❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2018年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なりひら
kitcatさん
 特に『ののちゃん』は、人と人とのコミュニケーションを演出する功労者です。いつもそう思いながらブログを拝見しています。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:なりひら
magamikさん
 そうですね。猫は存在そのものが癒しなんだと思えてきました。もちろん犬も。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:なりひら
江川さん
 ほんとに勇敢な女性ジャーナリストというイメージがあります。でも心が疲れた時、2匹も猫達が支えになってくれたのですね。タレとの運命的な出会いといい、実にいい話です。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:なりひら
りかさん
 タレちゃんと江川さんの出会い・・やはり運命の赤い糸があるんだ。愛らしい猫ですね。長生きしてほしい。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:kitcat
○ 公園で、80歳くらいのおじいさんと、5〜6歳女の子、中学生の男の子、おなかの大きな女性…。
 この、どう見ても接点のなさそうな4人がワイワイ会話している…。
 他人が見たら、ありえない光景…。
 近寄ると、中学生の子がののちゃんをダッコしていて、それぞれが「うちにも昔いたんだよ」とか、「何で、ゴロゴロ言うの…?」とか猫談義をしていたのです。
 猫って人を結びつけるすごい力を持っているんですね…
 猫と歩いているだけで、コミュニケーションとれちゃう、不思議な生き物です。
                <ののちゃんより>

http://sea.ap.teacup.com/nono/
投稿者:magamik
こんばんわ〜
オウム真理教事件の折にはほんとによく頑張られましたよね。
自分の命が狙われる日もあったそうですね。
縁あって二匹の猫ちゃんと暮らされ、幸せそうですね。
もちろん猫も幸せ!

猫って改めて素晴らしい動物だなって思いました。
投稿者:よしえ
江川紹子さんは、勇敢なジャーナリストさんというイメージがあります。
仕事上、さまざまな緊張を強いられたこともあったでしょうけど、
いつもこの子が彼女の心を癒していたのですね。
写真もお上手ですね!

http://happy.ap.teacup.com/123789/
投稿者:りか
江川紹子さんが猫好きなことは知っていましたが
普賢岳噴火の時からの縁だったとは知らなかったです。
タレちゃん、長生きしてね〜!

http://blogs.yahoo.co.jp/rkkuetegami
投稿者:なりひら
せいにゃんさん
 猫とせいにゃんさんの物語は、屈指の名作ですよ。私のブログから他ブログを通じて、かなり人口に膾炙されていることでしょう。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:せいにゃん
私はおネコ様から合格点を頂けたのですね。
あれからもう5年程たちますが、お母さんはすっかりやせ細り、子供達はコロコロとした立派な体格に育ちました。
hisamiさんのおっしゃる通り、何かの縁があったのでしょうね。
その何かに私は今とても感謝しております。
こんなにかわいい家族を与えてくれたのですから。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ