2013/2/15

倉木真二 さんのダウンブローの打ち方  ゴルフスイング軌道


倉木真二さんのアイアンショットの極意では、ダウンブローを正確に再現できるようになることが最大の目標となっています。


すなわち、インパクトの瞬間から逆算して考えれば、まずダウブローが正しくなければいけないし、

正確なダウンブローとなるように体を動かすために、テイクバックやスイング頂点などの動作も最適化していく必要があります。


つまり、練習においてもどんな順番でどこを改善していくのか?

という点がずれてしまうと、上達の道を踏み外してしまい、なかなかスイングが安定しないとか、

悪い癖が身につくといった、最悪の結果を招いてしまうわけです。


アイアンショットの極意では、これまでに数千人を指導してきた倉木真二さんの経験から、

最適な練習手順がコンパクトにまとまっていますので、あなたも、クラブの振りすぎで体のあちこちを痛めなくとも、

↓のような悩みを解消することができます。




ロングアイアンの感覚がつかめない

アイアンでうまくボールを打てる気がしない

こすり打ちなので力がボールに伝わらない

毎月コンペにも参加するが、なかなか満足できるゴルフが出来ない










問題だらけの不格好なスイングは速めに捨てて、最小限の練習量で正しいスイングが身につく練習法を試してみるにはこちら








倉木真二 アイアンショットの極意 暴露体験談
小沢国寛 小沢式顔面神経麻痺改善 評判レビュー

0

2013/2/15

倉木真二さんのゴルフスイング軌道  ダウンブローの打ち方

倉木真二さんのホームページには、アイアンショットの極意を実践した人たちの体験談が紹介されています。



原因と対策がわかって練習したので、トラブルショットが激減しました。

アイアンショットに悩んでいた私には丁度良いタイミングでした。

まずシャンクとチーピンのメカニズムがクリアになりました。





彼らの声にあるように、

ゴルフは才能があればポンポンとスイングが上達していき、100切り、90切りと次々にクリアーしていけるのでしょうが、

そんな恵まれた能力の持ち主は、ごくわずかしかいません。


一般的な能力しかない私たちが上達するためには、ポイントを押さえた練習というのが不可欠で、

練習の進め方がずれてしまうと、途端に体の使い方を間違えたり、ちぐはぐなスイングになってしまいがちです。


あなたがまずやらなければいけないことは、まずは正しい練習法を選択することで、

一貫性のあるメニューで練習をしていけば、上達の壁に行く手を阻まれることなく、とんとん拍子でスイングが上手くなっていきます。





クリックすると元のサイズで表示します問題だらけの不格好なスイングは速めに捨てて、最小限の練習量で正しいスイングが身につく練習法を試してみるにはこちら

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ