2017/3/6

熊野速玉大社(3/6)  ■国内旅行記(関西方面)

今回の旅行で二番目に楽な処だそうです。

階段が三段

クリックすると元のサイズで表示します

と言う事は、もっと楽に見学が出来る所も有るんですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

境内にそびえる樹齢千年の梛の大樹(葉脈が無い葉)は熊野権現の象徴として、信仰篤く、古来から道中安全を祈り、この葉を懐中に納めてお参りすることが習わしとされています。

クリックすると元のサイズで表示します

熊野詣とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の三社と那智山青岸渡寺を総称した「熊野三山」を参詣することです。

クリックすると元のサイズで表示します

厳しい道を乗り越えて参詣すれば、そこに極楽浄土があると信じて目指した熊野にあったのは、強い力を秘めた自然でした。

人々はそこに神々が宿ると信じ、滝を仰ぎ、岩を拝んだのです。

クリックすると元のサイズで表示します

今から約1000年程昔、宇多法皇の御代により、上皇たちは競って「熊野御幸」を行う様になりました。

それ以降熊野信仰は武士階級、庶民へと広まり、江戸時代には「蟻の熊野詣」と言われるほど人気を高めたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

雨がパラパラ降っているので、これからの参詣が心配です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

世界遺産

熊野速玉大社

クリックすると元のサイズで表示します

夫が持って居るのは、ご神木の前で売っていた「熊野詣で餅」です。

これを買うと御神木が頂けたのです♪

クリックすると元のサイズで表示します

観光客は私達のグループだけの様ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ドンドンバスは山を登って行きます。

見晴らしが良いですね(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ恐怖の470段の熊野那智大社に向かいます・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

熊野速玉大社から熊野那智大社まではバスで45分。






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ