規則正しい生活習慣で胃酸過多を抑える  規則正しい生活習慣





日常的な暮らしぶりを振り返ってみることでも、
胃酸過多の状態を抑えることが可能です。

胃酸過多に陥る元として、食事の摂り過ぎや規則性のない生活が考えられます。

脂肪の多い食事や、食べ過ぎや飲み過ぎ、アルコールの摂り過ぎなども
胃の機能を低下させます。

そのうえ、食後にすぐ横になる、胃を押さえつけるような格好をするなども
逆流性食道炎になり胃酸過多に繋がってしまいます。

こういった生活習慣を継続していたのでは、
胃酸をきちんと抑えることはできず、
胃酸過多の症状を良くすることは困難になります。

胃酸を上手く抑えるには、消化に優れた食品や胃に負担のかからない飲み物、
規則正しい生活習慣を守るように気をつけてください。

0

 

アロマテラピーで胃酸を抑える  アロマテラピー





アロマテラピーを使用することにより、出すぎた胃酸を抑えることができるのです。

アロマテラピーで胃酸の出過ぎを解消するというよりは、アロマの香りによって気分を鎮めて、症状の改善を目指すという形です。

嫌な胃の症状を良くするには、
胃酸を効果的に抑えることができるとされるカモマイルローマン、バジル、ペパーミントを2:2:1という比率で配合したものを食後にお腹部分に数滴塗ると効果があるようです。

そのうえ、混ぜ合わせたこの精油を1〜2滴飲用しても、胃酸を抑える有効性が望めます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ