2017/3/6

那智山青岸渡寺(3/6)  ■国内旅行記(関西方面)

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ、熊野那智大社に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

樹木茂る中をバスで走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

熊野那智大社・青岸渡寺に向かいます。

表参道に到着です。

これから長い長い階段を登ります・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

1段・2段・3段・4段と。

最初の方はお店とかが有るので、手すりはありません。

クリックすると元のサイズで表示します

階段は苔が生えているし、雨が降って居たので滑るし、最近は足腰が弱っているので、階段を踏み外さない様に、一歩一歩確認して登って行きます。

手すりの有る所は手すりを伝って。

昇って来たところを振り返っても、先を見るとまだまだうんざりする程の階段は続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

気が遠くなります・・・・

すると滝の音がしてきました。

右の方を見て見ると、那智の滝が見えてきました♪

凄い水の音です。

クリックすると元のサイズで表示します

下のお茶さんでは杖を貸し出していました。

借りてくれば良かったかしら?

クリックすると元のサイズで表示します

もう少しです♪

頑張れ自分!

クリックすると元のサイズで表示します

昇って来たところを振り返って見たら、こんなに高く昇って来たのです。

クリックすると元のサイズで表示します

え〜〜〜〜まだこんなにあるの!

クリックすると元のサイズで表示します

青や赤の旗が立っているので、もう少しで到着なのでしょう♪

脚ががくがくしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

遂に到着しました♪

那智山青岸渡寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

本堂は742u棟高18m入母屋造り東南向、推古時代より6回改築し、大正18年豊臣秀吉の願いにより、桃山時代建築とし、南紀最古で重文指定、大正13年修理する。

堂内の鰐口(鈴・がらがらする)は秀吉の願文を刻み重量450kg、直径1.4m。

お参りをしょうとして、綱を引こうとしましたがビクともしなくて、お坊さんにやり方を教えて貰いましたが駄目でした・・・

お坊さんと一緒にやってもダメでした。

ビクともしません。

クリックすると元のサイズで表示します

此処から、那智の滝が見えたのです♪

直ぐにデジカメで写した途端に、見えなくなってしまいました・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら那智の滝は見えなくなってしまいましたが、三重の塔が見えるので、写して貰いました♪

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ