2011/8/13

(無題)  

今年の流し踊り。
子供達に画像のような
ステッカーを貼り
踊りました。

今、3度目のボランティアに
来ています。
はるかに緑が増えていてビックリ!
自然の力は凄い!



クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/7/4

ちょこっとの余裕  子ども・教育

今日、職場で 紙飛行機で遊んでいたSくんがいました。

するとS君は

「先生・・・どうしよう〜。ちょっときて?」

と、蜜を呼びました。



S君の紙飛行機が、部屋の蛍光灯の周りの柵に

ひっかかってしまっていました。

「あらら〜。どうする?」

いつもなら、長い棒でも持ってきて

ひょいっと取ってあげるのですが、

今日の蜜には余裕がありました。


「どうしたら取れるかな。いい考えある?」

そう聞くとS君は、

「うちわで風をおくって落とす!」

「そうか。じゃぁ、やってみようか。」


S君は懸命にうちわであおぎましたが、落ちてはきません。


「ダメみたいだね。他にはいいアイディアある?」

「もう1個紙飛行機をつくって、ぶつけて落とす!」


それでは、その紙飛行機も柵にひっかかるのでは?と

思いましたが、やらせてみました。


案の定…柵には2個の紙飛行機がひっかかりました。


「さて。どうする?」

「う〜ん。もう思いつかない。」

「そうか。じゃぁ、先生にお願いしますか?」

「うん。先生、取ってください。」


蜜はほうきをもってきて、紙飛行機をつつきました。

簡単に落ちました。


「なるほど〜。そういう手があったか〜!!」


S君はしきりに感心しています。


なんてことのない一場面。

何かを学んだかもわかりません。

でも、何か満たされた表情でした。


子ども自身に考えさせてやってみる。

なんだか大事なことのように思えました。


大人に、ほんのちょっとの余裕があれば

こういうサポートもできるんですよね。

だからこそ、子どものそばにいる大人として

余裕をもっていないといけないなぁと

蜜の方が学んだ一こまでした。
3

2011/6/29

ブチ切れた  

ブチ切れた。


蜜にしては珍しくブチ切れた。


産休育休以外、おそらく仕事のことを
考えなかった日はないだろう。

下の息子の育休明けて、全く仕事を
しなかった日はない。

持ち帰り仕事や、調べ物をする日々。

眠れないくらい、職場の子ども達のことを
考えることもしばしば。


例え上司から理不尽な要求をされても

文句を飲み込んで黙ってやってきた。

(まあ、課長とケンカごしの電話をして
ガツンと切ったこともあるけど)


なんだか、ここのところ立て続けに
腹立つことがあり…

ブチ切れた。どうでもよくなった。



でも、みんなを放り出すわけもいかないしな…


なんとか、心が持ちこたえられたのは
この子らのおかげ。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/6/27

ハンドベル  いろいろなきもち

下の息子、風呂でピカピカにしたのに


もう汗で頭が臭く、思わず
デオドラントパウダースプレーを
息子の頭にかけた蜜です。


先日の偉大な先輩の訃報により
急きょ、人事異動がありまして、
またしても損な役割りが回ってきた蜜です。

さてさて。
明日はボランティアの日です。
と、言っても大した事ではなく
老人会の婦人部のサークルに、ハンドベルを
教えています。
秋の発表会に向けて練習中です。

82歳にもなって、産まれて初めての経験よ!

と、くしゃくしゃ笑顔で言われます。

みなさん活き活きしていて、私の方が
元気を貰います!

明日はいよいよ発表会の曲を選びます。
幾つか用意した曲の中に
皆さんが気に入ってくれる曲があるといいな!


0

2011/6/20

出逢い  子ども・教育

私が保育士の勉強をしている頃、恩師から言われた言葉。

「常に最善を尽くしなさい」

この言葉が、心に常にどーんと鎮座しております。


「おまえは頑張りやだから、無理していないかと
 心配です」

なんて言うくせに、

「常に最善を尽くしなさい。」

それって、矛盾してない?と、一時期混乱しました。


ずっとずっと、毎日毎日、一瞬たりとも気を抜かずに
最善を尽くすの?

それってしんどくない?

私に出来るのかな…

難しいことを投げかけられたな…


恩師の言葉なので、無碍にもできず…


事あるごとに、その言葉について考えてきました。


「『常に』ってのがしんどいな…」
と思っていました。

そして数年たつと


「体壊すまで、頑張る事はないのかな…
 私の出来る限りの、私の許容範囲内でやればいいのかな…」

と、考えるようになりました。


最善を尽くしているつもりでも、まだまだ余力を残している自分に
自己嫌悪というか、がっかりしてみたり、
最善を尽くして報われないこともあったり…

報われない…とか思う時点で、ダメなんだろうね…


何年たっても難しい課題です。


ところが、4月から私の職場に着任した先生と
いろいろお話をしているうちに
また違った解釈が生まれました。


恩師は、「常に最善を尽くしなさい」という言葉とともに

「常に最善を尽くしている人と、時には尽くされたいと思う人とでは
 生き方が違ってきます」

という言葉を言っていました。


その意味が、よくわからないでいたのですが…


幅広い経験をされてきた、その先生とお話をしていて
思ったんです。


「それって、自分のためなのか!!」


自分で「最善を尽くした!」と思えるときは
気分良く過ごせます。
でも「もっとできたはずなのにな…」と
思うときって、なんだか不完全燃焼!?

常に最善を尽くす(尽くそうと努力する)と
毎日気分良く、すごせるってこと?


だから、常に尽くす人と尽くされる人とでは
生き方が違ってくるというのでしょうか。


自問自答は、これからも続いていくでしょうが
今は、なんとなく、「なるほど!」と思えています。


新しい出逢いのおかげです。



さっき、めずらしくテレビを見ていたら
深いい話をやっていて、かりゆし58さんの
歌が心に響きました。

♪ぼくが生きる今日は もっと生きたかった誰かの
 明日かもしれないから…♪


先日、素晴らしい先輩が逝去され まだショックから
抜けきれないでいるのですが
その先生の分も、もっともっと
最善を尽くしながら、「生きたい」と
思います。


3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ