今月のテーマ 

2018/6/20

ついに完成   

昨年6月より臨床に導入してまいりましたBASE療法

効果は素晴らしく、患者様にも好評でしたが…

家族やお友達にこちらの治療法を紹介したいのだけど、治療内容が上手く伝えられないですね

とのお言葉が多数

僕自身も知識や理解度があまり高くなかったので、口頭でも上手く説明出来てはなかったと反省させられてました。

何とかしなければと、6月と12月の研究会の講義の音声をテープ起こししまして、何度も何度も聞き返し読み返し

遂に完成致しました。

今のところ

?BASE療法をお勧めする為のパンフレット
?BASE療法を受けた患者様に脳の働きと治療システムを理解していただく為のパンフレット
?BASE療法を受けた患者様が日々の生活でその効果を持続していただく為の方法を紹介したパンフレット

の3種類が出来上がっております。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/6/6

BASE研究会 3度目の正直  

昨年の春よりBASE療法のお勉強を本格的に初めて、現在では臨床にほぼ100%導入できています。


来院されて実際に体験された患者さまは、その効果と脳の不思議を感じている事と思います。



先週末に北海道まで行きまして、3回目のBASE研究会に参加して来ました。



クリックすると元のサイズで表示します




今回は、会長直々に実技指導して頂けたのですが、「未だ未だやなぁ〜」としみじみ実感致しました。


クリックすると元のサイズで表示します


しっかりと訓練して、より良い技術を提供できる様に精進して参りますのでよろしくお願い致します!
2

2018/5/7

有田川解禁  

いよいよ今年も鮎釣りの季節がやって来ました。

今年の冬は雪が多く、海水温が例年よりも5度以上も低くて海の釣りは芳しくありませんでした。


私め釣り仲間からの釣れない情報で腰が引けてしまい、結局鮎釣りが今年の釣りスタートになりました。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/5/7

軟部組織スペシャル セミナー  

四月末の連休の初日

芦屋で「軟部組織スペシャル vol5」
が開催されました。

少し前から巷で流行りかけた「筋膜リリース」の筋膜も軟部組織の中の一つです。

表層の皮膚から深層の骨膜まで何層にもなっているのですが、これらをきっちり分けて触診できなければ当然適切な処置も行えません。

知識もトレーニングもしてないのに、筋膜リリースを謳っている治療院が殆どなのでちょっと怖いですね。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/4/22

4月のお勉強  

4月の後半にセミナーが集まってしまいました。

18日
名古屋で「マトリックス・フリクエンシー」

クリックすると元のサイズで表示します


21日〜22日
一宮で「ハーモニー・メソッド」

クリックすると元のサイズで表示します


次の日曜日には
芦屋で「軟部組織スペシャル」

どれも濃〜い内容のセミナーですので、しっかり復習してきっちりと出力できるように頑張るだけです。

大変ですが、すごく楽しみ!
0

2018/3/19

Sメソッド  

治療家向けのセミナーは殆どがテクニックや基礎医学が中心

最近になって、エネルギーを扱うものも増えてきておりますが…

今回は患者さんの意識レベルだけでなく無意識レベルに上手く働きかける事で、コミュニケーションをより円滑にする為のセミナー

沢山の「気付き」のある、大変有意義なセミナーとなりました。

更にパワーアップ出来そうです(笑)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/12/20

ブレイン サイコ セラピー  

先週末に今年最後のセミナーに参加してきました。

講師の水野先生には、私のワガママな要望を聞いて頂いての開催となり、本当に有難いです。


クリックすると元のサイズで表示します


「ブレイン・サイコ・セラピー」

そのタイトル通り、精神心理を扱うものなのですが・・・


経絡刺激・眼球運動・タッピング・脳波のチューニングフォーク・アファーメーションの5つの手法を同時に行うことで脳の深い部分に染み付いた問題点を修正するという欲張りなテクニックです。

また、精神心理を扱う上で最も注意しないといけないのが「破綻」ささない事!

この部分も見事にクリアーしている素晴らしいものでした。

後は臨床にいかにして落とし込むか・・・頑張りますよ!


0

2017/12/3

北海道セミナー  

今先程、北海道でのBACEセミナー終わりました。

半年前のセミナーから、更にアップデートした内容について行くのが精一杯。

寒い中遥々北海道まで来た甲斐がありましたね!


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/27

ホネキン・メソッド研究会  

おはようございます。

今週末は研究会の仲間達と一緒に新しいメソッドの検証をしっかりやってきました。


様々なセミナーに参加する事で新しいひらめきが得られ、其れを使える形に昇華させて日々の診療で確認する。


ここまでは、一人でも出来ないことでは有りませんが…

此れを更に整理して精度を上げる仕組みを作り、違う感覚や評価法やロジックを持つ先生方に確認して頂く事で、メソッドとして仕上げていきます。

その為にも、ホネキン・メソッド研究会の時間は私にとって大切な時間なのですね!



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/23

勉強の秋  

急に寒さが身に染みてきて、気がつくと11月もあと少しで終わりとなっております。



忙しく過ごしていたらブログの更新忘れてました…


自分の為のセミナーや勉強会への参加も全盛期と比べると少なくなり、今は月に1〜2のペース
になってますが、スタッフとの勉強会も含めると月に5〜6回もやってることになります。


此れが多いのか少ないのかは自分ではよくわからないのですが(笑)
今週から年末にかけてはセミナーラッシュ!


ジャンルも色々なので、一つ一つキッチリこなして使える形に昇華していきたいですね。



クリックすると元のサイズで表示します


という事でラッシュの第一弾
水野先生の勉強会に行ってきましたよ!
0

2017/10/2

一宮勉強会  

今年は昨年以上に新しい技術や考え方に巡り合うことが出来、今後の治療家としての方向性が定まってきました。

私自身が長年検証を重ねてきました筋骨格系の治療法を「ホネキン・メソッド」として治療の軸として…

名古屋の水野先生考案の
「マトリックス・フリクエンシー」

北海道の中原先生考案の
「BASE」

を上手く組み合わせ行く事が出来たらと日々臨床に向き合っております。


そして、この週末は筋骨格系治療法「ホネキン・メソッド」に大きな変化を与え下さった私の兄弟子、

一宮の一柳先生考案の
「ハーモニー・メソッド」

の研究会に参加して来ました。

image1.jpeg


今回も大収穫祭りとなりました(笑)!



iPhoneから送信
0

2017/8/30

池田の治療院  

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、一応お知らせします。

私が水曜日に塚口カイロプラクティックセンターをお休みしてますのは、此方の治療院に出勤しているからなのです。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/7/15

お庭の近況  

暑い日がつづき、ぼちぼちと梅雨が明けそうですね。


おさぼり気味のこのブログですが、何人かの患者様から「お庭、どうなった?」とか、「野菜作り、上手くいってる?」とか、お声かけして頂きました。

有難いことです。


そこで今回は、「お庭の近居報告」!?


クリックすると元のサイズで表示します


半月ほど前に、野菜ばかりでは面白くないので、ハーブの区画を作ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します

一応、似ている性質のハーブを集めたつもりなのですが、詳しいことは聞かないでくださいね!(笑)



クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれは、梅雨対策の雨除けです。

雨でせっかく実ったトマトがプチプチと見割れするので、慌てて設置しました。



ポタジェから農園になりかけていますが、何とかお花とハーブで持ちこたえております。

0

2017/7/4

ホネキンメソッド 研究会  

前回の研究会の終了時に皆様のご要望(笑)で会の名前を「ホネキンメソッド 研究会」と変えることになりました。

…で、新生「ホネキンメソッド 研究会」が先週末に開催されました。



クリックすると元のサイズで表示します


今回のテーマは「肩関節18筋SP」の一連の施術のスピードアップと精度の向上

さらに、臨床での使い方等を濃厚に行いました。


参加された先生方は、大変満足されていたので次回も頑張れそうです!
0

2017/6/19

オステオ・ハーモニーのアップグレード  ハーモニー・メソッド

先週末は名古屋の一宮で「一柳ゼミ」に参加してきました。


クリックすると元のサイズで表示します


今回のテーマは「骨」

骨の隠れ損傷の修復法として今まで学んできました「オステオ・ハーモニー」がさらに進化しました。


骨膜レベルに触診のレイヤーを合わせ、軽くテンションをかけながら先に骨膜のディストーションを修正します。

その後に、骨の実質を繋げていく!

言葉では簡単でなるほどな事なのですが・・・実際に行うのはかなり難しいですね。



クリックすると元のサイズで表示します


さらにその応用編

骨盤の三か所の「骨」問題を順に修正して調和をとる・・・これまたできれば素晴らしいのですが、なかなか実際には難しい。

特に、恥骨の修正が助手の手を借りないと今のところ上手くいかないのです。

一人で出来るようにならないと私の治療院では臨床に使えません。
何とか良い方法を考え出さねば!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ