2006/2/2

●お太鼓柄の簡単帯結び  ★簡単帯結び♪

★もう一度丁寧に説明を加えました。
分からない所が有れば、コメントに書いてくださいね。


私は最近は殆どこの「簡単帯結び」で結んでいます♪
とても簡単で、帯山も自分の目で確かめて作る事が出来るので、美しく仕上がります。
是非試して見てください。
ご感想をお待ちしております。

「この帯結び」は、「普通に結ぶ帯結び」と見た目は同じですが、違う所は。

★前帯は一重巻きに成ります。(前帯が長い場合は、折り返したときに前に少し掛かる場合もあります)
★手先は縫い目が脇ではなくて、輪が脇に来ます。
★利点と私が思うのは、前が一重巻きなので、苦しくなく、手先が二重なので、お太鼓をしっかり止める事が出来ると言う事です。


1クリックすると元のサイズで表示します

1.お太鼓柄が兆度出る位置に、三角を作ります。
 三角の底辺の真中を「コクヨのクリ31」のクリップで留めます。

  クリックすると元のサイズで表示します

 手先は右側に伸ばしておきます。
 (コクヨのクリ31のクリップは大型文房具店で100円で購入可能です

2クリックすると元のサイズで表示します

2.前に柄を出したいので、柄の中心から親指と人差し指を広げて、2つ半を計ります。
(前中心から後中心までの長さが兆度2つ半)

3クリックすると元のサイズで表示します

3.計って余った分を、ダーツ(タック)を取り、クリップでもう一度一緒に留めなおします。
(ボールペンの位置が輪になっています。)

4クリックすると元のサイズで表示します

4.垂れをお太鼓に掛けます。
 きちんと出したい柄が出ているか確かめます。

5クリックすると元のサイズで表示します

5.膝の上で裏返して、画像の位置に二股の大きな洗濯挟みで、3ヵ所をお太鼓の部分と一緒に留めます。
 此れでお太鼓と前帯が、直角に固定されます。

6クリックすると元のサイズで表示します

6.この状態で、お太鼓を背中に乗せます。
 お太鼓はクリップが台になり、ずれる事も有りません。
 お太鼓のガーゼ―を胸の上で仮に締めて、帯揚げも仮に締めます。
 (慣れてくると、この時にガーゼ―も帯揚げもキチット締めても良いです。
 私はそうしています。)
 ここで洗濯バサミを◎必ず外しておきます。

7クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

7.手先を胴に巻いて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
 
二巻き目を巻くと柄が隠れてしまうので、一巻き巻いて、二巻き目で柄の中心より、3cm先を内側に折り返して、今巻いた所を巻き戻して、もう一度巻き直します。
(3cm先とはお太鼓の両端から、手先が1.5cmづつ見える分です)

クリックすると元のサイズで表示します

折り返して、巻き戻している所です。

8クリックすると元のサイズで表示します

8 もう一度最初から巻いていきます。
 左手で三角の頂点のクボミの所に指を引っ掛けて、帯をしっかり締めます。

9クリックすると元のサイズで表示します

9 ここでこの部分(背中心)を、帯金具(着物クリップでも可能です)で留めると安心です。
(画像の下の金具です。)

10クリックすると元のサイズで表示します

10 前柄から3cm出たところ(折り返して輪になっている部分)をクリップで仮に留めておきます。(右手の部分)

11クリックすると元のサイズで表示します

11.後は仮紐で普通にお太鼓を作って、前で仮止めしてある手先を戻して、帯締めを締めて、仮紐を外して、帯揚げを結んで出来あがりです。

文章で書くと長いですが、本当に簡単です。

朝早くにお出かけの時には、背中に付けるまでを、前の夜に作っておけば楽チンです♪
帯が痛むとお思いでしたら、クリップの内側に帯芯をボンドで貼ると安心です。

★ちょっとしたコツ
・お太鼓を締めるときに、上の方に持ち上げて、両肘を脇につけてぐぐぐっと下に下ろす様にすると、お太鼓の両脇に丸みが出て、綺麗なお太鼓の山が出来ます。
・お太鼓のガーゼ―は帯板の上で結んで(緩いと言う事)結び目を、帯板の真中よりも下まで入れる。(前から見ると、ガーゼ―の紐は緩いVの字に成っている。
お太鼓は、折り上げた所に手先がキチット合うようにすると、型崩れを防ぎます。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



2017/2/14  22:02

投稿者:中ざくら

まるぞうさん♪

初めまして。

簡単帯結びがお役に立てて、良かったです。

人に結ぶ時には、普通の帯結びをしますが、私は、全てに簡単帯結びで結んでいます。

クリップだけで、結べるので、とても重宝しています。

回数をこなして、楽に結べるように成って下さいね♪


2017/2/12  1:52

投稿者:まるぞう

はじめまして!
かなり前の記事ですのに、コメント失礼致します。
名古屋帯を簡単に結びたくてこちらのページに辿り着きました!!
早速試してみたところ、なんて簡単なんでしょう…
もっと早くから知っていたかったです!!
もう少し練習して綺麗に結べるよう頑張ります!!
永久保存版ですね(*^^*)
こんなに簡単な帯結びをありがとうございます!

2016/9/1  23:04

投稿者:中ざくら

智美さん♪初めまして。

簡単帯結びお役に立てて良かったです。

角出しは、前で結んで、後ろに回して、仕上げます。
半幅と同じです。
私は、余り角だしは結ばないので、今のところは、アップの予定はないのですよ。
ごめんなさいね。

2016/9/1  21:15

投稿者:智美

このやり方で着物初心者のわたしにも結べました!ありがとうございます!ちなみにもしよかったら角出しのやりかたも教えていただけませんか?よろしくお願いします!

2016/9/1  21:14

投稿者:智美

このやり方で着物初心者のわたしにも結べました!ありがとうございます!ちなみにもしよかったら角出しのやりかたも教えていただけませんか?よろしくお願いします!

2010/11/13  22:55

投稿者:中ざくら

清水のりさん♪

着物で美術館にお出掛け、良かったですね♪
街の中でのウインドは鏡になって、自分の姿を見て、姿勢や着崩れを直すのには、持って来いです。

姿勢が良ければ、若々しく見えるので、私も良く見て確認します。

2010/11/13  21:32

投稿者:清水のりさん

色々教えていただきありがとうございました 本日はなんとか着つけて美術館に出かけてきました
ガラスがすべて鏡状態(笑)でしたが・・・・
これから回数を重ねていきたいと思っています

また、よろしくお願い致します

2010/11/12  23:00

投稿者:中ざくら

清水のりさん♪

>お太鼓下部の両端の、入れ込んだ手先との境目の部分

お太鼓下部の両端の方を、中を通す手先よりも、ほんのわずか長くしてみてください。
仮紐の色は、着物に合わせて方が、目立ち難いと思います。

2010/11/12  15:59

投稿者:清水のりさん

アドバイスありがとうございました 頑張りますね

仮紐を帯に隠してしまうのはとてもいい案です ただ、お太鼓下部の両端の、入れ込んだ手先との境目の部分にかかる仮紐を隠すのが私の課題です 紐の色も考えないと・・ですね

2010/11/11  21:21

投稿者:中ざくら

清水のりさん♪

初めまして♪
簡単帯結びがお役に立てて嬉しいです。
帯枕のガーゼは(http://www.kanshin.jp/kimono/index.php3?mode=keyword&id=299417)をお薦めいたします。
しっかり締まって、帯山も美しく出来ると思います。

>帯を背中心にしっかり固定すること

鏡を見て、左右しっかりと水平になるように、練習してみてください。

>お太鼓を仮紐を使って作る時のこつはありますか? 

仮紐は外さないで、そのまま帯の中に隠してしまって下さい。
その後指で、帯の仮紐に寄って出来た皺は、綺麗に伸ばしておいてください。

着付けは、慣れと、外に着て行く事で、進歩して行きますので、是非、着物でお出掛けしてください。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ