2008/7/27

(19)ハプニング  映画(2007-08年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

畏れを知らぬ者たちには恐れを

沖縄に住んでいた時に何が気になったかと言えば、有刺鉄線で囲まれた米軍基地内に広がる青々とした芝生だった。油断すれば強靱な雑草が伸び放題の亜熱帯の沖縄で、あの端正な芝目を維持するのは並大抵のことではなかろう。

かつて「銃剣とブルドーザーで地元住民から土地を強制接収した」と言われたように、あの青々とした芝生は米占領軍の、ひいては米国の征服欲の象徴として見てとれた。それは単に戦争による征服を指すのではなく、自分たち以外のものすべてを、そう”自然”さえも、”征服すべき存在”として捉えている、米国の(←狩猟民族の、或いは西洋の、と置き換えても良いかも。”共生”を旨とする農耕民族とは対極だ)国家としての根本思想とも言うべきものなのかもしれない。

ゆえに、すべてが自分たちで”制御可能”とさえ考える。果たして本当にそうなのか?そもそも人間は、人間を生み育んだ自然を超えた存在なのか?いつから人間は、そんなにエラクなったんだろうねえ…?

米国映画は良くも悪くも米国の姿を反映している。そのひとつが米国万能主義だ。何か問題が勃発しても自らの手で解決しようとする。巨大宇宙船だって米軍の戦闘機で撃破してしまうのだ。

M・ナイト・シャマランは出自がインドと言うこともあってか、その点の描き方が非米国的である。映画「ハプニング」において、米国は国家として、”万能”でも”最強”でもない。(ただ正体不明の敵に恐怖し、右往左往するだけである。)米国人の眼には、そのように描かれた自国のありようが新鮮に映るのだろうか?対して、遙か昔から”畏れるべきもの”の存在をそこここに感じていた日本人にとっては、当たり前過ぎる理(ことわり)にも見え、だからこそ、この作品が発するメッセージには拍子抜けしてしまうかもしれない(ただし日本も、悪い意味で限りなく米国に近づきつつあるかな)

今回はRー12指定を受けているだけあって、視覚的・聴覚的に恐怖を誘う表現の連続なのだが、人間の(特に現代人の)不遜さからしたら、このような展開は十分あり得ると普段から思っているので、個人的にはあまり驚かなかったなあ…

もちろん、こういう映画だって”アリ”、だと思う(そう言えば、ヒッチコック監督ばりに出たがりシャマラン氏、また顔を出していたね・笑)

以下はちょっとネタバレなので反転表示で…

何にでもハッキリ白黒つけたがる人には、シャマラン流のオチは納得し難いのかもしれないが、そもそも物事はそんなに単純なものではないし、謎の”答え”なんて、そう簡単に見つかるものではないのでは?そういう意味では、米国映画の定石から敢えて外した、現実の世界に即したオチだと思った。
0



2008/8/1  9:27

投稿者:管理人はなこ

【追記】
ロシアを老練国と分類するのは解釈の分かれるところです。ロマノフ朝成立以降を影響力を持った大国とするならば、老練とは言い難いでしょう。特に最近のロシアは世界的な資源争奪戦の中にあって、豊富な天然資源をバックボーンに急速に国力を増大させ、その様相はさながら新興国のようです。

2008/8/1  9:09

投稿者:管理人はなこ

cherryさん、コメントをありがとうございます。英語圏のオーストラリアではとっくに公開されたのでは?cherryさんが気づかなかったと言うことは、あまり話題にならなかったのか?興行的にも成功しなかったのか?

この映画に関しては、特にさまざまな感想を目にします。多様な解釈が成立する作品なのかなあ…その意味でも、全世界を市場とする、分かり易さが信条の米国映画らしくないですね。だから、私の見方(感想)もあくまでもひとつの解釈に過ぎないと言う前提で読んでいただければ…

米国には強大な国力への自負と同時に、歴史の浅い若い国ゆえの無謀さを感じます(後者の若さは、老練な国へのコンプレックスにも繋がるような…)。それが自国の論理に従わない他国を、力でねじ伏せる横暴に繋がっているのではないかと思う。

血気盛んでパワーもあって、自分では(世界の警察官として)頑張っているつもりなんだけれど、周りからは自分が思っているほど評価されない。それどころか、その腕力を恐れられているだけで尊敬はされない。そして、その自己評価と他者の評価のギャップに苛立っている。

しかも、いつまでも若いと思っていたら、そろそろ青年期も過ぎようとしていて、体力の衰え(ドル安)も出てきた…さらに追い打ちをかけるように老練の大国(中国・インド・ロシア)が国力を上げ、若手(ブラジル)も台頭して来て…

国家も人間に喩えると、分かり易いと思いませんか?

2008/7/31  21:02

投稿者:cherry

はなこさんのアメリカ論、私もそう思っている一人です。本来の狩猟民族としてのDNAがそもそも違うんでしょうか。あるいはアメリカ=世界NO1という自負?

この映画こちらでは今話題になっていなんだけど・・。
ひょっとしたらすでに公開されたのかしら?チェックしてみます。

2008/7/28  0:55

投稿者:管理人はなこ

こんばんは。

見てきましたよ。早速。今回は息子のたっての希望でした。

私もなんだかんだ言って、全作見ていると思います(笑)。2年おきとは気づきませんでした。一番好きな作品はやっぱり「シックス・センス」。次いで「アンブレイカブル」。逆にガッカリしたのは「サイン」。

彼は毎回、いかに観客を煙にまくか、騙すか、知恵を絞っていますね。

今回の「ハプニング」は結構好きです(笑)。R−12指定を受けただけあって残酷なシーンがありますが(その辺りの描写は容赦ないです)、派手なアクションやCGはなく、ドラマで魅せてくれます。台詞も意味深だし。「結局、最も怖い存在は人間」というのは、キングの「ミスト」に重なるような…

ハプニングと言う言葉には、「いつ、どこで、何が起こるかわからない」と言うニュアンスが含まれていて、その時点で言いしれぬ恐怖を誘いますね。

まあ、とにかくご覧ください(笑)。ごみつさんの感想も是非伺いたいです。

2008/7/27  23:27

投稿者:ごみつ

今晩は〜。

おお、シャマランの新作、早速見にいかれたんですね。

お気づきでしょうか、彼は2年ごとに作品を発表してるんですよ。前回は「レディ・イン・ザ・ウォーター」でした。

私「シックス・センス」が大好きで、以来、かかさず彼の作品は見てるのですが、次の作品の「アンブレイカブル」以来、2年ごとにだまされっぱなしです。(笑)
でも見ちゃうのよね〜。(笑)今回の「ハプニング」はどうだったんでしょうか・・。やっぱ、見たい。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ