アマチュア無線、コンテスト情報
熊本方面2泊3日の旅(1日目)  無線:移動運用

2018年6月9日(土)から6月11日(月)で熊本県へ行きました。

主目的は、7月に開催されるIARUコンテストの8N6HQとして、JA6BXA河喜多さん宅にて事前の打合せと設備の確認を参加者で行うためでした。今回せっかくなのでそれにあわせて、土曜日が休みだったこともあり、お昼から移動し、熊本市中心でで移動運用を行い、夜は長男と次男と食事会、次男宅に宿泊し、日曜に南阿蘇へ行き、夜はソロキャンプをしようという計画を立てました。

6月9日(土)
お休みです。6時に起床し、身支度準備をしつつ、A1 CLUBのロールコール、KCJのロールコールにチェクイン。6mのFT8を聞くとJI6IHGがいちき串木野市へ移動している模様だ。今回の運用中にハイバンドが開くといいんだけどなあ。

車は金曜日の夜に実家に取りに行っていたので荷物の積み込みを行い10時前に自宅発。隣町の実家まで車で10分。母と話をしながらキャンプ用品を積み込む。父の写真に行ってくるねと挨拶し無事を祈ってもらう。11時20分にようやく出発です。

クリックすると元のサイズで表示します

九州自動車道で進みます。体調も良くおトイレ休憩もなしで一気に宮原SAまで行きました。
13時前でしたがそれ程混んでなく、今までまだ食べたことが無かったカツカレーを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、LINEやFacebookを見ていると現時点で24MHzや50MHzが開いているというではないですか。今回は全てモビホで運用する予定ですが、所持しているのは7と14がMD200でのコイル交換式、10と50が第一電波のシングル型、24がオークション購入です。まだ24/50を使用したことがありませんのでぜひこれでの運用を期待したい所です。

あわてて食事し出発。目指すは、熊本市中央区水前寺公園です。
14時頃に現地に到着しましたが運用場所が探せません。水前寺公園の周りを車で回った感じで第一印象で競技場サイドの駐車場が良さげでしたが他には?と回っているうちに時間ばかり経過し結局最初の駐車場へ。1時間くらいのロスでした。

今回は運用の公園などは決めていましたが駐車場までは確認していないので行き当たりバッタリ感はいがめません。有料か?と思いましが無料でした。
あまりロケーションは良くありませんが仕方ありません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずは24MHzを取り付けワッチするも何も聞こえません。LINE情報では既にコンディションはダウンした模様。うう、1時間遅かったか。18MHzはまだ良さそう。18MHzもモビホが欲しいなあ。仕方ないので10MHzをセットするがSWRが高い。RIGの内蔵チューナーでも落ちない。どうもどこかの線が切れているのか?仕方ないので7MHzへ。

最初にCQに応答があったのは、なんとJA6GCE松岡さんでした。たまたまシャックにおられたのでしょうか。手打ちでの交信でした。その後4局から呼ばれたもののパっとしないので早めに15分程度で撤収。次の移動地へと向かうことに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2番目は東区のPK19 熊本県民総合運動公園です。
こちらはすんなりと駐車場がわかり端っこに駐車しました。北東方向に車や大きな建物が無ければ大丈夫なことがなんとなくわかってきました。

16:35から17:10で24QSOでした。JA5NSRさんは別格として、1.2.3エリア中心でした。

本日の最後の予定が22時に子供達と会って夕食ですがその前はとりあえず自由です。しかしそれまでずっと無線をするほど、無線が好きなわけではありません(笑。
あと、0次会で行きたいお店もありました。なので、19時にそのお店として18時には車から降りて夜の部の行動開始となると、車は次男のアパート近くに西区の有料駐車場に停める予定でしたのでそろそろ出発しないと間に合いません。17:30前に撤収し西区へ向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

去年もここを利用しました。24時間以内で400円です。屋根はありませんが、なんと今回はそれが幸いし、ここで運用してみることにしました。写真のように団地や建物に囲まれた場所でしたが、時間帯が良かったのか皆さんとても強力に聞こえていました。また今回の中で一番たくさん交信でき、18:30から19:00で35QSOでした。全エリア聞こえてましたが、特に4エリアが強かったでした。

まだできそうでしたが街(熊本県民は上通り、下通りへ行くことを「街へ行く」というらしい)へ行くことにしました。

車を降りて駐車場を出て徒歩のつもりでしたが検索したら40分くらいかかりそうで、ならばバスで行こうと思ったのですが、あれ?どっちだ?方向がわかりません。たまたま来たバスを見たらパネルに熊本駅って文字が見えたので乗ったのですがどうもあやしい・・・。2停留所位過ぎた所で隣の方に聞いたらやっぱり反対方向でした。降りて反対側へ渡りバス停へ行くと次のバスは1時間後です。仕方ないので徒歩で田崎橋駅まで歩きそこから市電に乗って市役所で降りました。

ふう、まったく大変だよ。

0次会で行きたかったお店は

ねぎぼうず です。立ち飲み屋ですがカウンターはイスがありました。
着くと店の前でカップルが話をしていたので待っているのかと様子を見ていたら、後からきた男性が店の中に入っていったのであれ?と自分も入るとほぼ満員。一人であることを店員に言って外で待ちました。カップルはただ話をしているだけのようで、まったく紛らわしい。
10分程度で呼んでもらってカウンター中央部に座れました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは確か店の外にでていたメニューです。

店の中は

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じでした。カウンターからは全メニューが見づらいのでした。手元にメニュー表とかありません。まあ、食べたいのは事前にネットで調べていたので今回は気になりませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

支払いは1品ずつ現金との交換制ですので目の前の自分のお茶碗にあらかじめお金を入れておきます。ビールが一杯きたらその分をここから清算します。足り無さそうになったら店員さんが「追加おねがいしまーす」と言ってくれますし、自分で追加します。1つの茶碗がカウンターで2つがテーブル席だろうなと思いました。

22時から子供達との飲み会があるのであまりたくさんは食べれません。まずは生ビール。ビールも銘柄数種類ありますのでちゃんと指定します。まずは一番搾りから。

クリックすると元のサイズで表示します

お料理は

クリックすると元のサイズで表示します
生この白刺 というメニューだが、ナマコではなく、コノシロですね。こちらではそう呼ぶのか?まあでもこれが、光物大好きなおいらには最高でした。
と、これ書きながらわかりました。「生こ」はナマコではありません。
「生のコノシロのお刺身」ですね。これを略して「生この白刺」というのでしょう。
あははは。なるほどだ。

クリックすると元のサイズで表示します
一番有名な、厚揚げねぎまみれ。どちらも380円でした。ほぼ全員が注文?、外はカリカリで中はふっくらトロトロでした。

クリックすると元のサイズで表示します
一応2品でビールも2杯の予定でしたが、もう一品ということで、マグロのからあげ。450円。

合計で2500円位?ちょい飲みにはやや食べ過ぎたか?。
馬刺しも食べたかったがちょっとお値段高いので諦めた。隣のあんちゃんらは高価なのじゃんじゃん頼んでたなあ。

21時前にお見せを出て、22時からのお店へボチボチと向かうことに。酔い覚ましとお腹ごなし?。ナビ通りに歩くがどうもぐるぐる回っているような気がする。まあいいんだけど。
しかし、上通、下通は元気だ。若者が大勢いて賑やかだった。
鹿児島の天文館に似ているけど、やはりこっちが賑わってるし規模がデカイ。

22時前に店の前に着く。コンビニ前で待つことに。

22時少し過ぎて次男登場。21時まで仕事だったそうでお疲れ様です。長男は熊本市内にいるようなんだけど少し遅れそうということで先に2人で始めることに。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はお料理が、3,000円で飲み放題が1,000円のコース。単品注文より料理が早いしね。

まずはお刺身。ドーン、もうこれだけで元は取れてる?

クリックすると元のサイズで表示します

22時15分頃に長男が到着し、3人でカンパーイ!!
熊本で子供たちとこうして飲むのは初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します


その後もサラダ、きびなごの天ぷら、などなど数品ありました。
飲み物はビールの後は冷酒にしました。あ、っその後は焼酎だったかな。

クリックすると元のサイズで表示します
おいしい日本酒を飲んでご機嫌なおいら。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
締めは海鮮丼と味噌汁でした。



00時前に店を出た後は良く覚えていませんが、代行で私の駐車場まで行き荷物を取って次男のアパートへ。お風呂に入り、さすがに何も飲まず、語ることもなく(笑、二人ともバタンQでした。




2日目と続く・・・

















1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ