肩こり対策  肩こり

多くの日本人が程度のさがあれ肩こりに悩まされています。
最近は小学生にも肩こりが見受けられるそうですね。

肩こり対策としては、安静が一番なのですが・・・・
しかし仕事や家事、育児などで腕や肩はどうしても使わなくてはいけません。
腕や肩を使わない日はおそらくないと思います。

それだけ腕や肩は酷使されているのです。
肩こりは誰でも感じる症状ではありますが、甘く見ていると慢性的な肩こりや首痛に悩まされるようになります。
こうなると本当に悲惨です。

肩こり対策としては、まずは肩こりや首痛がこれ以上ひどくならないようにすること、慢性化しないようにすることが一番大切になってきます。
肩こりは血行不良が原因だと説明されていますが、肩こりは肩はもちろんのこと、首、腕、背中、頭など様々な箇所が原因として考えられます。
遠赤外線効果が非常に高く、体を心から温めます。肩こりさんや冷え性さんなどに最適サポート! [肩こりさんが作った肩サポーター(秋冬用)]
ですから肩こりだといった肩ばかり揉んだり、叩いたりしても、本当の原因が別の箇所にあると、結局肩こりが改善しないといったことにもなります。
マッサージなどに行って肩こり対策をおこなっているのにも関わらず、なかなか改善しない人は、腕や背中、頭などのコリに対してもケアをしていくと良い結果につながることが多いようですよ。
0

2010/6/25

肩こり解消を  肩こり


肩こりになりますか

肩こりは日本人に多く、欧米人にはほとんどいないようです。
体形的に日本人は肩の筋肉が欧米人に比べて弱い点からも肩こりが起こりやすいようですね。

肩こりで悩まされている人は、若者から成人老人に至るまでとても多いです。
あなたは肩こりに悩まされていませんか?
肩こりの程度は人によってさまざまではありますが、中にはあまりにもひどく肩がこることによって頭痛や吐き気まで感じてしまい、非常に辛い思いをしている人もいます。

仕事で1日中、パソコンに向かって仕事をしなくてはいけないか方どは、毎日が本当に大変だと思います。
しかしその一方で、肩こりの経験が生まれてから一度もないという方もいるのです。
そのような肩こり未経験のかたにとっては、肩こりというものが、いったいどのような症状であるのか想像もつかないのだそうです。

確かに、ご自身で経験がないのですから、わからないのも当然ですね。
となると、もちろん周りのご家族や友人の肩こりについても、その辛さを理解することが出来ないということになります。
周りの人々は、肩がこって痛いとか辛いとか言っていても、どのような痛みであるのか理解出来ないわけです。
それはそれで、ちょっと悲しいことでもありますが、出来れば肩こりなど知らないで済ませたいものですよね。

数十年前まででしたら、針仕事や重労働などで肩こりになるかたが多かったのですが、近年ではなんといってもパソコンやテレビゲームのやりすぎというのが多いようですね。
中には、勉強や読書のし過ぎで肩こりがひどいという人もいらっしゃるでしょう。
一度なってしまうと、すぐには治らない肩こりです。

女性・男性ともに自覚症状の上位にが肩こりランクされていますね。
自分の肩こりの原因をつかんでそれにあった肩こりの解消法を効率よく実行していきましょう。
0

2010/6/25

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ