❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街と六甲山、豪華観光船「飛鳥2」。 上田代の池塘と至仏山(群馬県)

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Gavrilainems
how to order brand cialis

http://canadacialisnvz.com/ - cialis

tadalafil online

i recommend cialis transdermal

http://canadacialisnvz.com/
投稿者:なりひら
寺山あきこさん
 僕も、今回の話に、実は驚いています。スタンドプレイ;0、100%信仰心から出た話だけに、なおさら感動は大きいです。

http://happp.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:なりひら
satoyamaさん
 オープン戦の時は、実は、注目すらしていませんでした。彼は、当時から信仰心の厚い、数倍の努力家だったというのに・・。

http://happp.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:なりひら
みゃお〜さん
 ご返事ありがとうございました。猫の生態については、まだ十分に分かっているとは言えず、猫にストレスを与えているのかも知れません。よくウオッチしていきたいと思いますが、本当のところ「室内飼い」の猫はあり得ないのかも知れないと思い始めています。でも、今更どうこうするのは無理なので、室内で共存していきたいと思います。

http://happp.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:なりひら
sunkyuさん
 求道者の心境でしょうか。多分、その域に達せず、あんな優れた記録は打ち立てられないですよね。

http://happp.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:なりひら
美幌梅山さん
 浪速のカズオさんにもおすそわけどころか、頼まれれば、彼(マートンさん)は嫌な顔の一つもせずに、さらさらと書いてくれると思いますよ。

http://happp.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:なりひら
ondoyamaさん
 父はきっと喜んでくれています。マートンさんの誠意に感謝しています。

http://happp.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
投稿者:寺山あきこ
心繋がる温かさが広がるお話ですね。
行動をおこす、その真摯なお気持ちが通じたのですね。
マートン選手は、あの記録達成時のコメント、神への感謝と謙虚な姿が印象的でした。
お互いが家族を思うゆえに、通じたのですね。
よいお話を聞かせていただき、ありがとうございました。
投稿者:satoyama
心温まるお話でした。
オープン戦の頃、振っても振っても当たら無くても、真しにフルスイングする姿にうたれて注目するようになりました。
信じると云う事は強い力を生むのですね。

http://blog.goo.ne.jp/satoyama1358
投稿者:みゃお〜
ブログへのコメントを有難うございます。

お父様のご冥福をお祈りいたします。

少々忙しく、ザッとしかブログに目を
通すことしか出来ませんでしたが「人生
一度しかない」と色々とチャレンジされて
いて素晴らしいなと思いました。 良い
ご友人もたくさんいらっしゃるみたいですね。

御堂筋の写真、懐かしかったです。 私も
元々関西出身で宝塚市にも住んでいた事が
あります。

トム君のシンクに入っている姿、家の猫達と
一緒です。 最近は涼しくなってきたので
シンクに入りません。  シンク内で寝る、
ベッドの上で寝るで季節の替わり目を感じて
います。

猫にリーシュを付けてのお散歩ですが、正確
に言うと散歩ではなく、『もしも』の時に
猫が塀に飛び乗って庭以外の所に逃げない
ようにと付けていて、庭内を猫の歩く後を
付いて行く、猫が座りたければ一緒に横に
座っているといったものです。 



http://love.ap.teacup.com/myaoo01
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ