2012/9/4

母の残してくれたもの・・・  お気に入り

 昨年12月に脳出血で倒れた母は、1度も意識を戻すことなく今日まで・・・

 母が見につけていたものや、大切にしていたものは持ち主に二度と手にしてもらう事はなく、しかたなしに生きている母の形見分け。

 たいして分け合うほどの物が、あるわけじゃないけれど、それでも思い出のある服や大切なアクセサリー、小物類を妹と整理する日々。

 着物は最後に・・・
と言う事になっているけれど、ふっと目にとまった帯が気になって仕方ない。

 藍色に菊の花の刺繍。
着物の知識が皆無の私たち姉妹は、その帯がどんな着物に合わせるものなのか格もわからない。
ただ、その藍色の色に惹かれ、一目ぼれしてしまった私。

 いつも眺めていたいけど、見につけることもなく、只タンスのこやしにするのは寂しい・・・
で、思い切ってバックにしてみることに。

 妹の分と2つ。
お揃いにならなくてもいいから、母の帯。形を変えて・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ