2017/11/14

=E7=A4=BE=E9=95=B7=E6=97=A5=E5=A0=B1No.2055?=  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事していただけるスタッフみなさんに感謝します(*^o^*)

昨日は東京の(株)SKYさん主催のグルーミング協会定例会議で60分の講演をさせて頂きました。
出来はともかく、半生を振り返る良い機会でした。

「初心忘るべからず」を胆に命じました!

?????

予言者や、よく当たるといわれた人から「大ケガするぞ」「大病するぞ」というような悪しき予言を聞いたときは、まったく信じる必要がありません。

「それ、起きません」

と宣言します。


それを言った瞬間から、あなたはそのことを祈るようになります。

悪しきことが起きないように、潜在意識で祈り始めたのです。


聞いていて楽しくない予言は、正しい情報ではありません。

悪魔の側の魂は聖なる側の予言(正しい情報)を読み取ることはできません。

ということは、100%当たらない。


逆に、聞いていて心地よく細胞が活性化するような予言をすると、それを聞いた人も、言った人も細胞が活性化します。

それを「実践」と言います。


自分の口から出る言葉が、相手の細胞が喜ぶようなことだけを話すように普段から心にとめておくこと。

たとえば自分の子どもに向かって、

「あなたは私の子なのだから、ものすごい天才になるわよ」

と話す。

それも何気なく話すことです。


また、友人に、

「今度会うときは、ますます若く美しくなっていますよ」

と話す。

そうすると、それを聞いた相手は笑顔になり、体の細胞が活性化してその話を受け入れるようになります。

自分の口から出る言葉が、常に相手の細胞が喜ぶようなことだと、そいう人ばかりが集まるので、自分もますます細胞が活性化して若返ります。



世の中を暗い暗いと嘆くより

自ら光って世の中照らそう



暗さを嘆く自分の心を変えて、私自身が明るい状態になる。

「私」がどう生きるか、それを「実践」と呼びます。


『喜ばれる』

?????

「このままの生活を続けると不幸になるよ」

「今からこういう行動をするようにすると、もっと幸せになるよ」

上記の言葉は同じことを言っています。

心から向き合う相手に幸せになってほしいと思うなら、どちらの言葉を使いますか?

言葉は日本古来より「言霊」と言われており大切にされています。
自分の言葉を1番聞いているのは、自分です。
その言葉が自分の脳に最も影響を与えます。

「自分は価値がない」→脳は価値がない事を探し続けます。
「もっと役に立てることはないだろうか」→脳は今、やれる事を探し続けます。

いつも「明るく」「みんな仲良く」「喜んで仕事をする」ことが幸せになるコツです!

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)

0

2017/10/31

社長日報No.2054  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれるスタッフみなさんに感謝します(*^o^*) 

皆さんはどのような人になりたいと思っていますか?

「明るい人」「健康な人」「尊敬される人」「決断力のある人」「結果を出す人」等々

どうしたら理想の自分になれるのでしょうか?

実は簡単なんです!

?????

十年間、うつ病で苦しんでいた人がやってきました。

少し話をしました。

うつ病で苦しんできたのはわかりますが、その人の口から出てくる言葉が、どれも暗い話です。

愚痴、泣き言、つらい話ばかりです。

職場へ行くと、ある人間とうまくいかない、怒鳴ったり怒ったりする人がいる、イライラさせる人がいる。

だから「もうやっていけない」と愚痴ばかりです。


「会社をもう、やめていいですか」と私に問いかけてきます。

「やめていいですか」という相談を受けると、私はいつも「やめれば…」と言います。

この人は半年ぐらいたつとまた別のところへ就職し、また私の顔を見て、「うまくいかなくて、もういやでいやでしょうがない。やめていいですか」と聞くのです。

私は「やめれば…」です。


結局彼は、自分の感性が非常に脆(もろ)く、弱いのです。

だから人間関係に耐えられない。

いやなことばかりが、神経に引っかかってくるから、あらゆることが、つらい、つらいとなります。

そこで私はこんな提案をしました。


今日から、口をついて出てくる言葉全部を「うたしやき」というものにしたらどうでしょうかと。

うれしい話・たのしい話・しあわせな話・やくに立つ話・きょうみぶかい話…それが「うたしやき」。


私は二十歳の頃から、「うたしやき」の話しかしないと決めてきました。

政治が悪いとか、経済が悪いとか、教育が悪いとか、環境問題がひどい…などと言って、頭のいい人はみんな世の中の不備をあげつらいます。

嬉しくて楽しい話の収集家である私は、自分にも他人にとっても楽しいので、旅先でお話をするにあたって、「うたしやき」の話だけをしてきました。


すると周りに人がだんだん集まってきて、もっと聞かせてもっと聞かせてということになりました。

そのほうが自分の人生が楽しいですよ、だからあなたも「うたしやき」だけを喋るようにしてみたらどうですか、とその人に言いました。

うつ病の人は、自らこう言いました。

「そういえばそうですね、私の発する言葉は、その八割が薬と病気とトラウマの話だった。口を開けばそういう話ばっかりだった。楽しい話なんかまったくしたことがなかった。これからは、うたしやきを心がけます」と。


その話をしてから一週間、その人は、一回も否定的な会話をしなかった。

話題を全部「うたしやき」にした。

その結果、食欲が出た、一人前食べられるようになった、買い物をするにもひとつ買うのに一時間かかっていたのに、一、二分で買えるようになったと言いました。


その人は自分ですこしわかった様子です。

暗い言葉ばかりだったと気がついた様子です。

もし家族関係、夫との関係、妻との関係、子どもとの関係、舅、姑の関係がよくないとか、職場で人間関係がうまくいかないという場合、今これから、この瞬間から「うたしやき」に切り替えると、その関係がガラッと変わります。

愚痴や泣き言ばかり言って言った人が、「午前中ちょっと散歩してきたんですけど、桜がすごくきれいでした」というような話になってくると、へえ、そんな話ができるようになったのだとその人の周りに明るい雰囲気が生まれます。

服の色も明るい色になります。

「うたしやき」の話題だけで、人生が変わります。

人生を楽に楽しく生きましょう。


『淡々と生きる』

?????

誰だって「いない方がいい人」「嫌われる人」「役立たずな人」にはなりたくないですよね。

しかし、そうなるべく行動しているんです。

口から出るのは「不満」「愚痴」「妬み」「ひがみ」

思っていることは「自分だけが得をしたい」「楽をしたい」

結果、そうなるような行動を取るようになる。

人生を自分の思い通りにするのは簡単なこと。

そのまま言葉にすればいい(^_^)

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)
0

2017/10/29

社長日報No.2053  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれるスタッフみなさんに感謝します(*^o^*)

雨です!
金沢マラソンに出場される方は体調を崩さないようにしてほしいものですねー(^-^)
交通規制もあるので気をつけましょう(^_^)

?????

《人生最大の危険は、自分のことだけ考えること》

(アルフレッドアドラー:フロイトの最初期の弟子で深層心理学の巨頭。くる病にかかって身体障害を経験したのをバネに医師に。すべての人間に普遍的に劣等感があるとした)


ゆううつ?

そんなものはきっと2週間で全快しますよ。

処方箋?

それは、どうしたら他者を喜ばすことができるかということを毎日考えることです。

他者のことに関心を持たない人は苦難の人生を歩まねばならず、他者に対しても大きな迷惑をかけます。

人間のあらゆる失敗は、そういう人たちの間から生まれるのです。


扱いにくい相手とうまくつき合うには?

簡単なこと。

相手がなんとか自分を優秀に見せようとして、躍起(やっき)になっていることを念頭に置くことです。

そしてその観点から相手とつき合ってみるのです。

アルフレッド・アドラーは、温顔でそのように言い切る。


劣等感という言葉を、現在使われている意味で最初に使った人である。

アドラーが劣等感を根幹に組み立てたのが、「個人心理学」だ。

人間は、幼い頃に劣等感に見舞われる。

それにどう応じていくかが、その後の人生行動を決める。


フロイトの精神療法の基本は、患者の過去をさかのぼって症状の要因を明らかにし、今のトラブルを解消するものだ。

それに対して、アドラーはもっぱら勇気を強調した。

元気を出せば必ずうまくいくという前向きの思想を構築した。


「生きづらさの責任を過去の経験や他者に求めず、勇気を持つことだ」

これもアドラーの言葉である。

思えば、アドラー的な「成功への道」は、今も世にあふれている。

フロイトやユングほどアドラーが有名でないのは、不人気なのではなく、私たちの思考の中に溶けこんでいるからだろう。


『つらい時に力をくれる「こころの名匠」100の言葉』

?????

アドラーはこう語る。

『「わたしは誰かの役に立っている」と思えたときにだけ、自らの価値を実感することができる』

役に立つとは、ほんの些細(ささい)なことでいい。


仏教でいうなら「無財の七施」だ。


無財の七施とは、お金がなくてもできる他者への喜びを与えること。

一、眼施…優しい目つきや慈(いつく)しみのまなざしで、すべてに接すること。

二、和顔施…いつもおだやかな顔つきで人に接すること。

三、言辞施…愛あるやさしい言葉を使うこと。

四、身施…人のいやがることなどを、気持ちよく実践すること、行動すること。

五、心施…人の身になって心を配り、共に喜び、共に悲しむこと。

六、床座施…電車の中などで気持ちよく席を譲ること。

七、房舎施…訪ねてくる人がいたら、気持ちよくもてなすこと、気くばりすること。

自分のことだけを考えている人の眼差しと

他人の幸せを考えている人の眼差しとは、きっと違うと思います。

それらは、周りのスタッフにもお客様にも敏感に感じるものです。

他者を喜ばせることに力を注ぎましょう!

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)
0

2017/10/23

社長日報No.2052  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれているスタッフみなさんに感謝します(*^o^*)

台風被害はありませんでしたか?

ボクは大阪でセミナーを受講する予定でしたがサンダーバードが運休でしたので、車で行くことにしたら武生〜米原が通行止め(°∀°)

白山ICで降りてきました!
で、むさしの珈琲でモーニングを頂くことにしました(^^)

道路は渋滞、傘を差して歩く人は強風で大変そうです。
こんな足下の悪い日に来て頂けるお客様に感謝ですね。
もちろん社員の皆さんも(^-^)

?????

私たちは、一人ひとりを本当に大切にしているか、ということを常に考える必要があります。

例えば、手紙をくれた人に返事を書こうと思いながら、つい書きそびれて月日が経ってしまい、いつの間にか忘れてしまうことは少なくありません。

同じように宅配便で何かを贈ってもらったとき、すぐに礼状を出せばいいものを、「そのうちに」と思っていると、先方から電話があり「着きましたか」と聞かれることになります。

贈ってくれた人は、何も礼状が欲しいわけではなく、届いたかどうか、確認したいだけです。

ですから、「届きました。ありがとう」という礼状を出す(あるいは電話をする)ことが、その人を大切にすることになるのですが、私たちは、ついついなおざりにしているような気がします。


一人ひとりを本当に大切にしているかどうかで、実はその人の「運命」が決まってきます。

「運命」というものは「人が運んでくるもの」です。

運んできてくださった人に「感謝」し、「手を合わせる」、ということを続けていると、その人の人生は、「嬉しさ」や「楽しさ」、「喜び」に満ちたものになっていきます。


極端に言うと、「運命」には「運がいい」とか「運が悪い」ということはありません。

「運が悪い人」というのは、目の前の「運」(人)を見過ごしている(大切に思っていない)ということにほかなりません。

一人ひとりを大切にしている人は、必ず良い「運命」を手に入れます。

「運」は「人によって運ばれてくるもの」なのですから。


「運にめぐまれている人」というのは、別に次から次へと「幸運がやってくる人」という人ではありません。

一人ひとりを大切にしている人なのです。

人との「出会い」や「つき合い」を大切にしていくかどうかで、自分の将来が決まっていく、ということに気がつかなければいけません。


一人ひとりを大切にしない人に「幸運」はありません。

つまり、良いものが運ばれてくることはないのです。

逆に、一人ひとりを大切にしている人(社会的な地位や身分というものには関係なく、人間一人ひとりを本当に大切にしている人)は、「幸運」を手に入れます。

それは、金銭的経済的にプラスになるということではなく、目に見えない「運の良さ」というのもです。


「今まで自分は、運が悪かった」「ついてなかった」と嘆く人は、もしかしたら、一人ひとりを大切にしてこなかったのではないでしょうか。

もう一度、自分の日常生活を見直してみましょう。


報酬や仕事というものに関わっていなくても、自分と縁のある人、出会う人というのが必ずいるはずです。

その一人ひとりを、できるだけ大切にしていくことです。

そうすれば、今までにない「幸運」な日々が展開していきます。


『神さまに好かれる話』

?????

「一期一会(いちごいちえ)」という言葉があります、

一生にもう二度と会う機会はないのだ、と言う気持ちで、その場その場の出会いを大切にする、ということ。

運を運んでくれるのは「人」です。

出会った人を大切にしない人に幸運は巡ってこないように思います。

出会った人に純粋に幸せになって欲しいと願い、感謝の気持ちで心の中で手を合わせることを続けて行きます(^^)

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ今日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/10/19

社長日報No.2051  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれるスタッフみなさんに感謝します(*^o^*)

皇居勤労奉仕団として皇居と赤坂御用地にボランティア清掃に来ています!

一昨日と今日は都心部での何十年ぶりかの記録的な寒さ(^_^)

日頃の行いでしょうか?

もうすぐ選挙です!
選挙に行かれたら看板前で自撮り写真を送ってくださいね(^o^)
選挙手当て500円です(笑)

?????

本当にすばらしい年長者として敬われたいのなら、場所が変わるとともに自分の気持ちを切り換えて、普通の人なみの扱いで当然だと思い、また普通以上に扱われた場合は、それをありがたいことだと感じなければいけないはずなんですね。

そういうふうに思っている方こそが、本当にしゃれている人なのだと私は思います。


けれども、そうでない野暮天(やぼてん)がおりまして、着るものは一流製品を身につけていますが、考えていることが野暮で、ちょっともおしゃれではない。

そして本人はそれでいいとしても、不思議なことに、女房子供までが虎の威を借りる狐になっていばっていることが多い。


芸術家の奥さんもそうですね。

自分の才能で作品を書いて、世の中で評価されているわけでもないのに、それを自分の力でやったような錯覚を起こしている奥様がいます。

子供も同じですね。


私はあるお金持ちの家の子供にこんなことを言ったんです。

「あんたたち、今まで何をしてきたの?

何ができるの?

どれだけお金をかせいだの?

何もないじゃないの。

ただ親からお金をもらっているだけでしょう。

親をせびり倒してヨットを買ってもらったり、車を買ってもらっているんでしょう。

親というのは別の人格を持った別の人間なのよ。

心の中も頭の中も、生きてきた人生も、あなたとは何の関わり合いもない、別の人間なのよ。

それなのに、あなたは親と自分を同一視して、錯覚を起こしているんじゃないの?」


その子たちは、自分の能力以上の生活をしています。

着ているものはピカピカで、外国製の高い時計をして、別荘だヨットだと遊び回っているんです。


いくら高い一流品を着ていても、それではただのマネキン人形と同じです。

私はそういう人たちをおしゃれだというふうには思いません。

本当の意味でのおしゃれということをさとれば、もっと心豊かな楽しい人生を送れるはずなのです。


『微笑みの首飾り』

?????

野暮天とは、きわめて野暮なこと。

野暮の反対は粋(いき)。

野暮とは、「洗練されていないこと」、「融通(ゆうずう)のきかないこと」、「人情の機微(きび)に通じていないこと」だが、その野暮の最たるものが「いばること」。

いばっている人は、カッコ悪くて、恥ずかしい。

そして、自分ではそれがカッコ悪いことだと気づいていない。

いばらずに謙虚に穏やかに過ごしたいものです(^^)

やはり人に対しての思いやり「ありがとうございます」と「これからもお幸せに」と心から念ずることの出来る人は、その眼差しも優しく深くなると思います。

今回天皇、皇后両陛下の眼差しに感動し涙が溢れたのもわかりますね。

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)


0

2017/10/17

社長日報No.2050  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれるスタッフみなさんに感謝します(*^o^*)

昨日から皇居勤労奉仕団として皇居内の清掃に来ています。
普段入れる所ではない場所ですのでセキュリティも厳しいですし携帯で写真は撮れません。

しかし貴重な経験ですので楽しんで来ます。

今日は天皇陛下との御会釈の機会があります。
(お会い出来るということです)

?????


十月の中頃、三人連れのご婦人が参拝にこられたことがありました。

その中のお一人が、庭の片隅に咲くコスモスの花を見つけ、「まあ可愛い、こんなところで一生懸命咲いているね!今日は、こんな可愛いコスモスに出会えてよかったわ。ねえ、皆さん!」

「本当、本当」とにこやかに、おしゃべりしながら本堂の方に上がって行かれたことがありました。


それから間もなく、一分もたたないすぐ後に、違う三人連れのご婦人が参拝にこられました。

そして大きな声で「ああ、ここは六月のあじさいの頃でないとあかんなあ、季節を間違ったなあ、残念残念」と、そこに咲く可愛いコスモスの花を見つめ、ブツブツ文句をいいながら本堂の方へ上がって行かれたことがありました。


私はたまたまその光景を見て、「同じ日の同じ時間に同じ物を見て」、全く違うとらえ方をされるのだなあと、気付いたのです。

もし、この二つのタイプの方が同じように人生を歩まれたとしたら、全く違った人生がそこにできてしまうのだろうなと思いました。

何をしても「いいなあ、いいなあ」と生きていく人、何を見ても何をしても「ブツブツ文句ばかり言って」生きていく人。


一人は百歳まで生きたら百歳丸ごと素晴らしい人生になるし、もう一人は、百歳まで生きてもつまらない人生を百年生きただけのことになるのです。

せっかく、人間という得難いいのちをいただいて、この世に生まれてきたのですから、「人間として生まれてきてよかったなあ」と思える人生を送らないともったいないと思います。

そのためには、少々自分にとって不都合なことがあっても、できるだけプラスになるように、そのことをとらえて生きていくことが肝心です。

その積み重ねが我々の人生だからです。


人生も、何もいいことがないと諦めてしまわず、しっかりと世の中を、人生を見つめてください。

何でもないところに、何ともいえない「しあわせ」がいっぱい潜んでいるかもしれませんよ。

いや、きっと潜んでいますよ。


『よかった

よかった

この世に生まれて

そして

あなたに会えて』


どんな目をもって生きるか、どんな心をもって生きるか、それによって随分人生は違ってくるのです。

よき日々をお過ごしください。


『心配せんでもよい』

?????

実は皇居内の清掃ですが、昨日は12月中旬の寒さで雨、今日も雨です。

これを「あぁー、晴れていたら最高なのに」と思っていたら楽しい気持ちにはなれません。

晴れていたらきっと「暑い、暑い、日焼けする」と文句を言う人もいるでしょう。
ネガティブに考える人は、何を見てもネガティブなことしか言わないものです。

「でも」「だって」「だけど」「そうは言っても」と否定語から始まる。

不幸を見つけるのが上手(^_^)


反対に、ポジティブに考える人は、「なるほど」「そうだよね」「さすが」「わお!」と肯定語から入る。

肯定語から始まる人の話は、明るくて楽しくて笑顔と元気が出て、心があたたかくなる。

だから、幸せを見つけるのが上手。

人生をHappyに生きることは誰もが願っていますが、それを決めるのは自分次第(^o^)

幸せ探しを上手になりましょう(*^_^*)

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)
0

2017/10/13

社長日報No.2049  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれるスタッフみなさんに感謝します(*^o^*) 

寒くなってきました!

季節の変わり目はスタイルやメニューの提案のチャンスですね(^o^)
ほんのちょっとの提案が嬉しいものです(^^)

またひざ掛けなど心配りも忘れずに(^^)

先日、自動車のタイミングベルト交換のためにディーラーさんに行きました。
その時に来春に車の買い換えを提案されたので見積もりをお願いしますとなりました。
その翌日に電話がかかってきて、「この箇所とこの箇所の部品が摩耗しているので交換しますか?」といわれました。
その時に「来春に車を買い換えをと提案されたけど、交換必要ですか?」
と聞いたら、「特に必要ないですけど」と言われました。

売上を上げるための提案なのか、お客様のためを思っての提案なのか

あんまりその人の提案は信じたくなくなりました。

?????


「この前、すごく嫌なことがあった」と言っている人の顔は、本人は気づいていなくても、「頼まれにくい顔」になっています。

「この前、すごく楽しい出来事があったんだよね」と言っている人の顔は、「頼まれやすい顔」をしています。

それを何十万回も繰り返しているうちに、「頼まれやすい人相」と「頼まれにくい人相」にはっきり分かれていくのです。


たとえば、あなたがクルマを修理に出すとき、「修理の腕はいいけどいつも不機嫌で、怒りっぽい人」と「修理の腕は普通くらいだけど、いつもニコニコと明るい人」がいたとしたら、どちらにクルマを預けたいですか?

「そんなつまらない修理をオレに頼むな」というような人よりも、「いいですよ、これくらいならすぐに直せますから」という人のほうが頼みやすいでしょう。


また、上司が部下に仕事を頼むとき、「すごく優秀なんだけどいつも不機嫌で、『なんでオレがやるんだよ』という表情をしている部下」と、「能力はそれほど秀でていなけれど、いつもニコニコして『はい、わかりました!すぐやります』と答える部下」では、どちらに仕事を任せたいでしょう。

優秀な部下が2時間で終わるところ、ニコニコしている部下は4時間かかってしまうかもしれない。

けれど、頼まれやすい表情をしている部下のほうが、最終的には楽しく仕事ができて、だからこそ自然と「会社の業績」も上がっていくのではないでしょうか。


『もうひとつの幸せ論』

?????

頼みにくい人は…

「いつも頼まれごとを断ってばかりいる人」、「不機嫌な人、「不愛想な人」、「言葉が冷たく感じる人」、「笑顔がない人」、「暗い人」、「喜ばない人」、「すぐに怒りだす人」、「偉そうな人」、「愚痴や不平不満ばかり言う人」、「悪口や文句ばかり言う人」等々。

それらは、すべて顔に出る。

間髪入れずに0.2秒で「はい!」と笑顔で言える人になりたいものですね(^-^)

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)
0

2017/10/11

社長日報No.2048  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれるスタッフみなさんに感謝します(*^o^*)

昨日パシフィコ横浜で「自分の仕事が大好き大賞」にさんかしてきました。
行く前までは、なんだかなぁって思っていたのですが感動しました。

みなさんは仕事が楽しいですか?

楽しいと思わず、給料のためとか仕方なくと思っている方は不幸です。
そしてそう思ってしまう原因は「本気」ではないから。

遊びでもなんでも 本気だから楽しい(^o^)

本気になれるコツは「誰かのために」

利他の心です。

?????

ゆっくり話すこと】2959


医師、小林弘幸氏の心に響く言葉より…


「言い方」と「自律神経」はつながっているので、自律神経のバランスによって「言い方」は変わってきますし、逆に、「言い方」によって自律神経のバランスも変わってきます。

この2つはループのようにつながって、お互いに作用し合っているのです。

たとえば、上司に急な仕事を依頼された際、


「了解です!」

とハキハキと感じのよい言い方をした場合と、

「はい、わかりました…」

と、ボソボソとネガティブな言い方をした場合とでは、体の中の細胞の働き方が変わってきます。


前者の言い方の場合は、自律神経のバランスが整い、脳をはじめとする全身の細胞に酸素と栄養が行きわたるので、頭が冴えて仕事のパフォーマンスが高まります。

体にもエネルギーが満ちるため、疲れにくくなり、健康を維持しやすくなります。

いっぽう、後者の言い方の場合は酸素と栄養が不足するため、脳や体のパフォーマンスが下がります。

当然、仕事の処理能力も落ち、上司からの評価は下がります。


また、細胞が活性化しないため、さまざまな健康被害を引き寄せてしまいます。

この時生じる健康被害は、短期的なものでは、

「疲れやすい」

「頭がぼーっとする」

「よく眠れない」

「頭痛」

「便秘」など。


長期的にリスクが高まるものとしては、

「がん」

「脳卒中」

「心筋梗塞」

「糖尿病」などが挙げられます。


日常生活で気にする「言い方」というのは、「相手に不快な思いをさせないように」という、コミュニケーションを主としたものだと思います。

しかし実際には、毎日の何気ない「言い方」によって、自分のパフォーマンスや健康状態にまで影響が及んでいるのです。

ふだん何気ない「言い方」で、自分のパフォーマンスや健康を害しているという事実に気づいている人は、ほとんどいません。


しかも、「言い方」は、自分が発するものだけではなく、他人からの「言い方」も同様に作用します。

他人から、怒りや愚痴など、ネガティブな「言い方」を投げかけられた瞬間、あなたの自律神経のバランスは一気に乱れ、パフォーマンスや健康に悪影響が及ぶのです。


『「ゆっくり」話すと、空気が変わり、人生が変わる!』

?????

『人は言葉を発する時、妬みや自尊心、怒り、悲しみ、喜びなど、さまざまな感情に突き動かされています。

たとえば、怒りにまかせて叫んだとすると

表情や声の大きさ、言葉の選び方はもちろんモノにあたったりして、ますます感情かコントロール出来なくなってしまう。

ですから「ゆっくり」話そうとすることで余裕が生まれるということです。

「魅力的な唇とは、優しい言葉を紡ぐ唇のことよ」

オードリーヘップバーンの言葉です。

優しい言葉とは、聞いた相手が元気ななれる言葉、笑顔になれる言葉、また会いたいと思える言葉

そんな言葉を使っていきたいものですね(^-^)

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)


0

2017/10/6

社長日報No.2047  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれるスタッフみなさんに感謝します(*^o^*)

なぜお客様はあなたの働いているお店に来てくれるのでしょうか?

「価格が安いから」「家が近いから」「技術が丁寧だから」

いろいろなことがあると思いますが一番嬉しいとおもうのが

「担当の〇〇さんが優しいから」

弊社の理念にもあるように「〜魅力的な人になるよう努めます」とあります。

ですからお客様のこんなご意見がとっても嬉しいです!

?????


「最後に自分を助けてくれるのは他人への思いやり」

これも欽ちゃんに教わったことです。

じつは僕は「欽ちゃんファミリー」のオーディションの最終選考で一度落選しています。

4ヶ月の長期間、3000倍の倍率をくぐり抜け、いよいよ来週から番組の撮影を始めるというときに落選を告げられました。


欽ちゃんから、「小西、ごめん。 やっぱりなし…かな? 僕、君が残れるように頑張ったんだけどさ。 他の人たちのキャラクターとのバランスもあって、どうしても入れてあげられないんだよね」と言われたのです。

最後の最後での落選にうなだれていた僕を放送作家の大岩賞介さんが「小西、今回は落選したけど、あまり落ち込むなよ」と慰めに来てくれました。

大岩さんは欽ちゃんお抱えの放送作家集団パジャマ党の方です。

名古屋で中京テレビのローカルバラエティ番組に出ていた僕を「君、面白いから東京にオーディションを受けに来ないか」と誘い、欽ちゃんと引き合わせてくれた恩人です。


落ち込んでいた僕ですが、そのときハッとわれに返りました。

「欽ちゃんも大岩さんも、僕にとっては雲の上の存在だ。 そんな二人に4ヵ月間も気にかけてもらったというだけで、十分ありがたいことじゃないか」

「欽ちゃんは『君が残れるように頑張った』と言ってくれた。なんてもったいない言葉だろう」


そう思った僕は、もう自分が落選したことなどどうでもよくなり、逆に恐縮しながら言いました。

「大岩さん、すいませんでした! 僕を連れて来たばかりに、肩身が狭かったでしょう。 僕は大丈夫ですから、どうか元気を出してください!」

そして、欽ちゃんにも「ご迷惑をお掛けしたことに気づかず、申し訳ありません。 僕はおそらく来年か再来年に高校の教員になります。 そしたら、生徒たちと一緒に萩本さんの番組を見せていただきます。 今回は本当にいい経験をさせていただきました。 ありがとうございました!」と笑顔で挨拶をしたのです。


ところが名古屋に戻った日の翌朝、「欽ちゃんが呼んでるからもう一度東京に来てくれ」という連絡があったのです。

不思議に思いながらまた東京に行き、言われたように欽ちゃんのご自宅を訪問すると、思いもよらず欽ちゃんから「小西、やっぱり合格になったよ」と告げられました。

これが僕の人生の転機でした。

この後、僕は「欽ちゃんファミリー」として「欽ちゃん週刊欽曜日」のレギュラーに抜てきしてもらったことでいっぱしの芸能人となり、いまに至ります。


後日聞いた話ですが、僕が最終選考で落ちて、風見しんご、佐藤B作、清水善三、そして清水由貴子ちゃんというメンバー4人が正式に決まり、さてこれから作る番組について具体的な打ち合わせをしようというときに、欽ちゃんが「お前ら、いまの小西を見たか? 最終選考まで来ておきながら落とされた小西が、慰めに行った大岩を逆に励ましていたぞ。 彼、みんなに笑顔を与えて、笑って名古屋に帰った。 俺はそんなやつをこれまで見たことない。 よっぽどいい奴かよっぽどお馬鹿さんだよ。 やっぱり使ってやろうよ」と言いだしたのだそうです。

欽ちゃんが、「予定と違ったけど、なんとかしようよ。 あの笑顔が忘れられないんだよ」と強く主張し、それで僕の逆転合格が決まったとのことでした。

後に欽ちゃんからは、「お前は最後の最後に、自分じゃなくて他人への思いやりがあっただろう。 だから受かったんだよ。 僕はお前のあのときの笑顔を忘れないよ」と言われました。


僕もあのとき欽ちゃんに掛けてもらった優しい言葉を忘れません。

「人に対する思いやり」というものは、万策尽きたときに思わぬ助けとなることがあることを知りました。

ですから僕は、がんという人生の土壇場においても周りの人を思いやることを心掛けたのでした。


「治りたい!」と思う気持ちよりも、「しんどそうにしている他の人たちを励ましてあげよう」という気持ちを優先すると、その思いやりの気持ちに自分自身が助けられます。

ふと気がついたときには自分はすでに治っているのです。


『生きているだけで150点!』

?????

人は窮地に立たされた時や切羽詰まった時にその人の真の姿が出てくる。

自分のことだけしか考えられない人なのか、

他者への思いやりがある人なのか。

政治家のように「自分は知らなかった。全部秘書がやったことだ」

こんなテレビでの映像を見たことは誰しもあると思います。

魅力的な政治家には思えませんよね。

やはり自分の損得ではなく、利他の心で他者への思いやりのある人は魅力的です。

そんな人を目指します(^-^)

皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。

さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)




0

2017/10/3

社長日報No.2046  

いつもいつも読んでくれてありがとうございます^_^

今日も笑顔いっぱいで志事してくれているスタッフみなさんに感謝します(*^o^*) 


先日スタッフたちとご飯を食べに行きました。
それぞれの注文が終わりお皿が運ばれてきました。
タレがいくつか出て来たのですが、ゴマだれがどのメニューのものなのかわからなかったので運んでくれた女の子に「これはどれにつけるタレですか」と聞きました。

女の子は「えっとー」と言ってわからない感じ。

そしたら自分の後ろから冷たい声が・・・
「それ、この間も言ったよね」

先輩の一言でした。

どうやら、覚えなければならないことを忘れていたらしく、注意されたみたいでした。

飲食店でお客様が望むことは、美味しい食事を居心地の良い雰囲気の中で食べることです。

もちろんそのゴマだれが、ある特定の料理と一緒に食べると美味しいのでしょう。
ですから必ず覚えてほしいことの一つであり、仕事をする以上はやって当たり前なんでしょうけど

お客様の「居心地の良い雰囲気」のことを忘れているようです。

まさに、目的のために手段があるのに手段が目的になったということです。

これ、けっこう有りがちなことですので気をつけましょうね(^_^)

?????

僕が憧れる「はしゃぎながら夢をかなえて、うまくいっている人たち」はダメな部分をたくさん見せられる人たちです。

 

たとえば僕が尊敬するベストセラー作家のひすいこたろうさんから、とてもいいキーワードを教えてもらいました。それは、

 

 

「人は長所で尊敬され、短所で愛される」

 

 

というもの。

 

ひすいこたろうさんは、ベストセラー作家ですが、そのひすいさんは講演をやるとき、ものすごくあたふたされるんです。

 

「僕、人前に出るのが苦手で」とか言いながら、しょうっちゅうかみます。

 

でもその姿ってすごく魅力的ですね。

 

 

ひすいさんのファンのネットワークがあって、ひすいさんがかむたびに、「いま、かんだ!」とメールが飛ぶらしいのです。

 

それを読んだファンの方が「ああ、今日の講演会行けばよかった!」と返事が来るとか。

 

このやりとりに衝撃を受けた僕は、ひすいさんに詳しく聞いてみました。

 

そうしたら、ひすいさんはこう言ったんです。

 

 

「僕だって、カッコ悪いところは見せたくないし、できるだけ隠してたんですが、カッコ悪いところを見せると、読者さんがむしろ喜んでくれることがわかりました。そうか、人は長所で尊敬されて、短所で愛されるんだって気づいたんです。欠点は欠点ではなくて、自分に欠かせない点だったんです」

 

 

僕は、その言葉にまたまた衝撃を受けました。

 

もちろん欠点を出すと嫌がる人もいます。

 

「ダメな自分」を出すと、「ふん」とバカにしたり、「あっちへ行け!」と嫌うんです。

 

そういう人からは、むしろ早く嫌ってもらったほうがいいでしょう。

 

一緒にいても、あまり楽しくありませんから。

 

 

もっと言うと、そういう人は、「ダメな自分」を出すあなたに、自分自身を見ているんですね。

 

自分にも同じような「ダメな部分」があるのに、それを認めたくないから、「ダメなあなた」を見ることを、否定したがるんです。

 

 

「はしゃきながら夢を叶える世界一簡単な方法」

 

 ?????

 

 たった一度の人生です。


笑っている時間を多くしたいか?

しかめっ面でいる時間を多くしたいか?


相手が「ダメな部分」を出したときに腹が立つのは、自分にもある「ダメな部分」を認めたくないから(^-^)


 

「人は長所で尊敬され、短所で愛される」

 

カッコをつけることなく、ダメな部分をさらけ出し


自分、相手のそれを認め楽しめる、器の大きな人になりたいですね!


皆さんにすべての善きことがたくさん訪れます。


さあ明日も上気元で最幸にワクワク顔晴りましょう(*^_^*)


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ