2009/6/1

いざという時に自分の身を守る方法  恐怖から卒業!





「てゆーかさー

 アイツうざくね?」




電車の中で、デカイ声で話をしている複数の若者たち。
多分、年齢は10代。

「周りの人の迷惑も考えろよ…」と思っていたら、
いきなり「なんか、アイツこっちみてね?マジむかくつんだけど」と、
私の方をにらんでくる。


思わず…


目をそらしてしまった。

こんな経験はありませんか?


コンビニに座り込んでいる高校生を避けてしまった。
恐そうな人に自分の彼女をジロジロみられたけど、気付かないフリをしてしまった。

こんな経験があると思います。

「俺がもう少し若かったら」
「1対1なら」

と、思いましたか?それとも…

「何か格闘技をやっていれば」

と思いましたか?それとも…

「怖いから、早く逃げ出したい」

と思いましたか?



≫そんなことを恐れないで済む方法があります!






0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ