❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2018年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:magamik
こんにちわ〜
みこは学生時代のニックネームですよ。
巫女なんて恐れ多すぎます〜。
私の母は45歳で他界しました。
なのであの世へ行ったらあれもこれもと報告
したいことがいっぱいあります。
母より30年も長生きさせてもらってます。
若しかしたらあの世へ行っても気づいてもらえないかも・・・。
なりひらさんの前向きな姿に大いに刺激を受けておりますし尊敬もしております。
愚痴りたくなる日もありますがそんな時は散歩に出かけて自然に癒され気を取り直しています。愚痴ると虚しくなりますから・・・。
何かに夢中になってますと時間はあっという間に過ぎます。精一杯生きていたら悔いも少ないでしょうし、穏やかにあちらへ行けるんじゃないかと思っています。

投稿者:なりひら
tonsukeさん、コメントありがとうございます。貴兄の奥様との絆の深さがよく分かりました。素敵ですねえ。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:tonsuke
「お迎え」は、今医学会でも研究の対象になっていると思います。NHKの番組でありました。私も、亡き妻が迎えに来ると思っています。死の前に着る服が目立つように掛けてありましたから、お棺に収めました。おそらくこの服を着て迎えに来るでしょう。それまでは精一杯生きようと思って、カラオケ・水彩画と今庭弄りに精を出しています。植物相手は気長にそして生きることを教えてくれています。
投稿者:なりひら
magamikさん、コメントありがとうございます。
俳号の「みこ」は巫女に通じる言葉でしたか。
放送大学の講座は向上心の高い貴女にはぴったりかも知れませんね。私も大いに刺激を受けました。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
投稿者:magamik
こんにちわ。
その場に直面したら気持ちは変わるかもしれませんが、《死から目を逸らさず今日一日を精いっぱい生きる》という気持ちで今を生きています。老老介護、孫のお世話もありますが役に立てていることをありがたく思い、そんな中でもできることはあります。この四月から横浜の長男のすすめもあって放送大学で学ぶことにしました。とりあえず選科履修生として1年間です。自宅でネットで好きな時に何度でも学べます。やり残すことになるかもしれませんが続きはあちらの世界で〜と思っています。私はあの世はあると思うことにしています。ですから俳句もそうしたいと考えています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ