gyouseisyosi


行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ
  | 投稿者: ひつじ



行政書士試験に合格するためには、次の3つが重要です。

●最短で合格するための勉強法
●皆が苦手とする民法のケア
●試験勉強を突破するためのモチベーションの維持


この3点をクリアするためにパッケージングしたのが
行政書士試験短期合格術です。

行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ



行政書士の仕事

行政書士が主要業務(独占業務)としている
官公署提出書類の数は、数千種類
(許認可関連だけで3千種以上)にも及ぶと言われるように、
その業務フィールドは幅広く、まさに決まった型のない汎用資格と言えます。

そのため、いかに自分の専門分野を早期に見極め、
業務に結びつけるかが、今後はさらに鍵を握ってくるはずです。

なかでも、比較的、需要が高く報酬額の良い
土地建設関係の許可申請や、運輸関係を業務の中心としている
事務所は多く、これだけで安定した収入を上げ、
生計を立てている行政書士も少なくありません。


つまり、言い換えると新規参入者にとっては、
先輩書士に荒らされたこの分野での事業拡大は
厳しいので、他分野での業務開拓や
顧客開拓を考えなければ、生き残るのにも一苦労・・・。

行政書士が作成する提出書類の中には、
専門家に依頼せずとも作成できる書類が多く、
また、今後、行政手続きのオンライン化が加速すれば、
ますます専門家に依頼する理由がなくなり需要が
減ってくることも予想されます。

しかし、日々、産業構造は複雑化しているため、
単に書類が書ければよいというものでもありません。

そこで、新規参入の行政書士は、
早いうちにある分野の専門家として特化し、
書類作成業務に付加価値(相談業務)を
プラスすることで生き残りを図るなど、
かつての主要業務以外のコンサルティング業務等を
メインとした分野で、独自のフィールドを切り開く
営業活動が重要になってくるでしょう。




作成する書類は一般の人が考えるよりはるかに広範囲に及びます。

しかも、最近はこうした代書業務だけではなく、
法律コンサルタントとしてのニーズも高まってきました。

行政と市民を結ぶ身近な法律専門家として、
その役割はますます重要なものになっています。

行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ



行政書士試験合格のための条件は、

1.全300点中6割以上の180点以上をとること。
2.一般知識等科目の得点が、4割以上(6問正解)であること。

この2つです。

どちらか一方が欠けていてもダメです。

以上を踏まえて分かった、行政書士試験短期合格の糸口は、

1.行政法と民法だけで合格点をクリアできるほど2科目が重視されている。
2.一般知識等問題でとにかく6問以上正解しなければ合格できない。

この2点です。

行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ


以前は、行政書士試験に合格するためには
とにかく過去問が大切といわれてきました。

しかし、新試験制度移行後は
ただ単に基本書を読んで過去問を繰り返し解いたとしても
行政書士試験に合格することはできなくなってしまいました。

その理由は、


民法の難易度が向上したからです。

行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ


民法攻略が短期合格のポイント

民法は行政法に次いで大きな点数配分です。

しかし、民法は行政法と大きく異なり、
記述問題に半分以上の40点の配点がなされています。

つまり、行政法は過去問中心の勉強で
択一式問題への対策をすればOKですが、

民法を攻略するためには、

行政書士受験生の誰もが苦手とする
民法の記述問題に強くなる必要があるのです。


しかし、一般に市販されている行政書士試験専用の書籍では
相変わらず択一対策用のテキストばかりで
現行の民法の問題には全く歯が立ちません。

行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ


民法攻略の虎の巻とは?

1000条以上ある民法条文の中から
行政書士試験で問われる可能性の高い部分について、
ポイントをまとめた行政書士試験専用民法虎の巻を作りました。


このテキストを使って、勉強することによって
行政書士試験受験生の多くが苦手とする民法において、
記述、択一どちらも合格ラインに達することができます。

行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ



一般知識であしきりに合わない方法

法令科目について合格点を取ったとしても

問題は一般知識等のあしきりです。


いくら法令科目で合格点をとったとしても、
一般知識等であしきりにあったのではなんにもなりません。

実は、法令科目は合格ラインに達したが、
一般知識等であしきりにあい残念ながら
不合格だったという人も多いのです。

そこで私は法令科目対策以外にも、
一般知識であしきりに合わない方法についても対策を考えました。


そこで分かった一般知識等問題であしきりにあわないポイントは・・・


ある分野にだけ的を絞り、集中して勉強することです。


幅広い一般知識等の問題においても、
ある分野に絞ってテクニックを身につけると、
たった一日で
一般知識等問題のあしきりラインをクリアできるようになります。


最小の努力で最大の効果を得ることができるのです。

行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ



教材購入者の声

小野たかひと 様

はじめまして。
私は、独学で過去3回行政書士試験にチャレンジしてい
ます。

それぞれの得点は、
平成19年が120点台、
平成20年が120点台、
平成21年が164点でした。

昨年の不合格の原因は、やはり民法でした。
記述式も28点しか得点できませんでした。

小野様のテキストを拝見させていただきましたが、民法
は「原則」「特則」「要件」「効果」がとてもわかりや
すくまとめられていると感じました。

また、文章理解の攻略方法についても、適切な指摘がさ
れていて「目からウロコ」でした。
攻略方法にしたがって、市販の練習問題を解いてみまし
たが、ほぼ満点を取れることができました。

民法のテキストも既に3回通読しましたが、テキストに
よってより理解をすることができた箇所が何箇所もあり
ました。
今は過去問で間違ったところや気が付いた点等、テキス
トへの書き込みをしています。

小野様のテキストに出会って、大きな手ごたえを感じて
います。
3ヶ月の勉強スケジュールも作成しました。

今後も、小野様がご提案されている勉強方法にしたがっ
て、今年は何としても合格を勝ち取り、来年のパーティー
に参加したいと考えています。

末筆ではありますが、テキストを拝見しての感想を書か
せていただきました。

行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ



繰り返しますが、
行政書士試験に合格するためには、次の3つが重要です。

●最短で合格するための勉強法
●皆が苦手とする民法のケア
●試験勉強を突破するためのモチベーションの維持


この3点をクリアするためにパッケージングしたのが
行政書士試験短期合格術です。


行政書士試験短期合格術!詳細はコチラ
0




AutoPage最新お知らせ