2016/4/9

桜花賞、渾身の軸・・  競馬予想・GT

オヤジのニュージーランドTの軸馬ハレルヤボーイは

最後のゴール前で行き場を失い


騎手が立ち上がってしまいました。

不利も何もかも含めて競馬なので


仕方がないことです。



ハレルヤボーイは桜花賞の大本命

メジャーエンブレムと同じ田村厩舎の馬です。


負の連鎖はないかな。



今流行りのデジタルな予想ではありませんが

昭和の匂いがするアナログ予想です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 阪神11R 桜花賞



メジャーエンブレムは1.4倍

ジュエラーが5.1倍、シンハライトが5.8倍ですか。


競馬ファンは3強ではなく

メジャー1強を支持しています。



しかし

この3頭は強いですね。


前走の時計は尋常ではありません。

穴党には縁がないレースかな。


ダメ元で穴を狙ったり

ヒモ荒れを期待しても仕方ありません。



3番人気と低評価になった


シンハライトからいきます。



メジャーエンブレムの強さと

クイーンCの時計ばかりがクローズアップされていますが


チューリップ賞の時計も尋常ではありません。



そのチューリップ賞では


阪神JF2着馬ウインファビラスが10着

3着馬ブランボヌールが14着に惨敗。


1勝馬が主体だったクイーンCの

レベルも怪しく



逆に阪神JF組を物差しにすると

チューリップ賞の1、2着馬の強さが際立ってきます。



その辺に付け入るスキがないかな。



オヤジはスピード指数の愛好家ではないので


メジャーが東京で出した1.32.5と

チューリップ賞の1.32.8を


比べることはできません。



時計の比較はできませんが

クイーンCとチューリップ賞の



レースの格の違い

レベルの違いは分かります。



クラシックの王道である

チューリップ賞組の逆転があっても驚けないと思います。


シンハライトはメンバー中

唯一の無敗馬です。


3連勝はなかなか出来るものではありません。



メジャーとは未対戦で

底を見せていない点も魅力です。


同じ土俵で闘ったことはないので

この馬が掛け値なしに強い可能性もあります。



コース実績に時計の裏付けもあり


ルメール、デムーロを相手に

池添が日本人としての意地を見せてくれないか。



シンハライトを頭にした

3連単で勝負します。


今年のクラシック第一弾は池添から

桜のように気持ちよく散りたいと思います。



クリックすると元のサイズで表示します インスタも見てください。

keiba_oyajiで検索を。



クリックすると元のサイズで表示します 「うまぐりちゃん」をリンクしました。



じゃあの。

予想の投稿もお待ちしています。

 ↓  ↓




クリックしてください。

 ↓  ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ