2015/11/7

更新料の有無によって  

賃貸物件を借りる際には更新料が必要なところがほとんどです。賃貸の更新料というのは、だいたい2−3年に一回とられることが多いのですが、こちらは契約を引き続き更新するという場合に支払うお金のことを言います。そして賃貸物件の更新料関係にはもうひとつお金があって、賃貸の更新手数料というお金が必要になります。更新手数料というのは何かというと、こちらは不動産屋へ支払わなければいけない手数料のことです。更新手数料と更新料は賃貸物件を借りていれば必ずと言っていいほどお金を支払わなくてはいけないことですから覚えておきましょう。契約期間が2年とか3年とか決まっていると思いますが、その契約期間が、満期になったときに、不動産屋が新しく契約書を書いたりしますから、その時に更新手数料というのが必要になってくるのです。賃貸を借りる際にデメリットとしてはやはり更新料が必要になるということですね。賃貸更新料は一律20万円とか決められた額を請求するというところもあるのですが、家賃の何か月分といった形でお金を請求する場所もあります。たとえば家賃が八〇〇〇〇円だった場合に、賃貸更新料は2か月分であるということは最初に契約をする段階で分かっていることだと思いますからそれほど難しいことでもないのですが、やはり賃貸更新料は安いに越したことがないですから、物件を選ぶ際には賃貸更新料にもポイントを置いて探してみるというのがいいかもしれませんね。
賃貸更新料については、悪徳な不動産会社などでは契約期間を短めに設定して、たった1年とかで契約更新にさせて自動更新でも更新手数料を支払わせることもありますから十分に注意しておいた方がいいかもしれませんね。賃貸の更新料は必ずあるというわけではなくて、不動産会社などによっては賃貸更新料が0円というところもありますから、もしも少しでも費用を抑えて賃貸物件を借りたいと思っている人の場合には、賃貸更新料が無料の物件を探すというのがいいかもしれません。意外と探してみれば賃貸更新料がいらないところも色々とありますし、そんなに賃貸更新料がかからないような物件もあると思います。賃貸の物件選びで確認するポイントというのは色々とありますが、更新料の有無によって選ぶという方法も一つの方法ではないでしょうか。賃貸物件探しで希望条件に賃貸更新料なしの所を選ぶという方法もありますから、視野に入れながら考えていくといいかもしれませんね。

千代田区 マンション買取
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ