2016/5/5

サークルを立ち上げる5  子育て

嵯峨根さんから、たくさんたくさんのパワーをもらった。

その子一人一人の持つ障がいは、その子の生まれ持った特徴、そして、それこそが「たからもの」なんだ・・・

第一回目の、その嵯峨根さんの講演会を終え、正式にサークルを立ち上げようと、サークル名を考え、メンバーになった皆さんにも聞いてみたが、アイディアが出なかったので、私が勝手ながら、サークルに名前をつけた。

「たからもの」

こども、一人一人が私達の「たからもの」。その子、一人一人の持つその特徴こそが「たからもの」なんだ、という思いをこめて・・・。
0

2016/5/4

サークルを立ち上げる4  子育て

嵯峨根さんが、講演会でまず、最初に口を切ってお話されたのが、私達、母達への質問。

「皆さんの宝物って何ですか?」

一人一人に尋ねて下さる。大抵のお母さんは、「(自分の)子供」と答える人がある中、たまに、「自分が一番大切だ」と言われる方もいらっしゃった。

そして、嵯峨根さんは、「ぼくにとっての宝物は、この足なんですよ。」と話された。そこから、ずっと色んな話しを続けられたが、この足が義足だったからこそ、出会えた出会い、先生や友との出会いがあって、今のこの人生がある・・・と。これがぼくの特徴で、その特徴が無かったら、出会えなかった事がたくさんある・・・と。

彼は、足に障がいの持つ人が参加するシティングバレーボールの選手で、そのチームでも活躍され、世界中に遠征にも行かれている。それも、義足だからこそ参加できる、といえばそうなのだ。
0

2016/5/3

サークルを立ち上げる3  子育て

そして、最初に活動したのが、二本の足共に義足という嵯峨根さんにお越し頂き、講演して頂くこと。

その講演会のお知らせを一ヶ月くらい前から始め、4月18日にとある自治会館で講演会をして頂いた。その時集まったのが12名の母達。すごく、パワーをもらえたお話だった。

彼の事を、彼の恩師である小学生時代の先生が著書にされ、その本が「ぼくの宝は足と友」と言う。この著書を私も拝読させて頂いたが、その本の中で私も何度涙を流したことか・・・。そのご本人が、和泉市に住んでおられると知って、私はご本人の職場に突然訪問して、会いに行った(著書の中で、どこの職場かの記載があったので)。

ご本人を前にして、著書を拝読して感動した事を伝え(伝えながらまた涙目になり・・・)、講演会のお願いをしたら、快く引き受けて下さった。
0

2016/5/2

サークルを立ち上げる2  子育て

そこで考えたのは、

「困っているのは、私だけではないはず。」
「私のように、この地域の(障がい児子育てに関する)情報を得たいと思っている人は他にもいるはず。」
「誰にも知られたくない、という気持ちより、”周囲の人に理解してもらいたい”と考える人が他にもいるはず。」

という点。それなら、そういう人たちが集まって、一つの組織となって、一つの声を上げるとか、組織として依頼する事で、個人では勉強困難な勉強会を開く事など、組織だからこそ可能になる事が出てくるのではないだろうか?

そして、お互い仲間として、理解し合い、相談し合えるのではないだろうか?

障がい児子育て支援サークルを作って、みんなで集まって、理解し合い、助け合える場を持とう!
0

2016/5/1

サークルを立ち上げる1  子育て

昨年、長男の事で辛い思いをたくさん経験した中で、学んだ事も、私にとっては多かった。その時の辛さをバネに、そして、その時に理解を示し、助けてくれた人たちによって、私自身が救われた事から、サークルを立ち上げたいと思った。

サークルを立ち上げる目的は、障がい児の母親たちは、どうしても少数派で弱者だ。また、その悩みも、健常児の母たちとは共通する点もあるだろうが、根本的に異なる悩みもある。

そういう、多数派の健常児の母たちとは共通点を見いだすのが困難な母達が、共通点を持つ母たち同士で集まれる輪があれば、どれだけお互いに助けられるだろう、と考えたのた。

私が、長男の神経発達症(発達障害のことを、最近では新たに「神経発達症」と呼び方を変えるようになってきた)に気付いた頃、ある先輩母さんに、色々聞きたい事があって、一緒にお茶しませんか?と連絡を取ってみた。でも、彼女にはお茶を濁され、結局会う事はできなかった。

「じゃ、私は一体、誰から情報を得たらいいの?」

この疑問が強く私の心の中に走った。私は、ネットの情報を知りたいのではなくて、この私が住む、この地域の情報を得たいのに、知り合いに聞きたくても、プライバシーの問題もあって、言いたくない人もいる。どうしたらいいのだろう?
0

2016/4/26

久米島旅行31  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそしてホテルに戻り、やっぱりグランドゴルフをする。さぁ、もう翌日は大阪に帰らなければならない。

夜、シュノーケリングのインストラクターのお兄さんお一人をお誘いして、ホテルで一緒にBBQを食べた。それが、子供たちにとっては、とっても楽しい思い出になったようで、大喜び♪ 

子供たちは、どうしてここのインストラクターの方達をこんなに好きになるのだろう?と不思議に思うくらいで、今回ホテルに到着して、インストラクターの方達と再会した時にも、走ってジャンプして飛びつきにいったくらいだ。そんなお客さんもめずらしいんじゃないだろうか?(笑)

さぁ、今回の思い出を心に、また日々の生活を頑張るぞ!また、次ぎに久米島に行く日を目標に、それに向けて、日々乗り越えていこう!


0

2016/4/25

久米島旅行30  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますヤギさんがどのくらいかわいいかって、このくらいかわいい♪ これは子ヤギ。大きいのが2匹と子ヤギが2匹、大きいのはやっぱり角があって、近づくとちょっと怖い感じ(やっぱり、結構大きい)。子ヤギはかわいい、それで、餌(葉っぱ)をあげてみる。


最初はなかなか食べてくれなかったけど、ちょっと食べてくれたりした。それでも、慣れない人にはやっぱり、あまり近づかなくて、いつも世話をしてくれている人には、よく近づいて、餌の葉っぱもその人からもらって食べていた。

ここでもかなりの時間を過ごした。楽しいぃ〜♪


0

2016/4/24

久米島旅行29  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそして、このパン屋の前に広がるのが、久米島の原生林。この原生林の前に、少し広場が広がっている。ここに、なんと、ヤギさんたちがいるの〜!かわいい〜!

沖縄では、ヤギがよく飼われているらしく、山羊肉のスープなども食べられるらしいが・・・それはまだ、口にしたことはないのだけれど。なんとも、本当にハイジの世界のようだと・・・。ここにヤギさんたちまでいるなんて〜♪


0

2016/4/23

久米島旅行28  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますこの小さな小屋の中に、どんなパンが売られていたのか。それは、天然酵母で手間暇を掛けてつくられたパンたち。週にたったの2回、午後の3,4時間くらいしか販売されないパンだ。

ああ〜、このパンを買い求めて、ここまで来たのよ〜!という感じで、早速あれこれ買い求め、もちろん、この「ハイジのパン」も購入。きっと、ハイジのおじいさんは、こんなパンに、あのおいしそうなチーズをのせて食べていたんだろうなぁ〜、と想像を膨らませ・・・



0

2016/4/22

久米島旅行27  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますそして次ぎに行ったのが、「ハイジのパン屋さん」こと「麦心」というパン屋さん。すっごい山の中にあって、地図をたどっていくのだけれど、なかなかたどり着かない。もちろん、誘導看板も無い(涙)

もう諦めかけた時に、こっちにも道が続いているなぁ〜、この先道は続くんだろうか・・・?と思えるような道を上がっていくと・・・

そこに広がっていたのが、この風景。おお〜!こんな所に小さな小屋が!ネットで探していたお店だ。


0

2016/4/21

久米島旅行26  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますここが案外楽しかったのだけれど、道の途中にポツンと有る、パイナップルジュースのお店。パイナップルをそのままジュースに、ジューサーで作ってくれて、一杯300円。これが、なんとなんとおいしい事!むちゃくちゃ美味しかった!

そして、そのお店の裏に、お庭があって、そこで無料で沖縄民族衣装を貸してもらって、勝手に撮影オーケーというサービス付♪♪♪

私と次男だけが、着替えて撮影大会。楽しいぃ〜(*^o^*)

とにかくおいしいパイナップルジュース、次男は「絶対もう一回行く!(もう一回飲みたい)」と言っている。


0

2016/4/20

久米島旅行25  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますここは久米島観光スポット、ミーフガーという女岩。とにかく何も無い。ただ、岩が有るだけ・・・。

近くまで行くと、岩の下に海水が流れ込んできているのだけれど、その辺りにゴミが散乱している。もちろん、このゴミは、観光客がばらまいたものでも、島民がばらまいたものでもない。海水が運んでくるのだ。

久米島の皆さんは、こうした観光スポットを、定期的にゴミ掃除されている。本当に、過酷な自然環境(すごい坂道を上がったり下がったり・・・など)にもめげず、毎回毎回、ゴミ掃除は本当に大変な事だろうと思う。

例えば、大阪の淀川、大和川にペットボトルを捨てる人たちがたくさんいる。そういうゴミが、流れに流れ、久米島のような美しい自然の島に流れついてしまうのだ。ああ、本当に悲しい現実だ。


0

2016/4/19

久米島旅行24  旅行

久米島 アイランドエキスパートの皆さん
シュノーケリング インストラクターの皆さん、デスクの方

クリックすると元のサイズで表示しますいつもお世話になっているシュノーケリング会社の皆さん、ホテルのフロントにデスクがある。息子たちは、自分たちが遊びに来ているのと同じ感覚で、この皆さんもここにいるのだと大きな勘違いをしていて、暇が有ればすぐ、このデスクに遊びに邪魔しに行っている。それでも、嫌がらずに、いつも相手にして下さる皆さん、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

とにかく皆さん親切で、優しくて、暖かくて。忙しくお仕事されているのに、ちゃぁ〜んとうるさい息子たちの相手をして下さる。他のお客さんたちを見ていても、こんなにしつこく(汗)まとわりつく子供達も他にはいないだろう、と思う。

昨年夏、初めてシュノーケリングを教えて頂いて、帰阪後、子供たちが手紙を書いたり、私もメールをしたりして挨拶すると、忙しい中でもお返事を下さった。もちろん、それが、彼らの仕事なんだけれど、でもハートがあるよね。ビジネスライクじゃないところに、子供達も敏感に感じて、こうして親しくさせてもらっているんだと思う。とりあえず、この日の朝、イーフビーチの散歩から戻って、デスクにいらっしゃった皆さんと記念撮影。


0

2016/4/18

久米島旅行23  旅行

クリックすると元のサイズで表示しますある偉い人が、本を書いていたか、私がネットで読んだか忘れたが、とにかく現代の情報社会は、あまりに情報量が多過ぎ、それが人々を狂わせている・・・といった分析をされていた。

先日、鍼灸院に行ったら先生が、今の情報社会は、昔、平安時代に比べると、その情報量が100倍だ、とおっしゃった。私は、1万倍はあるのではないかと思う。平安時代・・・電気の無い時代。手紙しか無い時代。テレビもネットも電話も無い。

人間狂っても、それが自然の摂理かも・・・とさえ思える。何もしなくても、どんどん(情報や刺激、物などを)与えられる時代。与えられ過ぎて、自分で取捨選択していかなければならない。取捨選択がうまく働かないと、もちろん消化不良を起こす。

・・・これだ・・・この景色。ただじっと、この景色を眺めている10分の余裕さえ、普段の私には無い。だから、毎日毎日、運転しながら、沖縄の歌をかけて、この景色を脳裏に描く。早く、久米島に行きたい・・・と。


0

2016/4/17

久米島旅行22  子育て

クリックすると元のサイズで表示しますそして翌朝、イーフビーチに・・・。毎朝眺めるこの海から登る太陽。毎朝、海辺で太陽を眺める時間なんて、普段大阪で持てるだろうか?

じゃ、久米島で暮らしたら、そんな時間は持てるのか・・・。

いや、私は持てると思う。大阪という土地・・・久米島という土地・・・確かに時間の流れが違うのだ。久米島の人は、誰も大阪の人たちのように、あくせくしていない。一分一秒争うような生活をしていない・・・ように私には感じられる。

人々は、それなりに忙しい日々を送っているとは思うけれど、私が大阪で暮らしているような、あの、数分たりとも無駄にはできない!という、時間に縛られ、時間に追われ、時間に束縛され、1分1秒たりとも!!という時間に対する危機感、切迫感などは持たれていないように思う。

琵琶湖に行った時にも感じた。琵琶湖畔をジョギングする人たち、犬の散歩をする人たち、ベンチでじっと夕陽を見つめる人たち。そんな人たちが、私の近所にいるだろうか・・・。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ