2013/5/7  高血圧の合併症の自覚症状  

高血圧の症状が続き、今のまま軽く見ていると、

血管に影響が及び動脈硬化を発症する要因になります。

さらに、動脈硬化の症状が進むと、

命を落としかねない多様な合併症を誘発します。

高血圧が起こる原因となる合併症は、脳で見られる合併症や心臓で発症る合併症などがあります。

脳で引き起こされる合併症は、脳出血・くも膜下出血・脳梗塞などの脳卒中!

心臓で見られる合併症は、心肥大・狭心症・心筋梗塞のような心臓病です。

高血圧はサイレントキラーと呼ばれている厄介な病気で

いつの間にかこのような合併症が突如起こることがあります。

症状によっては、いつの間にか高血圧が進行して合併症を招いてしまい、

突如命を失う場合もあり、非常に怖い病気だと言うことを理解しておかなければなりません。

そのため、合併症を起こさないためにも、生活習慣を再確認するのような

手当てを行うことで、いつも血圧を抑制して、

合併症が現れるのを防止しておくことが大切なのです。
0

2013/5/7  高血圧の合併症〜心臓病を防ぐには  

血圧が高いと心臓で起こる心臓病と言われる合併症の危険性があります。

心臓病には、「心肥大」「心筋梗塞」が存在します。

こうした心臓病は、高血圧の状態が続き動脈硬化が、エスカレートすることで起こります。

心肥大は、動脈硬化を発生することで血管の流れが悪くなってしまうから、

もっと勢いよく血液を流そうとして心臓筋が成長した状態のことを呼びます。

また狭心症は、動脈硬化で血管が詰まってしまい心筋に

生命維持に必要な酸素や栄養分送り出せない心筋虚血と呼ばれている状態になることを言います。

心筋梗塞は、動脈硬化が理由で血管が悪化したり、

血液が固まった状態が発病して血管の流れが悪くなって血液が送れなくなってしまうことで、

細胞の一部が破壊された状態のことを呼びます。

これらの心臓病を発病することで、胸部が締めつけられるような

強い痛みを感じるようになります。

また、突然痙攣が招いたり息苦しくなることもよくあり、

特に、心筋梗塞は、見る見るうちに命を失う大変怖い合併症なのです。
0




AutoPage最新お知らせ