2014/5/24

オークス、渾身の予想・・  

今流行りのデジタルな予想ではなく

昭和の匂いがするアナログ予想です。


今年のオークスを予想する上で

大前提になることは3つあります。




1つは

ハープスターには逆らえない。


もう1つは

前が止まらない馬場である。


そして

着順に関係なく桜花賞組が強いということです。




1つ目で挙げたことは

穴党としては恥ずかしいことですが


オヤジが出した結論です。



正直なところ

オヤジを筆頭に高配当を期待する者はケンが妥当だと思っています。


ただ

オークス、ダービーは競馬ではなくお祭りなので


参加しなければいけないという義務感から




馬券の方向性は

先ほど挙げたとおり桜花賞組を重視します。


もちろん

ハープスターの相手としてです。



昨年、メイショウマンボが桜花賞で10着と大敗

9番人気まで評価を下げながらオークスを勝ったのは


記憶に新しいところですね。

桜花賞の着順は関係ありません。



別路線組より

クラシックの王道を歩んできた馬を狙う


オークスはこれでいいと思います。



遅れてきた大物とか

新星誕生とか


競馬ファンにとっては、そそる言葉ですが

いつもいつもカワカミプリンセス級の馬は現れません。




桜花賞で

長距離輸送のため力が出せなかった関東馬を狙ってみたいですね。


今回は輸送によるアドバンテージがなくなり

繊細な3歳牝馬にとってはプラスになることは間違いありません。



桜花賞の着順は度外視で



関東馬 ペイシャフェリス を狙います。



先行馬には願ってもない枠に入りました。


内の状態がよく

前が止まらない馬場は先週と変わらず



前々で競馬ができる先行力と

内々の最短距離を通れる点は有利で


後ろが牽制し合うようだと

早め先頭から押し切りがあるかもしれません。



オークスは

スローで流れて直線でヨーイドンの競馬になることが多く


おまけに同じ3歳の牝馬同士なので

距離適性は余り重要視されません。



が、距離適性は二の次と言いながら

父がダービー馬なのは心強いばかりですね。


それに、鞍上のウチパクは先週のヴィクトリアМで完全復活

今、最も勢いのあるジョッキーです。



展開利にウチパクで夢を見ます。


ハープスターとの2頭軸の3連複なら

点数も絞れます。



無理な穴狙いは厳禁です。

豆馬券で夢を。


勝負は他のレースで。

明日にでも・・



じゃあの。


予想の投稿もお待ちしています。

 ↓  ↓




クリックしてください。

 ↓  ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ