2012/10/10

女の人の中年太り  

女の人も男の人も加齢が原因で基礎代謝が低下し、中年太りに繋がってしまう事があると思われます。
でも、、女の人の場合は男の人とは違う原因も関係されているのです。
それはホルモンの関係によるもので、閉経を迎えた女の人は若いころにくらべて脂肪がつきやすくなっています。
そのため、歳を取れば取るほど太りやすい体質になるという事を理解し、早めに対策を取る事が重要です。
出来る事なら、閉経を迎える前に筋肉量を増やしておいたほうが中年太りを予防する効果が期待出来るでしょう。
出来るだけ若いうちから身体を動かすように心がけておくと、歳をとってからも運動する事が苦ではなくなっていきます。
すると、閉経を迎えると更年期障害が強くなり、体の不調を感じてしまう人もいるでしょう。
更年期障害の状態が強く出ている場合、無理な運動をすると体調を崩してしまう事もあるので注意する事がもとめられます。
自身にとって無理のない運動量を正しく掌握し、身体を壊さない程度の運動を継続するようにしましょう。
更年期障害が原因でイライラが溜まり、暴飲暴食をしてしまう人もいますが、これも予防する事が出来るように工夫してみてはどうでしょうか。
また女の人の場合は、中年太り解消のためにエステを使用している人も少なくないようです。
痩身用コースを用意しているエステはたくさんあるので、自身の力だけで体重を落とす事が難しいと感じた場合、エステも使用してみるといいでしょう。
ですが、毎日エステに通う事は難しい人がほとんどなので、家で自身で出来る運動なども実践する事が重要です。
0

2012/10/5

食事療法の要点  

腎臓病の食事療法ではどういうようなことがたいせつになってくるのか、造作もなく解説していきます。
最初に、必要以上にたんぱく質を摂取しないということが、腎臓病の食事療法の要点として挙げられます。
必要量をオーバーしてたんぱく質を摂取すると、老廃物の増加を招いて、腎臓になかなかの負担がかかるようになってきます。
腎臓の機能を維持するためにも、たんぱく質を摂る量を適切な範囲内に調整しなくてはいけません。
たんぱく質を摂る際には、肉、魚、卵などの良質なたんぱく質から、1日に必要な量の半分以上を摂るようにしましょう。
次に、腎臓病の食事療法では、エネルギー量をきちんと確保するという事も要点になってきます。
というのも、エネルギーが足りない状態になると、体のたんぱく質が破壊されて、老廃物の増加を招いてしまうからです。
腎臓病の食事療法ではたんぱく質の摂取量を抑えますが、これにより足りなくなるエネルギーは、糖分や脂肪分から得る事にしましょう。
また、塩分を控えるというのも食事療法の要点にふくまれます。
腎臓機能が落ち込んでいると、塩分の排泄機能が悪くなるため、必要以上に塩分を摂取すると血圧が高くなり、体のむくみを引き起こしたり、腎臓が相当な負担をうけてしまうという事態を招きます。
この事から、塩分摂取量を抑える必要があるのです。
この他、腎臓機能が落ち込むと体内に蓄積されやすくなるリン、カリウムを摂る量をコントロールしたり、食事制限は水分にまで及ぶ場合もあるとおもわれます。
具体的な摂取量などは医師などの指示を守りましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ