2013/4/8

お久しぶりね  


ありさの親父が首を長〜くしてブログの行進を、

じゃなく更新を待っているようですので

またまた久しぶりに更新を(笑)

週末は久光製薬杯ジュニアバレーボール大会に

出場しておりました。

クリックすると元のサイズで表示します


新6年生の二人もですが、新3,4年生の四人も

頼もしくなってきました。

しかし、まだチームとしてのつながりが

まだですかね・・・。

下級生は自分の事で精一杯だし、上級生は

みんなをプレーで引っ張っていこうという意識が

まだ少ないかな。

二人でバレーが出来るわけではないがまずは二人が

ガムシャラに頑張らなければ。

カットにしても「どいて!」といって自ら取りに

行くくらいの気持ちが欲しいよね。

逆に自分のボールを下級生に手を出されているうちは

まだ君ら二人のチームとは云えない。


君ら二人の播磨ジュニアにしてほしいのよ。

頑張れぇ〜!!

1

2013/2/5

これまでの活動  バレーネタ

新年を迎えてからの2回目の更新です。

見ていただいている少数のみなさん

どうもすみませんねぇ。

いつもご訪問ありがとうございます。




【東播交流大会 2月3日(日)】



クリックすると元のサイズで表示します



この東播交流大会をもって東播小連の大会は終了します。

昨年度は優勝、一昨年は準優勝、三年前は3位と最後の大会

を飾ってきた播磨ジュニアですが、今年は6年生もいないので

肩の力もそう入らずに参戦してきました(笑)


1試合目:対 黒田庄  6対21 7対21で負け。

2試合目:対 大部   7対21 4対21で負け。


黒田庄さんとはチーム構成も似たり寄ったりですが

レベルの差は得点が示すとおりです。

うちの子達も練習ではそこそこ積極的な動きも

見えるようになってきてはいますがやはり試合となると、

できることが出来なくなってしまう。

このあたりに体格や筋力以上に学年差を感じてしまいます。



1試合目の黒田庄戦を終え、当監督からダメだしをもらい

迎えた2試合目、得点こそ7点と4点ではあったが

ボールを落とさない、つなぐ!と云う事が出来たように

思います。どうやって得点を取ったのか?ではなく

どうやって失点をしたのか?ここを重要視したい。

サーブか打たれてボールが地面に落ちるまでの過程を

評価したいと思います。

亀の歩(あゆみ)よりゆっくりな進歩ですが、

確実に前に進んでいる!!

・・・・と思う(汗)



【練習試合 1月20日】 



クリックすると元のサイズで表示します


数か月ぶりに練習試合をおこないました。

チームの力量の違いなど関係無しにいつの年代でも

交流をしてくれる2チームさんです。

今年は秋の近畿大会にも出場をされたチームさんと

うちのチビちゃんチームでは本当に練習にならなかった事と

思いますがそれを承知で交流をしてくれる。

ありがたい事です。

心を許し合える指導者さん達なのでチームの悪い面も

さらけ出して練習試合もできます。

そしてなにより指導者のみなさんはどの年も指導に

一本芯が通っておられるのでいつも安心感があります。

うちの監督もそうですが、ここは妥協できない!!みたいな。

それがチームの色になっていくのでしょうね。

また新年度になったらお会いしましょね♪


【東播小学生交流大会 1月13日(日)】


クリックすると元のサイズで表示します



西脇市近隣で開催された第4回東播小学生交流大会に

出場しました。東播地区内において連盟への加盟の

有無にこだわらず小学生のバレーボールチームであれば、

参加が可能で連盟チームとの交流をもっていただこうと

東播小連が主催されています。今年も70チーム近くが

参加されてました。



はや4回目になるのですね。

子ども達の交流もしかりですが、指導者、保護者さんの

交流も夜の懇親会という場所の設定もあり、

私的には楽しみな大会のひとつでございます。

今年は残念ながら夜に所用があり懇親会には

出席できませんでした。(残念)



噂によると来年のこの大会は播磨町でおこなうとか

おこなわないとか・・・(大汗)



確かに連盟チーム以外を見ると加古川市、明石市の

ゴムバレーチームが大半であり懇親会も考えると

真ん中の播磨町が適任なのでしょう。



会場はなんとかなるとして、懇親会の場所が・・・・。

こりゃ大変だわ・・・(大汗)

=====================

この大会のもう一つの特徴として、東播地区

出身者(OB)の全国規模の活躍をされた方々を

東播小連が表彰をおこなうという式典が開会式の中であります。

現役の子ども達にとっては励みにもなり又目指すべき目標にも

なりますね。

出身チーム名と年齢を聞いて

「ああ・・あの年代の時の子どもか!」と思いだす事もあります。

その今年度の表彰対象にJOC全国大会ベストセッター選手に

選ばれた功績を評価して頂き現在中3の播磨ジュニアのOGを

選考して頂きました。嬉しいかぎりです。

東播小連の皆様、ありがとうございます。

偉大な先輩を見習って頑張っていこうな!!

現役の子達よ!!



試合結果は連盟チームの氷丘Bさん、日野さん、市場さん

そして明石市のゴムバレーチームの和坂さんと対戦を

させてもらい、氷丘Bさんには勝利するもあとの3試合は

いつものごとく・・・でした。

0

2013/1/7

OB会(親睦の大会と懇親会)  

毎年、新年が明けた1月のこの頃に

中学生のOBとその保護者さんを対象に開催しています。


クリックすると元のサイズで表示します


まず、大会は現役チーム、現役保護者さんチーム、

OBチーム、OB保護者さんチームの4チームの総当り

で対戦しました。

好プレー、珍プレー続出で盛り上がりました。


↓の画像は表彰式で、賞品を受けとるOBチームですが

クリックすると元のサイズで表示します


優勝はOB保護者さんチームでした。


中学生のOBは、手を抜いてくれたのか?

はたまた力が落ちたのか?

手を抜いてくれた事にしておきましょう(笑)




場所を体育館から「木や」に移して宴会。

本当なら4月より中学生に進級するメンバーと

その保護者さんも出席するのが慣わしなのですが、

今年度はその対象者がいない。

店を貸し切りする年もあるのですが、

今回は座敷席のみで対応できました。



12月におこなわれたJOCジュニアオリンピックカップ

全国都道府県対抗中学バレーボール大会

に出場したOGの功績も監督よりみんなに報告が

ありました。(みんな知っているけどね)

ほんと、播磨ジュニアの現役の子達の励みになりますわ。

ベストセッター賞に選ばれる先輩がいるなんてね。

全国のバレーをしている中学生の中でただ一人に与えられる賞。

マオ!おめでとう。

厳しい練習を頑張ってきたのでしょう。

高校にいっても、素晴らしいプレイヤーになってください。


播磨ジュニアみんなで応援しています。

さっ!先輩に負けていられないで!後輩たちよ!

正月気分もこれで終わりにしてまた、力を合わせて

頑張っていきましょう!!!






0

2012/12/24

第5回シリウスカップ  

平成24年12月22日

社ジュニアさんが主催されている大会に

今年も参加させていただきました。

関係者の皆様ありがとうございました。

80チームを越える大会ご準備も大変で

あったろうと思います。

1チーム10名としても800名の選手がおります。

開会式で加東市長がご挨拶で開会式が始まるまでの

数十分間静かに整列して待っている子ども達を

褒めてくれました。

「もっとワイワイガヤガヤするものと思っていたが」

「指導者のみなさんのご指導が行き渡っているのでしょう。」

「びっくりしました。」とおっしゃられてました。


いえいえ・・・こども達が賢いですよ(笑)

ザワザワペチャクチャしてるのは大人達だけ。

私も含めですが。(大汗)


そんな開会式に今年もサンタさんがやってきて

選手全員にお菓子をプレゼントしてくれました。

12名もいないハリジュニなのでちゃっかり余りの

お菓子の一つを私もいただきました(爆)

主催者さんの心遣い感謝です。


会場に移動し、自チームの試合がはじまるまで

ぼぉーーーーっと椅子にすわって他チームさんの

プレーを見ていると知り合いの監督さんより

えらい余裕ですねぇ〜♪と。

今年は相手がどんなプレーをするのかとか

攻略するには?とか、そんな事を考える以前のレベル

ですので、自チームの子達が練習している事が

試合で少しでもできるのかを気にするくらいで

試合前の緊張感もございません(笑)

それに今大会の相手さんはというと

夏の近畿予選東播大会で一桁得点で負けた

東播のチームさんに但馬地区と丹有地区の

代表として県大会出場をされているチームさん。

指導者たるもの子どもを信じて!勝利を信じて!

立ち向かわなければならないが・・・・。

番狂わせが起こりにくいバレーです。

ラッキーヒットというものが少ないバレーです。

力差はそのまま勝敗に結び付くバレーですので

ぼぉーーーーっとする気持ちもわかりまっしゃろ(汗)


得点、失点にて今の成長を図る事もできるが

どうやって得点をとったのか?

どうやって失点をしたのか?

そこが大事。



打ちこまれるスパイクに、ほんの20cm手が届かず

床に落ちる。

理屈かもしれないがその20cmはもう一歩脚を使って

前に突っ込めば上がる。

理屈でも、子ども達にはボールが

自分の方に飛んできてくれない事。

自分の足で向かっていく事。

いま気づかさなければ・・・。

練習で誰がとるボールかを再三指導しているが

ゲームになると、他人にまかせてしまう。

判断ができないのか?ミスを恐れているのか?

監督もミーティングで良く言っているが

積極的なミスは今の時期はどんどんすればいい。

メリークリスマス♪


結果

対 比延 0−2
対 小坂チェリーズ 0−2
対 チェリーズ   0−2




0

2012/12/24

新宮招待大会  

平成24年12月16日


5年生以下の新人大会に招待いただきました。

関係者の皆様大変お世話になりました。

これまで6年生チームさんに良いように

やられてきた我がチームですが

この新人戦大会では少しは試合らしい

戦いができる事を職場より祈っておりました。

結果は予選2敗で3位リーグのトーナメントに

まわったようです。

保護者さんからのリアルタイム報告メールの

最後に・・・

「アリサの初ブロック、成功しました(^o^)/ 」


ブ、ブ、ブロック????

140cmにも満たないうちのライトエースですので

ブロックなんて飛ばした事もありませんが

相手のエースさんが鋭角に打ちこんでくるので

うちのレシーブ体系では拾う事もできず

それならば!!!と

急造的にこの試合限定で飛ばさせたようです。

身長の割にはジャンプ力はありますので何とか

手首はネットからでますのでブロックをしたというか

ブロックに当ててくれたというのが正解なの

でしょうけれど、アリサさん満足した顔を見せて

いたそうです。

そうやって負け試合であっても何かしらの

自信を付けていけばええねん♪




1

2012/12/2

長なわとび大会に参戦  

昨日の土曜日、播磨町でおこなわれた

播磨町長なわとび大会に出場しました。

部員不足の現在バレーボールをしてくれる仲間を

募集する一環として町内の小学生が多数参加してくる

この長なわとび大会に参加して播磨ジュニアバレーの

存在を知っていただく機会にしよう!

との思いから参加することにしました。

しかし、5年生以上(一般の部)と4年生以下の部の2部門

とも5名以上で飛ばなければならず、部員7名では

どちらの部にも定員に達しないことからお友達の

力を借りて参加できました。

2年生のリオナちゃん、カナエちゃん、メイちゃん

ありがとうね♪

クリックすると元のサイズで表示します


5年生のアイカちゃん、リナちゃん、アオイちゃん

ありがとうね♪


クリックすると元のサイズで表示します




火曜日、木曜日のバレーの練習時の最初の10分と

最後の10分を利用して4日間ほど長なわの練習をしました。

その間の時間は、せっかく来てくれていますので

助っ人のみなさんにもバレーの練習に体験参加

してもらいました。本当の狙いはこっちにあったりして(苦笑)

助っ人のみなさんは背が高かったり、運動神経も良かったりと

長なわ大会の助っ人で終わらずにできることならこのまま

播磨ジュニアで一緒にバレーをしてくれれば嬉しいなぁ〜。



練習を見ていただいて体験してもらってそして

それでもクラブ入部はちょっと・・・といわれれば

しかたのない事です。

しかし存在を知らない人には播磨ジュニアを知ってもらいたい。

播磨ジュニアはバレー技術の向上にも当然力をいれていますが

それだけではなく体力の向上も目的に活動しています。

播磨ジュニアで活動をすれば、体力もつき、徒競争やマラソンも

早くなり、引き締まった体(ダイエット効果)にもなるのだけど

ジュニアの存在を知らない方も沢山おられるのでそのあたりを

アピールできればと思います。



夜のテレビをみている時に練習(運動)をしている。

土日のお友達が遊んでいるときに練習(運動)をしている。

体力で負けるわけはない。負けたらだめだ・・・。

そんな気持ちが言葉にはださなかったが思っていた。




クリックすると元のサイズで表示します




長なわとび大会のルール。

各チーム2回チャレンジして、

飛んだ回数×飛んだ人数でポイントが決まります。

5年生達は1回目:78回で終わり、100回は跳べる力が

あったのでありゃりゃ・・・となったが

2回目の回数に賭けるしかなくなったが

なんと、452回も飛んだ。

会場からは拍手がわき上がりました。

うれしかったねぇ・・・・みんな抱き合って喜んだよ。

子ども達もヘロヘロになりながらもハイタッチして

嬉しそうな顔をしていた。

久しぶりに一体感になった気がした。

そしてなんとか3位入賞に入る事ができました。

1回目にもう少し飛んでいたら優勝もあった僅差でした。

これは、回し手のアイリパパのせいしておきましょう(笑)



1回目124回を飛んだ播磨ジュニア低学年チームは

1回目が終了した時点で4位でした。

残す1回で5年生達と同じようにがんばって表彰状を

貰おうねと話し臨み174回飛びました。

練習では出た事がなかった150回以上の回数が

最後にでました。こちらも2位入賞です。

1位は4年生チームで学校で練習を積んでいる

チームでしたので1位ポイントにはとどきませんでしたが

よくがんばりました。

みんなが小学校の体操着のところバレーのユニフォームで

アピールした甲斐がありますわ。がんばれば成果は出る。



バレーもこのように目指す所に向かってがんばればまた

抱き合って喜ぶ事ができるよ。きっと!!


クリックすると元のサイズで表示します






助っ人のみんな、ほんとうにありがとう!!

また、ジュニアに遊びに来てね。

できれば一緒にバレーがしたいなぁ(笑)


2

2012/11/29

播磨ジュニアのホームページ  

9月よりプロバイダーの変更により以前のホームページが

消滅してから3ヶ月経ちましたが、ひそかに2日前より

新たなホームページを作成しなおしています。


年明けくらいに気合を入れて業者が作成したような

HPにしようと考えていましたが早急にホームページを

作成せねばならない状況になりましたので急きょ少々手抜き

なホームページになりましたがアップしています。

まだまだ検索エンジンにもヤホーにも登録申請していませんので

世間一般には目にとまらないと思います。

このブログを見ていただいている方だけに先行公開という事で(笑)


http://www.eonet.ne.jp/~harimajr/


まだ未作成な部分もありますが、時々播磨ジュニアは

「どんなんかなぁ〜?」と訪問いただければ幸いでございます。

また、訪問カウントのUPがテラさんの更新意欲に反映されますので

宜しく♪(笑)
0

2012/11/28

インターネット杯  



11月24日、25日の2日間でおこなわれました。

今年もペットボトルキャップを集めましたよ。

播磨ジュニアも保護者さん達が1年間集めていてくれましたので

90ℓのビニール袋が一杯・・・は云い過ぎですが3分の2は

集まりました。800個でワクチン1本に代わるそうです。

一人の力はしれていますが、それがチームになれば、

1チームの力だけでもまだまだですが、

36チームの力が集まればこのとおり・・・。




クリックすると元のサイズで表示します





「ポイ!」っと捨てる小さなキャップがどこかの国の

人達の役にたつと思えば家の勝手口の扉にビニールをぶら下げて

集めた甲斐があるというものですわ。



さて、試合ですが

うちの課題は、沢山、たくさん、たくさ〜んあるが

一番にあげられるのがレセプション。

2年生の3人はまずカットが上がらない。

というか一人についてはボールから逃げろ!と教えている(汗)

逃げるのはだいぶん上手くなったが後ろに逃げるので

アウトボールに当たる。

だから現在、横に身体をひねり逃げる練習中です(大汗)

ということで、3人が主にサーブカットをするが

小さい3人なのでボールが正面に来ることはまずないので

移動しながらのカットとなる。

精度はまだまだ悪いですね。

最近は相手1番サーバーがダブルまでは

失点を重ねるパターンがほとんどです。

だからちょっと良い1番サーバーがいるチームにはバレーを

させてもらえずあっけなく終了する。



この大会もそんなパターンで負けました。

なんとか相手コートに返しても、チャンスボールなので

男子チームさんの力強いスパイクが打ちこまれて終わりです。

江南男子さんにとっては良いウオーミングアップに

なったことでしょう(苦笑)



でもいいんです。(と、自分に言い聞かす・・・)

レセプションについては経験とこれからの練習で精度も

あがってくることでしょう。1,2,3のバレーができる事も

大事だとは思いますが、それよりも今は個人のスキルアップを

大事にしていきたい。個人の成長を喜びとして、糧として

しばらくは大会に参加したいと思います。



この大会での収穫は、2年生セッターのココミがネット際に帰ってくる

レシーブボールをオーバーで自コートに呼び返す事がちょこちょこできる

ようになってきた事。今までならすぐにアンダーでネット下に落ちる

ボールを対応しようとしていたが(それも大事な動きであるが)

播磨ジュニアバレーの生命線であるトスワーク(ジャンプトス)を

する上での初めの第一歩が出来出した事に嬉しく思います。

それと2年生のシオリが、レセプションで逃げる練習をしている

シオリが(笑)20点の攻防の場面において3連続でサーブが

入った事。そしてそのセットを22対20で獲った事。

うれしかったねぇ〜。



と、いうことで2,3年生はまだまだできない事だらけですが、

身についてきている事はプレーにおいても出来だしてきた。

逆に5年生は練習で出来ている事が残念ながら試合に出ない事が

多々ある。出来ないプレーは指導陣が一番わかっている。と同時に

今の5年生二人なら出来るプレーも指導陣が一番わかっています。

出来る力は付いているのにそれが発揮できない。

くやしいですね。本人が一番悔しがってくれていたら

よいのですが・・・。

プレー以外では二人の5年生はよく下級生を引っ張ってくれていると

思います。プレーでも下級生を引っ張って行ってくれる事を

願うばかりです。君ら二人ならきっとできるよ。

先輩達もみんな同じ道を歩んできてます。

がんばれ!5年生!



インターネット杯は

フェニックスの部にまわり未勝利で終わりました。

でもきっと播磨ジュニアの成長の糧になった事と思います。

実行委員会の皆様大変お世話になりました。


追伸:
アトム杯の優勝は龍野男子。

準優勝は大阪府の茨木郡さんだったようです。

近畿大会での活躍につなげてくださいね♪







0

2012/11/5

ビスラカップ  

平成24年11月4,5日

今年もビスラカップにご招待いただきました。

関係者の皆様2日間お世話になりました。

今年も100チーム近くの参加でしたね。

大会冊子を眺めても見ごたえがあります。

この冊子を1つ持っていたら兵庫の女子チーム

のことは大体わかる(笑)



どれどれうちのチームはと・・・・・

1度目スラッと流し読みして見つからなかった。

2度目、東播地区がこのあたり集まっているから

とこの辺かな?と見直す。

「ない・・・」

ありゃりゃ・・・

3度目、地区がまちがっているのかと最後のページ

から東播地区チームのところまで一づつ見たが

「ない???」

こりゃ提出し忘れた!!!と思い、失意のまま

先頭ページを見ると先頭に「播磨ジュニア」が紹介されていた。



数秒間・・・私の頭の中のCPUがフル稼働し導き出した

答えは「あっ!そういえば去年この大会で優勝した!」



主催者様のお心遣いに本当に感動しました。



裏表紙の過去の優勝チーム欄に掲載されているのは

知っていたが、そしてここに名前が載せられるように

毎年子どもと指導者と頑張っているが

こうして本当に名前が掲載されているのを見ると

ほんとうに嬉しいものです。



そんな中、前回優勝チームをチーム紹介のトップに

持ってくるという心使いにほんとう感動しました。

毎年冊子を見ていたのに気がつかなかった自分が恥ずかしい・・・。

1日目は1勝1敗。

そうです。1勝しちゃいました。

どうやって1勝したのか1日目をみていなかったので

わかりませんが不戦勝ではないようで・・・(大汗)



ということで上位トーナメントにはいけませんでしたが

2日目はフレンドリーの部へ。

会場は懇親会会場より監督より連絡が入り徳久小学校へ

早朝より向かいました。



主会場のホタルドームからは一番遠いが、

播磨町へ帰るには一番近い会場(笑)

今年のうちのチームには持ってこいの会場です。



2日目。

フレンドリの部といってもさすがビスラカップです。

なんでこのチームさんがフレンドリなの?という

お名前のチームさんばかりでした。



1試合目、丹波市の和田さん。



夏のこうのとり杯でも胸をおかりしましたがもう一度

再戦となりました。当然力差は数倍も和田さんが上です。

うちの子達が見上げるくらいの大きなエースがおられ

ノーブロックのうちではレシーブにも限界がありあっけなく

1セットがおわりました。2セット目はエースさんもお休み

していただいてかろうじて15点をいただいた。



2セット目は会場校でもある徳久さん。

これまた夏のはりまカップで対戦いただきました。


その時には5点と11点で負け。

あの時とくらべてうちはメンバーも最小化しているし

レフトエースも現在膝を痛めておりレシーブ専門で

スパイクは打たせていないので勝ち目はないものの

こども達の最近の努力を図るには持って来いの対戦だと

思いました。

11点と18点で負け。

負けはしたがこの負けは価値のある負けでした。

ありさが1本すごいスパイクを打った。

たまたまかもしれない。まぐれかもしれない。

でも1本打てたという事は次も打てるという事。



2年生のアヤノが声を出してボールをつないだ。



2年生のシオリが・・・

サーブカットも上手に逃げるシオリが・・・

相手のスパイクボールの軌道に動き

手をだしてボールに触れた!!!!

うれしかったね・・・。あのシオリが・・・。



去年のように勝利する喜びもたしかに大きいのもだが

こうして負け試合で小さな喜びを見つけるのがこんなに
嬉しいものであるとあらためてわからせてくれる

今年のチームです。

この喜びがあるから続けていける♪



最近、大会会場を早々に失礼する事がおおい我がチーム

ですのでここ何回か「道の駅」を見つけると寄り道して

帰っています。



昔の播磨ジュニアでは考えられませんが、監督曰く

「保護者さんもせっかく遠いとこまで来て」

「これくらの楽しみもなければな・・・」ですって♪


クリックすると元のサイズで表示します

今回も写真のように道の駅しんぐう へ寄り道して

帰ったとさ♪

2

2012/11/4

久しぶりに  



久しぶりに試合に同行。

みんな頑張ってます。




クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ