もちろんその全てが上手くいった訳ではありませんが、その少しの反省を含めて「成仏」出来たように思います。





そしてJCで「死ぬこと」の予行練習が出来た僕は、これから新たに生まれ変わり、40歳から先の人生が始まります。

しかも都合のいいことに、また1からではなく、今までJCで得た経験を蓄積させたままのスタートです。





こんな美味しい話はないような気もしますが、だからと言って必ずこれから先の人生が成功する訳ではない事も、残念ながら嫌というほどJCで教わっております。(^_^;)





まぁ、これからも一歩一歩、お気楽に進んでいくつもりです。







4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ