2017/8/7

那智の滝(3/6)  ■国内旅行記(関西方面)

クリックすると元のサイズで表示します

先ほど登って来た階段を、手すりを伝って下りて来ました。

階段を登り始める前に、ツアーではお決まりの集合写真をここで写しました。

クリックすると元のサイズで表示します

戻って来たら早速、写した集合写真の注文を受け付けていました。

記念に成ると言う事で、夫が購入。(残念ながら那智の滝が写って居ない集合写真です・・・)

那智の滝が綺麗に見えなかったので、巨大な写真の前で、交代で写真を写し合いました。

クリックすると元のサイズで表示します

熊野古道を歩く事に成って居ましたが、三割の人が、歩かないでバスで待っていました。

勿論私もバスで待っていました。

夫は歩いたので、記念に成ります♪

クリックすると元のサイズで表示します

歩かな無かったけれど、来たと言う事で♪

クリックすると元のサイズで表示します

注文していた熊野牛弁当を受け取って、バスの中で完食。

クリックすると元のサイズで表示します

本物の那智の滝は、坂を下ってバスで2分なら良いのですが、そこからまたまた階段を登ります。。。

クリックすると元のサイズで表示します

今度は133段ですが、疲れた所での133段は疲れが倍増です・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

遂に念願の那智の滝の真下に来ました。

今回の旅行は那智の滝が見たいと言う事で、選んだものです。

でもここまで歩くとは思いませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

那智の滝

熊野那智大社の別宮・飛瀧神社のご神体として信仰されている。

那智原始林には那智四十八滝と呼ばれるほどたくさんの滝があります、那智の滝はそのうちの「一の滝」。

落差133m、銚子口の巾13m、滝壺の深さは10mの落差日本一の名滝。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近くまで寄って見ると、注連縄が掛かっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

左の方に赤い柵が見えます。

そこに上るのは有料ですが、夫が昇ると言うので・・・・仕方なく一緒に上りました。

ヘトヘトです。

小さなお守りを頂きました

クリックすると元のサイズで表示します

登って良かった♪

那智の滝の上から写すと足が切れてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

足先まで入れると銚子口が切れてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りはまた階段を登ってかえります。

クリックすると元のサイズで表示します



今回の旅行の添乗員は、バスの中で説明をして、乗客を案内しないで、バスの前で「行っていらっしゃい」と運転手と一緒に、出発時間にバスに戻るのを待っているのです。

だから、二人の写真は一枚も有りません。

そばに居ないから写真を頼めない!

こんな添乗員は初めてです。

駐車場から目的地まで遠い場合は、案内するけれど、気が付いたら居ないのです・・・・





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ