ナースの好印象は清潔さから  ナースの印象

ナースは患者さんと密接に触れる仕事ですから、好印象を与えることが大切です。
その基本となることは、清潔さです。

どのような年齢層の患者さんから見ても良い印象を出すためには髪や顔、服装、爪、足もと、そしてアクセサリーまで、すべてに気を配ることが大切です。
女性は髪がバラバラにならないように、長い場合にはまとめて、男女ともに耳にかからないようにします。

色は、黒が基本です。
派手なメイクは避けて健康的なナチュラルメイクを心がけ、男性はヒゲを伸ばさず、唇も荒れないようにケアをします。

服装はシワや汚れがないようにして、ボタンが取れたりほつれたりしていないかどうかもチェックします。
爪は伸ばさず清潔にして、先は丸くして触れても痛くないようにしておきます。

靴は基本的に白で、靴下やストッキングが汚れたり、穴が空いていたりしないように、予備も用意しておきます。
メガネが必要な人は、レンズのくもりなどがないようきれいにしておきます。

指輪、ブレスレット、ピアスなどといったアクセサリはNGであり、時計も地味なものですと良い印象になります。
0

保健師が転職を考える理由はある?  保健師の転職

いろいろな活躍の場がある保健師としての転職を考えるという人は、健康への意識が高まっている昨今には増えてきているとされています。
基本的な点として、国家資格である保健師の資格を取得するためには、努力が必要とされます。

保健師国家試験の受験資格認定については厚生労働省でも情報公開をしていますがまず、看護師の国家試験に合格していなければなりません。
看護師資格を取得した上で保健師の養成課程を修了していなければ、保健師の国家試験について受験資格を得ることができません。

ただ、近年は東京都の首都医校看護保健学科など、双方の統合カリキュラムが設けられている学校を卒業することによっても、国家試験を受験することができるようになっています。
看護師と保健師の受験資格を同時に得ることができるわけですが、看護師の試験に合格することができなければ、保健師の試験に合格しても免許を取得することはできません。

保健師に転職する人の理由として多いものが業務上、看護師と異なり自分の責任で業務を進めることができるためということです。
そのほか、勤務形態として夜勤を強いられないといったことも、大きな動機となっています。

保健師の求人募集情報掲載サービス徹底比較」などのサイトも参考になります。
0




AutoPage最新お知らせ