❤心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

 「なりひら」は、身体に障がいのある身であるが、「心はいつも青春」でいたいと願っている。そして、好奇心だけは失わず、少しだけ背伸びして、いろんなことにトライしている、一緒に暮らす「猫の兄妹」(トム&もも)は、そんな「なりひら」を、いつもうさんくさそうに眺めてる。

 
人間も猫も安心して暮らせる世の中に! 三室戸寺の紫陽花(京都府) 朝焼けのラベンダー畑(北海道) 神戸市街豪華観光船;飛鳥U 上田代と至仏山(群馬県)

カレンダー

2017年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目1

青春とは人生のある時期をさすのでなく、心の様相をいうのだ。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:なりひら
 コメントありがとうございます。そうなんですか!息子さんが店長をされているんですか。僕はコンビニにはほとんど行かないのですが、実際の店員さんの働きは、この小説のように。当たり前ですが(笑)。この小説、なかなか視点がユニークで、描写も面白かったです、




http://happy.ap.teacup.ctoom/iraki-doji/
投稿者:magamik
こんにちわ〜
文芸春秋ですぐに読みました。
前回の火花よりはずいぶん面白くて読みやすかったですね。
コンビニでサイン会もされていましたね。
正常と異常について考えさせられました。
コンビニに努めていればこその細かい描写も良かったと思います。
実は我が二男夫婦は脱サラをして30歳でコンビニのオーナーと店長になり15年、史上最年少オーナーと店長いうことで期待もされ心配もされたのでした。店に時には出かけますが働いてくださっている皆さんの手際良さには関心をしております。おかげさまで今年の夏店の建て替えがあり新しいお店で小説のようなことが繰り返されています。他人ごととは思えない気持ちで読みました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ