ようこそ

  
クリックすると元のサイズで表示します

<使い方の説明>
あっちこっちクリックできる所をクリックすればいいだけですが、ワケわかんなくなたらページの一番上の「JH6QIL's Blog」の文字をクリックすると最初に戻ります。
何か書きたい時には「コメント」をクリックしてください。


<過去の日記>
今まで、自分のホームページで日記を作成していました。
第一段階 普通にPC内のホームページビルダで作成してアップロード ここ
第二段階 2001年12月からCGIを使って、職場からでも書けるようにしました。
ここ

2015年9月「JH6QILのアウトドアな無線ライフ」Blogを立ち上げました。
http://blogs.yahoo.co.jp/jh6qil
移動運用とキャンプ関係が主です。これに伴い、このサイトはコンテスト関係が中心になっていきます。

今後の予定<2016.7.19更新>

・熊本大震災で被災された方、未だ避難されている方のお見舞いを申し上げます。

・7/24 鹿児島コンテスト

・7/30-31 8J6VLP/6 南阿蘇大移動&打ち上げ会

・8/06-07 FDコンテスト 霧島市キャンプ場からQRPで参加予定


7

今週末の予定(7月4週)

2016/7/20 
2016/7/23-2016/7/24

文中の色について
「赤色」・・コンテスト名称
「青色」・・JH6QIL個人の感想
「緑色」・・規約等からの引用
「黒色」・・上記以外(規約詳細等)
CTESTWIN:非対応 と記述が無い場合には対応済みです。

プライベート

特に無し


コンテスト
<国内>

★電通大コンテスト
7月23日(土)17:00 -20:00
http://www.ja1zgp.com/events/uectest/rule/pdf/rule35.pdf

3時間、3.5-50MHz CWのみ シングルバンド部門有

コンディション次第だが14MHzがねらい目か?


★鹿児島コンテスト
7月24日(日)09:00 -21:00
http://www.jarl.com/kagoshima/contest/16/kiyaku.pdf

電信電話でフル参加の予定です。よろしくお願いします。
3.5-430MHzまで。
アンテナは7-50までは運用できるがそれ以外が無いので土曜日か日曜日の朝に設置したい。3.5はLW+チューナ、144/430はモービルホイップを2階の窓から?。



鹿児島コンテストの開催日時について

このページでもわかるように、国内/DXと重複していません(長崎非常訓練というのがあるようですが)ので日にちはいいとしても、日曜日の09-21時というのは長すぎて、また午後は暑いですので変更を検討しています。

最近の流れから良さそうな時間は

土曜日の18-24時、日曜日の、06-12時 というもの。

理由
@土日どちらかだけでも参加できる可能性が広がる。
A7MHzがいい時間帯が多くなる。
B3.5MHzが土曜の夜に良くなる。
C日曜の6時からハイバンドも開く可能性がある。9時では遅い。
D日曜の午後はだらだらという感じになる。ほぼやりつくされる。でも、県内局はCQを出さねばならない。時間が勿体ない。

しかし、電通大コンテストと重複することがわかりました。
電通大が20時までなので、20時からか、21時からの開始にするか検討します。
あえて重ねるのも非常識だと思いますし。
開催時間は短縮する方向ですので、20時からでもいいと思います。



<DX>

特にありません。







0

先週末の報告(7月3週)

2016/7/19 
7月16日(土)の夜は鹿児島のなんちゃって移動隊の皆さんと、鹿児島コンテスト事前談合会でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


★オール青森コンテスト

他に同時にオホーツク、JA5、DMC-RTTYがあり並行して参加しました。
日曜日だけの参加になったので、7MHzは諦めて14MHzです。
しかしこの局数しか聞こえませんでした。15時まででしたが午前中で終了でした。

クリックすると元のサイズで表示します


★オホーツクコンテスト

時々いろんなバンドを聞きましたが、特に確認できませんでした。ワッチ不足なんでしょう。


★オールJA5コンテスト

当初は参加するつもりはありませんでしたが、無線機のスイッチを入れて、CQ TESTの信号を聞くと交信しないといけないという義務感から(笑、参加しました。
こちらも土曜日の夜は参加できなかったので、日曜からの参加です。しかし九州からはハイバンドは厳しいので7MHzにしました。土曜の夜が痛い所ですが、日曜の朝と夜も少ししました。聞こえていた局は全部できたつもりですが。
昨年は330点で3位入賞でしたが多分、入賞は無理でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ログはe-mailはありませんので郵送になりますが、出すかなあ。
封筒で送るなんて、JARLのQSOパーティ以外はないかも。


★荒川コンテスト

日曜の8時頃、50MHzだけですのでまあ無理だよなと思いつつも、無線機の前で他のコンテストに参加しながらTELNETで50MHzを見ていたら国内がレポートされてきたので、電波を聞くと1エリアが弱く聞こえます。呼んでも無視です。
しかし、8:27にJF1LLBと交信でき、信号は断続的にポっと浮かび上がるように聞こえるようになり、その瞬間に呼ぶというテクニックで(笑、3局と交信。
しかし、相手は全て荒川流域外ばかりです。規則では最低でも1局は流域内の局が必要です。ワッチすると流域内の局が聞こえますが弱い、呼んでも無視です。これで終わりかなと思っていたら、9時前から完全にオープン状態になりました。
50.250-50.300をワッチしコールし、後はひたすらCQです。
1エリアのみが開いています。パイルになる程ではありませんでしたが、そこそこ楽しめました。最後に2エリアから1局だけ呼ばれました。ただ、マルチは流域内のエリアとそれ以外なので、それ以外はどこのけ県でも同じです。ここをせめて県くらいをマルチにするとおもしろいかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します



ここに書いていないそれ以外の国内コンテストは参加しませんでした。



★DMC RTTY Contest

土曜日の飲み会の後、シャックへ入り少し参加しましたが、さすがに眠くなり数局で撃沈。
日曜の午前中は14MHzで国内。
夜は7MHzや21MHzでヨーロッパと国内でした。
集中してフル参加していないので、まあこんなもんでしょう。

規則のマルチが変更になっているかもという情報で
@url
http://www.darc.de/der-club/referate/dx/contest/kalender/regeln/dmc-rtty-contest/
Apdfファイル
http://www.digital-modes-club.org/attachments/article/45/DMC%20RTTY%20Contest%202016%20Rules.pdf
で異なっており、わかんないので主催者へメールしました。

クリックすると元のサイズで表示します

0

今週末の予定(7月3週)カレンダー

2016/7/13 
今週末のコンテストを一覧形式にしました。
ずっとフル参加できるわけでもありませんので、効率良く(つまみ食い?)電波を出したいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
0

今週末の予定(7月3週)

2016/7/12 
2016/7/16-2016/7/18

文中の色について
「赤色」・・コンテスト名称
「青色」・・JH6QIL個人の感想
「緑色」・・規約等からの引用
「黒色」・・上記以外(規約詳細等)
CTESTWIN:非対応 と記述が無い場合には対応済みです。

プライベート

7/16 息子の新車納車、無線関係仲間と飲み会


コンテスト
<国内>

★オール青森コンテスト
7月16日(土)15:00 -7月17日(日)15:00
http://ja702.sakura.ne.jp/sblo_files/jarlaomori/image/E7ACAC10E59B9EE382AAE383BCE383ABE99D92E6A3AEE382B3E383B3E38386E382B9E38388E8A68FE7B484.pdf

YL部門、シングルバンド部門あり。
昨年は「電信電話HFマルチ」部門にログを出しビリでしたが、14MHzで出していれば1位だったみたいです。(・∀・)



★オホーツクコンテスト
7月16日(土)18:00 -7月17日(日)21:00
http://www.jarl.com/okhotsk/contest/40th_contesuto_kiyaku.pdf

シングルバンド部門あり(電信電話のみ)
マルチバンドは電信のみもあり
管外局:オホーツク総合振興局(旧網走支庁)管内のアマチュア無線局との完全な交信を1点とする。

昨年の結果を見るとかなりの少ない局数での戦いになりそう。


★オールJA5コンテスト
7月16日(土)21:00 -7月17日(日)21:00
http://www.jarl.com/shikoku/oa-08/index.html

シングルバンド部門あり
相変わらず
@交信相手が記載なし。5エリア以外同士もOKなんですか?
Aログのe-mailはなし。郵送してください。



★オール横浜コンテスト
7月18日(月)(祝)05:00 -06:59
http://www.cqcqcq.org/contestj/68r2thyokohama.pdf

2時間の28MHzだけの超Sprintなコンテスト。横浜市内局を1局含むこと。
まあ、参加しても聞こえないですよね。


★荒川コンテスト
7月18日(月)(祝)08:00 -10:00
http://jn1bbofrom134408.web.fc2.com/5th_arakawa_contest_rev00.pdf
横浜に続いてのSprint。連続すれば4時間になるので楽しいかも。
流域外局同士のQSOも有効。ただし、流域内局との交信を含むこと。


まあ、参加しても聞こえないですよね。



★エスカルゴ6mCWコンテスト
7月18日(月)(祝)10:00 -12:00
http://kusanagi.a.la9.jp/scalg/sctest2016.html
縦振電鍵使用で50MHzのみ。
なんとものんびりとした運用になるけど、2時間のSprint


★ALL滋賀コンテスト
7月18日(月)(祝)10:00 -12:00 13:00 -15:00
http://blogs.yahoo.co.jp/toyamahimitakaoka/folder/1515586.html
県内局との完全な交信5点,県外局との完全な交信1点,、但し、8J3SCとの完全な交信は10点とする。
CTESTWINでは「8J3SCの得点には未対応です。」



★全国高等学校アマチュア無線コンテスト
7月18日(月)(祝)13:00 -16:00
http://hstest.mg-sci.com/wp-content/uploads/2015/04/2016hstest-rule.pdf
7,21,50,144,430
MHz
CW,SSB,AM,FM



<DX>

★DMC RTTY Contest
RTTY
2016/07/16 21:00-2016/07/17 21:00
RST + Serial No.
点数
1 point per QSO "Each DXCC country and each JA, W, VE, VK call areas once
マルチ
Each continent once"
CTESTWIN:173
http://www.darc.de/referate/dx/contest/kalender/regeln/dmc-rtty-contest/

今週はこれを第一優先とする。


★CQ Worldwide VHF Contest
ALL
2016/07/17 03:00-2016/07/18 06:00
4-character grid square
点数
1 point per 6m QSO
2 points per 2m QSO"
マルチ
Each grid square once per band
CTESTWIN:無
http://www.cqww-vhf.com/

ちょっとだけ6mを聞いてみますが・・・。参加者いるんですかね?


★North American QSO Party, RTTY
RTTY
2016/07/17 03:00-2016/07/17 14:59
NA: Name + (state/province/country)
non-NA: Name"
点数
NA station: 1 point per QSO
non-NA station: 1 point per QSO with an NA station"
マルチ
Each US state (including KH6/KL7) once per band
Each VE province/territory once per band
Each North American country (except W/VE) once per band" CTESTWIN:133
http://www.ncjweb.com/NAQP-Rules.pdf

時間から日曜の朝方が北米方向でいいので参加局がいるかワッチします。
DMCと混乱しなきゃいいけどね。



なんだか、細々とたくさんのコンテストが重なっていて目移りしますね。

0

先週末の報告(7月2週)

2016/7/11 
★IARU HF World Championship

土曜日の21時からの24時間でしたので、合間に出ました。

土曜日の夜は飲んだくれてダウンしてしまってスタートは出れませんでした。
その代り?早起きして04時から参加です。

7MHzと14MHzでヨーロッパとできました。
また国内もOKですので積極的に国内向けにもCQを出しました。

CWのみで、シングルバンド部門がありませんのでその後は、21/28MHzも時々出ました。

CWの速度は29wpmでしたが、30にしてもあまり変わらないのでその後は30でした。今後もメジャー級は30で行こうと思います。
勿論、Euの連中はもっと早い速度で打ってきますがこれ以上は一発では取れないと思います。

10:30頃までボチボチやって、お昼と午後はお出かけし、18:30くらいから最後の追い込み。

7MHzで北米とちょとだけ南米もできました。

HQ局との交信は相手がどこであろうと1点なのが疑問です。
まあ、マルチになるので優遇されていますけど、HQ局が主人公だし、HQ局を探してたくさん交信するのも楽しみなので、得点を高くしたらスコアアップになるのに。

このコンテストはあまり出ないのですが、CTESTWINを使用してて気づいたのですが、ITU ZONEを自動表示しないですね。CQWWとかはCQ ZONEを判別してくれます。一応作者さんへお願いしておきました。

あと、HQ局はその所属する団体のコードがナンバーです(8N1HQならJARL)が、なかなか取りづらいですね。ネットで検索したら、2016年のHQ局一覧、のようなデータがありましたのでテキストファイルにして、時分のパーシャルチェックファイルにコピペで貼り付けました。これで画面にもナンバーが表示されますし、クリックで取り込みますので便利になりました。


クリックすると元のサイズで表示します


お昼のランチは地元の自宅開放型のお店でした。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




0

今週末の予定(7月2週)

2016/7/7 
2016/7/09-2016/7/10

文中の色について
「赤色」・・コンテスト名称
「青色」・・JH6QIL個人の感想
「緑色」・・規約等からの引用
「黒色」・・上記以外(規約詳細等)
CTESTWIN:非対応 と記述が無い場合には対応済みです。

プライベート

特に予定なし。


コンテスト
<国内>

★JAG QSOパーティー(WARCバンド部門)
7月9日(土)06:00 -7月10日(日)21:00
http://www.jarl.com/jag/text/2016WARC.pdf
コンテストナンバーは、RST+ 会員番号(4桁) ※一般局はRSTのみ

WARCバンドが賑わうことはいいのですが、周波数の幅が決まっていないので全部がこれで埋まってしまうようだと他の局への影響が懸念されます。と言うほど、盛り上がらない?。参加したことがないのでわかりません。


<DX>

★IARU HF World Championship

CW/SSB
2016/07/09 21:00-2016/07/10 21:00
IARU HQ: RS(T) + IARU Society
Non-HQ: RS(T) + ITU Zone No.
点数
1 point per QSO with same zone or with HQ stations
3 points per QSO with different zone on same continent
5 points per QSO with different zone on different continent
マルチ
Each ITU zone once per band
Each IARU HQ and each IARU official once per band
CTESTWIN:108
http://www.arrl.org/iaru-hf-championship

このコンテストはあまり真面目に参加したことがありませんが、賑わい的にはどんなもんなんでしょうね。CQを出しても呼ばれるの?。



0

先週末の報告(7月1週)6D Contest

2016/7/4 
★6m and downコンテスト

クリックすると元のサイズで表示します

これまでJARL主催のメジャーコンテストは、ALLJA/全市全郡はそこそこ入賞していますが、6DはVHF/UHFの設備が無いこと、移動するノウハウがないこと、また同様に、FDも同じような理由からまともに参加したことがありませんでした。

6Dに関しては、過去の結果とかを分析すると、
@50MHzシングルバンドならEスポが出れば九州でも全国上位の可能性がある。
http://je1scj.o.oo7.jp/alltime_6d_ca1.htm#alltime_6d_c50
http://je1scj.o.oo7.jp/alltime_6d_xa1.htm#alltime_6d_x50
Aマルチバンドなら電離層に関係無い1,2,3エリアが優位。
http://je1scj.o.oo7.jp/alltime_6d_ca1.htm#alltime_6d_ca
http://je1scj.o.oo7.jp/alltime_6d_xa1.htm#alltime_6d_xa
・・あのUYBさんが/1で歴代1位のレコードというのも可笑しいですね。わざわざコンテストの為に1エリアへ乗り込んだのでしょうか?。

また、今の情報化の時代、インターネットを利用しライバルさん達の予定とかがわかるので、せめてエリア1位に入賞したいとの理由での部門選びが重要なのですが、C50はあのお方が、X50はVLP仲間のジャイアンと、1エリアから与論町へ移動する常勝の方がいるので無理。となると、とハードル高そうですがマルチバンドを見ると、ここ数年はCAもXAも6エリアではそれほどライバルがいない模様。とりあえず、50MHz以外も出ることを想定した。

次に運用地ですが、自宅からでもEスポが出ればロケーショんは関係無しでパイルを捌くだけなんですが、いわゆるグランドウェーブ(直接波)がアンテナとロケの差が出ます。どこかの山に移動運用しようかと思いましたが、前述のように経験、設備がありません。どうしようかなと思っていたら、VLP仲間のJE6BHT東さんのシャックがあることを思い出し、打診するとOKとのこと。

JH6QIL/6で出ますので当然ながら無線機は自分の移動運用局で免許を受けている、TS690とFT817です。これで50/144/430までCWも出れます。
アンテナはBHTさんのをお借りすることにしました。アンテナは無線設備の一部だと思いますが、どうなんでしょうね。これ!っといった文献や記事を見た事が無いのですが、運用する局のではないアンテナはOKなんでしょうか?。免許状には確かにアンテナの形状(垂直型、八木型)と記載されますが、それが、714XXとか214Cだとか型番がある訳ではありませんし、JARDがチェックする訳でもありません。

前置きが長くなりましたがこれから参加記です。

7月2日(土)

準備は大方済んでいましたので、前夜祭というか夜のお楽しみのBBQの買い出しにお昼前に出発です。
その前に次男の新車購入の申請書をマツダさんへ持って行き、お昼を回転ずしで済ませ、コープへ。お肉を少しずつと小物を購入。ビールと焼酎は東さんが準備してくれるということでしたが、それでもクーラーボックスの中は満杯です。ソロならちょうどいいサイズなのですが。

15時頃に行きますねと連絡していたので、姶良を13時30分くらに出ました。
iPhoneのグーグルナビで設定し、無機質な女性の声に誘導されながら県道40号で進み、ほどなく到着。


クリックすると元のサイズで表示します

東さんは既に畑仕事をされてました。
早々に無線機の設置、アンテナ切替の手順の確認、BBQの設置等を行いました。
同時に10el八木の性能を見せて頂いていましたが、15時過ぎからヨーロッパのレポートが、7,8エリアから出てきました。
国内の信号も良く来ており、明日以降に期待が持てます。

全世界的にEスポ状況がわかるサイトがあるようで、それを見ています。Eスポの固まりがロシア東側に数個あり、JAとEUのパスはこの辺りとのことで、もう少し出ればな、とのことでした。

同時にクラスタも見ていましたが、15:30頃からなんとなくCWでEUが聞こえる?と言う状態になり、なんと、SM(スゥエーデン)と交信されました。
とは言え、東さんのログ帳にはたくさんのEu方面の記録がありました。先日は9K(クェート)とも出来たそうです。
しかしこの信号もすぐに消えて静かになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

17時頃から近くの温泉に行きました。390円でしたがなかなかいい温泉でした。


クリックすると元のサイズで表示します

18時にシャックに戻り、BBQ開始です。
近所の方から釣りたての鯛を頂きましたのでお刺身と塩焼きにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

左下の肉は姶良名産のアゴ肉です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



二人でしたがいろんなことを話しました。無線のこと、これまでの人生のこと、そしてこれからのこと。無線だけではなくこういう話ができるのもキャンプのいい所なのです。

そして、静かに夜は更けていき、焚き火をして、テントでぐっすり寝ました。
(・∀・)



あ、いやいや、そうではなく、21時からコンテストの開始です。
飲みながらそろそろ時間だとなり、焚き火はできませんでした。


21:00開始です。
50MHzを聞きますが当然ながらEスポは出ていません。
ビームを回して九州管内の局を呼びます。
なぜか福岡ができませんでしたが、それ以外はできました。

23時台に1エリアが弱く聞こえます。呼ぶとなんとか応答がある局もいました。結局、就寝は24時で、ここまでは17局(144/430含む)でした。

あ、ちなみに、144/430はFT817ですのでローカルだけです。

シャックは3畳より少し広いプレハブ(強化型?)ですが、いつものように銀マットを敷いてその上に寝袋を敷いて持参した枕とタオルケットで快適でした。ちなみにエアコンもあります(笑。




7月3日(日)

06時過ぎに起床。
50MHzを聞くと、JE1CKAが弱く聞こえるのでコールするも取ってもらえない。しかし、10分後くらいにフワっと浮いた瞬間にゲット。
次に、与論のJP1LRT/6をゲット。とても良く聞こえました。

9時の時点で総数は19です(爆。
もう帰ろうかと思いましたよ。

朝食はパンでしたが、実は昨夜の鯛の塩焼きを食べた時に、骨が舌の奥側にささったのか、あるいは傷がついたのか、なんか痛いんです。口が開けれず、噛めません。パンを噛めないのですからかなり重症か?。
まあ、普通にしていれば痛くは無いので月曜日になんとかすることにしてコンテストは続行です。

この頃に、6mでは有名な、JI6IHG塩田さんが遊びに来られました。
実は前夜のBBQにもお誘いしていたらしいのですが、理由があって不参加だったのですが、日曜日に紫尾山へ移動かけると自宅を出たものの、雨が凄いことになっていたとのことで途中で戻ってきてその寄り道でした。
しばし歓談しながらワッチします。

すると、バンド内がなんかザワザワしてきて、あっという間に1エリアが強力に聞こえてきました。
すぐにRUNを開始です。

9:20から10:00の間で50QSO強できましたが、またすーっと静かになりました。

10時台は静かだったものの、なんとか燃えカスのような信号を聞いてコールして交信します。

このまま終焉か?っと思っていながらも、とりあえずCQを出していましたら7エリアが急にできました。

クリックすると元のサイズで表示します

見事に宮城県が揃っていますね。6mってこんな開け方をするんですねえ。
11時台は7エリアと0エリアが多かったです。

よしよし、もう少し、下よ、東よ、Eスポの雲ちゃん、移動してね(←雲なのか?)


願いが通じたのか、11時後半から、1,2エリアから呼ばれるようになり、爆発モード(確率変動モードとも言う←ごく一部のあっち方面の趣味の方々だけの用語です)に突入です。

いやーこうでなくっちゃ。

同時に数局呼ばれて取りづらいこともありましたが、大体はスムーズな運用ができました。CWは29wpmでやってました。


11時台と13時台は60q弱。

12時台は驚異の90q強です。
途中でお昼のお誘い(カップ焼きそば)がありましたが食べる時間がもったいなかったのと、相変わらず、舌の調子が悪く食欲がおきませんでした(←食いしん坊のしんちゃんにしては、すごく珍しいことなんですけどね)。

まあこれが良かったのだろうと思います。

このまま完走すれば400qも可能か?っと思ったましたが、14:40頃に急激にダウン。RUNを止めてワッチすると、8エリアが聞こえていて、それまであまりマルチが取れていなかったこともあり良かったです。最後まで、106が残りましたので。ALLJAとかでは考えられないですよね。

15時、終了しました。

すぐに撤収作業を行い、15:40頃にシャックを離れ、自宅には17時前に到着できました。

このシャック周辺は、美山(みやま)と呼ばれ、たくさんの窯元があります。次はゆっくりと見学して見たいと思いました。
http://www.satsuma-miyama.com/




クリックすると元のサイズで表示します

時間ごとのエリア別集計です。
結構、固まってOPENしているのがなんとなくわかります。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


マルチが全然ですね。

3エリアはGWで届かないこと、Eスポがそこまで開かなかったことですね。
5エリアが残っているのは、やはりGWが届かなかった、あ、届かないというか聞こえない?真面目にワッチしていなかったからです。
しかし、お昼の時間でもビームは北東でRUNしているので、呼ばれてもおかしく無かったので飛んでいなかったのでしょう。岡山、広島は呼んでもらえました。福岡が出来なかったのが残念ですね。責任者のチミ!、次回会った時は覚えておくように。あと、何故か沖縄もできませんでした。

10elではGWでは切れずぎていたかもしれませんので、3el程度で低いポールに上げたサブアンテナもあればなお良かったかと思います。

またマルチバンドで参加する気があるのなら、144/430のアンテナを強化しないと。無線機もですが。


この6Dコンテストは鹿児島からだと50MHzのEスポ頼みです。
各SNSでは、皆さんが結果を公開されていますが。東京の中心からだとQRPでマルチバンドで500QSOくらいできるようで、相手がいない、聞こえないことにはとても都会の局には勝てません。いくら高い山に登っても、50ならまだしも、144/430で稼ぐには相当な努力が必要でしょう。430で300QSOとか、考えれませんねえ。

せいぜいエリアで1位を狙うくらいが身の程、という所でしょう。


来月は、FDにも参加予定です。
これは電源係数の2倍が欲しいので移動するか、それを捨てても自宅からビームアンテナでするか、の選択になります。
せっかくのFDですので、キャンプがてら一泊でコンテストしたいですが、まだ運用地が決まっていません。
QRP部門だとマルチバンドになるのでいろんなアンテナを準備しないといけませんし、うーん、どうしますかねえ。





では。また。


家に帰って体重を測ったけどあんまり減ってなかった。朝も昼も抜いたのに。




★DL-DX RTTY CONTEST

帰宅後、すぐに自分のシャックから参加。

夕食後も7MHzで運用しましたが、いずれも国内とロシアだけでした。


クリックすると元のサイズで表示します
0

今週末の予定(7月1週)

2016/6/29 
2016/7/02-2016/7/03

文中の色について
「赤色」・・コンテスト名称
「青色」・・JH6QIL個人の感想
「緑色」・・規約等からの引用
「黒色」・・上記以外(規約詳細等)
CTESTWIN:非対応 と記述が無い場合には対応済みです。

プライベート

6Dコンテストを兼ねてキャンプです。


コンテスト
<国内>

★6m AND Downコンテスト
7月2日(土)21:00 -7月3日(日)15:00
http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/6m_rule.htm
59(9)46M形式(2400MHzは市郡No)

鹿児島県日置市から移動運用で参加予定です。開始前は当然、BBQで大いに盛り上げます。コンテストは・・・?。
部門は未定ですが、50MHzメインで他のバンドも出るかも。CWだけだと相手がいない可能性もあるのでPhoneも出るかも。



★JARL栃木コンテスト
7月2日(土)17:00 -20:00
http://www.jarl.com/tochigi/contest/index.htm

県外局同士の交信も得点となるが、県外局は全交信局の中に栃木県内局を3局以上含むこと。但し、1200MHz以上のシングルバンドでは1局以上で可

6Dの前哨戦という位置づけなんでしょうね。Eスポが出ればノルマは達成できるでしょうけどそうでない場合は1エリア限定?。


★七夕コンテスト
7月1日(金)00:00 -7月10日(日)23:59
http://jq1yrb.jimdo.com/%82P%82Q-%8E%B5%97%5B%83R%83%93%83e%83X%83g%82%CC%83R%81%5B%83i%81%5B/
普通のQSO形式


<DX>

★RAC Canada Day Contest
CW/SSB
2016/07/01 09:00-2016/07/02 08:59
VE: RS(T) + province/territory
non-VE: RS(T) + Serial No."
点数
2 points per QSO with non-VE stations
10 points per QSO with VE stations
20 points per QSO with RAC stations"
マルチ
Each VE province/territory once per band per mode
CTESTWIN:111
http://www.sk3bg.se/contest/canday.htm


★Venezuelan Ind. Day Contest
CW, SSB, PSK
2016/07/02 09:00-2016/07/03 08:59
RST + Serial No.
点数
1 point per QSO with same country
3 points per QSO with different country, same continent
5 points per QSO with different continent"
マルチ
Each Venezuelan call area and each DXCC country once per band CTESTWIN:117
http://yv5rcv.org/reglasindep.aspx

土曜日の午前中に時間があればPSKで参加してみようかな。


★DL-DX RTTY Contest
RTTY
2016/07/02 20:00-2016/07/03 19:59
RST + QSO No.
点数
5 points per QSO with same country
10 points per QSO with different country same continent
15 points per QSO with different continent
EU Stations: Add 3 QSO points for QSO with DL station
non-EU Stations: Add 5 QSO points for QSO with DL station"
マルチ
Each DXCC country once per band
Each VK, VE, JA and W call area once per band"
CTESTWIN:165
http://www.drcg.de/dldxrtty/dl-dx-rtty-english.html

6Dからの帰宅後に元気があれば出る予定です。


★Marconi Memorial HF Contest
CW
2016/07/02 23:00-2016/07/03 23:00
RST + Serial No.
点数
1 point per QSO with same country
3 points per QSO with different country, same continent
5 points per QSO with different continent"
マルチ
Each CQWW country once per band
CTESTWIN:106
http://www.arifano.it/contest_marconi.html







0

先週末の報告(6月4週)

2016/6/28 
★ALLJA8コンテスト

土曜日の21時から日曜日の21時までですが、どうなんでしょうね。24時間は長いですね。
昨年も今年もマルチバンドでワッチしましたが、出ている道内局が本当に少ないです。メジャーなコンテストに出てくる有名局がいないのも不思議です。

昨年より少ない結果となりました。
3.5MHzはアンテナを設定する気にならずで7-28でした。

クリックすると元のサイズで表示します


★Ukrainian DX DIGI Contest

上記と並行して参加。
あえて14MHzシングルにエントリーしましたので他のバンドはコンディションはわかりませんでしたが皆さんのコメントを見るとどうもパっとしなかったようですね。

21時から00時過ぎまでで29局。
04時から08時前までで、17局
19時に5局で終了。

土曜日は良かったですが日曜の夜は静かでした。

A6,A7が見えてましたができませんでした。
Euは結構奥までできました。
運用時間の関係だと思いますが、AS,OCは少なかったです。
NA/SAはゼロでした。

RTTY:23
BPSK:28

クリックすると元のサイズで表示します
0

今週末の予定(6月4週)

2016/6/22 
2016/6/25-2016/6/26

文中の色について
「赤色」・・コンテスト名称
「青色」・・規約等からの引用
「緑色」・・JH6QIL個人の感想
「黒色」・・上記以外(規約詳細等)
CTESTWIN:非対応 と記述が無い場合には対応済みです。

プライベート

特に無し


コンテスト
<国内>

★ALL JA8コンテスト
6月25日(土)21:00 -6月26日(日)21:00
都府県ナンバ−(道外局)+ 年代別符号
電信or電信電話あり
シングルバンド部門あり
http://www.jarl.com/hokkaido/JARL_Hokkaido/ALL_JA8_TEST.html

2015年は電信マルチで参加しましたが、惜しくも入賞を逃しましたので今年も同じ部門でリベンジするか?シングルバンドへ逃げるか?


2015年の結果

クリックすると元のサイズで表示します


<DX>

★His Maj. King of Spain Contest, SSB
SSB
2016/06/25 21:00-2016/06/26 21:00
EA: RS + province
non-EA: RS + Serial No.
点数
DX局とのQSO:1点、EA局とのQSO:3点
マルチ
Each EA province once per band
Each EADX100 entity once per band
Each special (EA0) station once per band"
CTESTWIN:118
http://concursos.ure.es/en/s-m-el-rey-de-espana-ssb/bases/

★Ukrainian DX DIGI Contest
RTTY, PSK63
2016/06/25 21:00-2016/06/26 21:00
UR: RST + 2-letter Oblast
non-UR: RST + QSO No.
点数
自大陸:1点、他大陸:3点、UR局:5点、 3.5MHz以下は2倍
マルチ
Each DXCC country once per band per mode
Each oblast once per band per mode"
CTESTWIN:179
http://www.izmail-dx.com/

ALLJA8と並行で参加します。
0

新しいQSLカードが届きました

2016/6/20 
今までは白紙にMMQSLで印刷していました。
前回、2000枚注文したのがそろそろ無くなりかけてきたので、どうしようかを思っていたら、ネット注文する会社がカラー印刷が安いというのを知った。
勿論、これまでアマチュア無線の世界でのメーカもネットできるのですが、これはアマチュア無線のQSLカード専門ではなく、いろんなハガキ、名刺、パンフレット、チラシ等を扱っていまして、とても格安です。

最初に見つけたが、ラクスル。
http://raksul.com/
一般的な用紙で、2700円/1000枚くらいでした。送料・税込です。
新規会員には500円の無料割引クーポンが利用できます。

次に見つけたのが、プリントパック。
https://www.printpac.co.jp/
こちらはキャンペーンをしており更に格安です。
光沢紙だと、1820円/1000枚です。しかしこれは表裏が光沢紙なのでインクジェットで印字するとインクの乗りが悪いのではないか?と思い、、表面のみミラー上質紙、裏面は普通というのを注文。2400円でしたが、こちらの割引は、なんと1000円分です。つまり、1000枚のカラー写真のQSLカードが1400円で手に入れることができました。

おそらくどちらも同じような流れになると思いますが、今回注文したプリントパック社の流れについて記述します。

@ホームページで新規会員登録する。
A無料サンプルの注文をしても良いがするには@が必要。
https://www.printpac.co.jp/contents/sample/sample_form.html
B自分のPCの環境(ソフト)で原稿を何で作るか決める。私はWordで行った。
C自分でWordで最初から作成してもいいが、ひな形(余白設定とか)がサイトにあるのでダウンロードする。
DWordで写真を挿入し全面に拡大する。
Eテキストの挿入でコールサインやその他の文字を入れる。
Fzipファイルに圧縮してサイトからアップする。
G入金する。
あとはメールで逐次連絡がきます。特に何も無ければ、OKの返事をサイトで行います。ほぼ1週間くらいで納品されました。余白なしのフチ無し印刷ですが、大体でもメーカさんが調整してくれるのではないかと思います。なお、サイトにはpdfにして送る、という記述もありますが、Word本体をzipに圧縮して提出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

2回目以降は割引はありませんが、今の価格ならこの品質が良いと思います。
又は「上質紙(ケント紙)」だと、2240円/1000枚(キャンペーン価格)というのもあります。写真面もケント紙ですので少しザラつく感じですが意外と写真もいいと思います。インクジェットの愛称はいいでしょう。次回はケント紙で注文して見ようかなと思っています。
一番安いのが「光沢紙(アートポスト)」で、1820円です。
QSLカードなら今回の品が一番いいかと思います。160円の差ですので。

また、裏面側の両面印刷も可能で、例えば裏面に交信データを印字する部分は自分でPCから行いますが、コールサイン、住所、氏名等は固定でいいので、お願いするのも手です。数百円の追加でモノクロでの印刷が可能です。インク代の節約になりますよね。

皆さんもぜひ試されてみて下さい。

QSLで、ONOUEとかのロゴ印刷がなくカラー写真で裏面白紙は、案外、この手の会社での商品かもしれませんね。


0

先週末の報告(6月3週)

2016/6/20 
★第57回 ALL ASIAN DXコンテスト

昨年同様にSO20LPでエントリすることにしてたので開く時間帯のみで参加。
昨年は他のバンドも運用したので比較したグラフと少し差が見られますね。
とは言え、それほど真面目にやったわけではなく。

土曜日のスタートはA31MMを21MHzで呼んでその後は実家で草刈り。
夕方は友人宅でパソコンのセットアップお手伝い後、いったん帰宅(ここで少しだけ運用)し、焼き鳥屋で宴会。
夜は、20時から23時まで。

日曜は朝の早い時間狙いで早起き。予想通りヨーロッパが良かった。
05時過ぎはビーム真北で北米と同時に呼ばれた。
午後はお出かけして、また夕方から寝る時間まで。
夜間も明け方と同じような感じだった。

どうも長続きしない。
CQを出してもRBNに出たらちょろっと呼ばれるけど続かないし。
こちらから呼ぶ分にはほとんどコピーしてもらえるけど。


クリックすると元のサイズで表示します


★UKRAINIAN DX

AAの合間に14MHzで3局だけウクライナと交信。

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します
土曜日のお昼は家族でランチ


クリックすると元のサイズで表示します
日曜日の夜は自宅で焼肉。

0

今週末の予定(6月3週)

2016/6/15 
2016/6/18-2016/6/19

文中の色について
「赤色」・・コンテスト名称
「青色」・・規約等からの引用
「緑色」・・JH6QIL個人の感想
「黒色」・・上記以外(規約詳細等)
CTESTWIN:非対応 と記述が無い場合には対応済みです。

プライベート

17(金)休み予定。


コンテスト
<国内>

★島根対全日本コンテスト
6月19日(日)9:00 -16:00
県外局:RS(T)+都府県支庁ナンバー
島根県内の局との完全な交信を1点
同一バンドにおける同一局との重複交信は、最初の1交信を除き得点にはならない。

HFはマルチバンド部門しかないので参加はしない予定です。

<DX>

★All Asian DX Contest, CW
CW
2016/06/18 09:00-2016/06/20 09:00
RST+年齢(又は00)
点数
・160mバンド………… 交信相手がアジア州の局では3点、アジア州以外の局で9点
・80mと10mバンド…… 交信相手がアジア州の局では2点、アジア州以外の局では6点
・その他のバンド…… 交信相手がアジア州の局では1点、アジア州以外の局で3点
マルチ
Asian Stations: DXCC entities once per band
101
http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_asian/allasian_rule.htm

できるだけ運用する予定ですがシングルバンドで集中したいと思っています。


★Ukrainian DX Classic RTTY Contest
RTTY
2016/06/18 21:00-2016/06/1921 23:59
Ukraine: RST + 2-letter oblast
non-Ukraine: RST + Serial No.
点数
1 point per QSO with same country
2 points per QSO with different country, same continent
3 points per QSO with different continent
non-UR Stations: 10 points per QSO with Ukraine
マルチ
non-UR Stations: each DXCC/WAE country once per band
non-UR Stations: each Ukraine oblast once per band
132
http://urdxc.org/rtty/rules.php?english

0

先週末の報告(6月2週)

2016/6/13 
★オール岐阜コンテスト

土曜日の夜は自宅でBBQして、すっかりいい気分となり、


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




参加開始は19:48からでした。まあ、今年も昨年と同じ部門にエントリする予定だったので、勝負は日曜の朝と見ていたので、7MHzをさっと聞いてサービス。21MHzでも2局と交信できました。

日曜日は、土曜日飲み過ぎたのか、07時には起きれず、07:53からの参加。
14MHzの後、21/28MHzも聞こえてきた。いいコンディションです。ただ、相手が岐阜県内局のみなので探すのがもう大変です。

昨年よりは少しだけ成績が良かったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

★山梨コンテスト

岐阜の後に続けて参加。というかお声掛けのみの予定でしたが、ハイバンドが開いていて、全国が相手だし、RUNの練習にもなるし、と本格的に参加することにした。しかし、流石にマイナー地方コンテスト。参加している局が少ないのか、46とやっていいのかわからないのか、あまり呼ばれない。CQを出してすぐにはパラパラと呼ばれるが続かない。
よって、28と21MHzを交互に運用。50MHzもワッチしたが50.250-50.300のCWは確認できなかった。1エリア方面が少し弱いながらも開けていたのでここでもう少し稼ぐべきだったか?(結果的に50MHzは運用なし)
7MHzもしないとマルチが増えないし、既に他のバンドで交信済みの局が呼んでくるかもと、11:14頃から運用。こちらもあまり呼ばれないので、14交信で終了。ここまで全てCWだったが、電信電話部門しかないので電話をワッチするとそれぞれのバンドでそこそこ出ていた局を呼ぶ。特に県内局は3点なので大きい。

参加部門が少ない(HF部門の電信電話のみ)ので、ログを出す参加局は多いけど入賞局は5位までなので入賞は難しい。
1)電信と電話を分ける
2)シングルバンド部門の設定
3)エリア1位の入賞の設定
のいずれかが欲しい所です。

最後は30WPMでやったりしていい訓練になりました。

クリックすると元のサイズで表示します


★DRCG WW RTTY Contest

上記のコンテストの合間に少しだけ参加。
しかしコンディションが悪く、ヨーロッパがほとんど見えませんでした。
かろうじて、PI4CCができました。あとはロシアとJAばかり。

クリックすると元のサイズで表示します
0



AutoPage最新お知らせ