2012/11/26

(無題)  生活

日本の経済は無理でも、自分の経済問題なら解決できると今さら思った私
ストレスを溜めずに節約を成功させる方法など、色々と勉強していたら、
ふと学生時代の友人のことが頭に浮かびました。
真冬でもストーブをつけずに生活していた彼女
クリックすると元のサイズで表示します
一体どうやって暖をとっていたのかというと…



消費税アップ、年金問題、企業崩壊…。
どんどん日本の経済は苦しくなってますね
ニュースや新聞を毎日隅々まで読むタイプではないけれど、
流石に超マイペースな私でも危機感を感じてきました。
いくらなんでも遅すぎだろ!と呆れないでくださいね。^^;

基本的に「私にはどうしようもない問題だから」という現実主義なんで。
経済問題に対する理解力がないわけじゃないんです。
スルーしてただけです。
ホントです

言い訳はさておき、日本の経済は私1人の力ではどうにもならないので、
せめて自分の経済問題から解決していこうかなと思っています。

というと何だか大げさですが、ようは無駄遣いをやめて貯金に励もうということです。
CM風に言うと「収支をバランスよく」ですね。

とにかく将来のためにも、今からちゃんと節約生活していこうと考えております。
その証拠に、現在こんなページを見て勉強中です
ストレスなく節約する方法がわかるページです。

節約はストレスを感じると長続きしないそうですね。確かに、納得。
お金に関してはどうにも堪え性がない私なので、我慢ではなく「運用している」という考え方をしよう!
てな発想には、ちょっと目からウロコでした

話は変わりますが、お金の話をしていたらスゴイ友人のことを思い出しました。
学生時代の友人で、当時学生会館に住んでいたコなんですが、
なんと暖房費を節約するために真冬でもストーブをつけずに過ごしていたのです。
(しんしんと雪が降っていた日に告白されました)

「暑がりなの?どうやって暖とってるの!?」と聞いたら、
室内でもコートとマフラーを着用して重装備、とのことでした。
スゴすぎ
暖房つけっぱなしで昼寝、という生活が当たり前のようになっていた自分が恥ずかしくなったのを覚えています
クリックすると元のサイズで表示します
しかし母に言ったら、「…偉いけど、それで風邪引いて病院代かかったら何にもならないね」と返されました。

うう〜〜〜ん

さすがは人生の先輩。ごもっともです。
そこまで無理するつもりはないけれど、とにかく節約頑張ろうと思います
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ