2013/2/25

【切らずに治す】腋臭治療の数々  

夏になると腋のにおいって気になるよね。手術するのも怖いし痕が残るともっと嫌だ。腋がにおわなければいいんだけど、腋を切らないで手術をする方法ってないのかな?しかも短時間でできたら最高だよね。


“切開”は不必要

暑い時期がくると、どうしても気になってしまうのがにおいです。特に『腋の臭い』は大きな悩みの原因です。
汗をかくと臭いがきつくなって、ますます気になってしまうのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

腋臭を治療するには腋を切開して手術をする方法がありますが、正直『手術で切るという事への不安』や、『術後の経過』『他の部分への副作用』も気になります。
怖くてなかなか踏み込めないという事もあります。

しかし、『手術=切開』ではありません。最近では“切開”をしないで行なえる手術がありますので、安心して手術を受けられるでしょう。
特殊な機械で行なうため、手術痕も小さく、他の部分に影響しない低リスクなものがあります。

また、手術をしなくても、薬で治すことや事前に腋臭になりにくい体質を作る事で腋の臭いを無くする事ができます。

腋臭の手術を切開する事無く行なうことができるのです。

腋臭を知ってから治す

腋臭の手術にはどんなものがあるのか気になりますが、なんで腋臭になるのかという事も気になります。
手術を受ける前に腋臭を知っておくなら治療方法や対策に役立つでしょう。

腋臭は『アポクリン腺※から分泌される汗が原因とされています。その汗が脂肪分やエクリン腺※から分泌された汗と混ざり、常在細菌により分解され、腋臭臭が生成される。』と定義されています。
※アポクリン腺やエクリン腺は汗を出す穴(汗腺)の名称です。
wikipediaから引用

また、腋臭の原因の一つとして言われているのがストレスです。ストレスにより男性ホルモンが分泌され皮脂の分泌を増加させてしまいます。それにより臭いがきつくなるともいわれています。
ストレスが腋臭を引き起こす事もあります。
ストレスが腋臭にするメカニズムについてはこちらにも掲載されています。
http://wakigadekomatta.com/wakiga/stress_and_smell.html


ですから、『臭いの原因をつくっている汗腺の治療をしたり、くさい汗を出しにくい体質にするのであれば、腋臭は改善できる。』という事になります。


切開しない治療法

特殊な機械を用いたもの

腋臭手術には、様々な器具を用いた手術があります。それにはメッリともあればデメリットもあります。よく知って自分にあった手術を受けられると良いでしょう。

吸引機
 脂肪などを吸う吸引機で行なう手術は吸引法と呼ばれています。これは腋に数ミリ程度の穴をあけて細い管をさしこみアポクリン腺を吸収し除去する手術方法です。皮膚への負担や傷跡が小さく、手術後の回復が早く、入院の必要がないというメリットがあります。しかし、アポクリン腺を完全に除去できないというデメリットがあります。

電磁波
 ミラドライと呼ばれる療法です。電磁波の持つ水分発熱作用を用いてアポクリン腺やエクリン腺にダメージを与えます。電磁波なので熱いイメージがありますが、皮膚の表面は冷却しながら行なうので傷はありません。また体への負担が少なく感染症の心配がないというメリットがあります。効果も半永久的に続くという特徴もあります。
治療費が高額というデメリットがあります。

マイクロレーザー
 マイクロレーザー法と呼ばれる手術、は腋臭の原因となるアポクリン腺やエクリン線を直接レーザーで除去する方法です。直径1mmくらいのレーザーを皮下に挿入して直接焼き払うため、傷跡が残らないという利点があります。また手術自体も短時間で終わるというメリットもあります。
効果はありますがあまり高くないというデメリットがあります。

超音波
 超音波法は文字通り超音波を使用した手術法です。腋に超音波を発生させる装置をさしこみ、直接汗腺を破壊させるため、傷跡が小さい事や短時間で手術が終わるというメリットがあります。しかし長時間照射すると水ぶくれを起こす可能性があります。

薬で治す

ボトックス注射
 ボトックス注射に使用される成分(ボツリヌス菌から抽出した毒素)は汗を司る神経に作用し汗の分泌を防ぐ事ができます。汗の分泌を抑えるため間接的ににおいを抑える事ができます。注射をするだけなので傷跡は全く残らないというメリットがあります。ただし、半年〜1年しか効果がないため、再度注射する必要があります。費用も高額というデメリットもあります。


においを出さない体作り

汗腺を鍛える
汗がにおいの原因となっているのに、なんで汗腺を鍛えるの?と思われるかもしれませんが、汗腺機能が低下してしまうと汗に老廃物が溜まり、ますますにおいはきつくなってしまいます。この嫌なにおいを出す汗は『悪い汗』と呼ばれています。
『悪い汗』を出さないためには、汗腺を鍛える『汗腺トレーニング』をすると良いでしょう。これによって出てくる汗はサラサラしていて老廃物も少なく『良い汗』と呼ばれます。この良い汗をかける体作りをするなら、におい対策をする事ができます。
良い汗をかくための汗腺トレーニングの種類はいろいろありますが、例えば、『エアコンを使い過ぎない』という方法があります。エアコンで体温調整をしていると汗腺機能が低下します。汗腺機能が低下すると悪い汗になってしまうので、汗腺機能の低下を防ぐためにエアコンを使わないようにすると良いでしょう。
自然の暑さで汗をかくようにすると良いでしょう。 
また、『食べ物』でも汗腺トレーニングをすることができます。冷たいものは汗腺の働きを悪くしてしまいます。温かいものや発汗作用のあるものを食べた時に汗が出てきたことはないでしょうか。体温を上昇させ良い汗をかけるようにしましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

ほんの一例でしたが、汗をかきやすい状態をつくれれば、汗腺トレーニングになります。
http://wakigadekomatta.com/topic/good-sweat-grouping.htmlには汗腺トレーニングの種類が掲載されています。色々試されて自分に最善の汗腺トレーニングをされると良いでしょう。



不安なく腋臭の治療ができる

腋臭の治療法はたくさんあります。
特殊な機械によって行なう副作用がない安全な手術もありますし、においのもとを作らないための体にする事によって腋臭を治すこともできます。
それぞれ特有の特徴がありますので、メリットとデメリットを検討された上で選択されると良いでしょう。
そして、手術を受けられる前には、診察を受ける事が大切です。もしかしたら腋臭ではないかも知れませんし、医師から自分に見合った手術方法をすすめてもらえるかもしれません。

腋臭の手術と聞くと不安になるかも知れませんが、最近の治療方法は切開せずに行なうので安心して治す事ができます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ