2005/5/11

「年下のひと」  映画

ジョルジュ・サンドとミュッセの恋愛を描いた映画「年下のひと」を観ました。(DVDをレンタル。)
サンドとショパンについてはショパン関連の本で読んだことがありますが、ミュッセとのことは初めて知りました。

ミュッセと旅に出るところや、ミュッセの看病をするところなどはショパンとの関係にも通じるところがあるな〜と思いました。面倒見がよいというか母性愛が強いというか…でも結局はサンドの自由奔放さに相手が嫉妬に狂うことになるのも…。
サンド、魔性の女ですねぇ。

ところで、映画のラスト近くのサロン(?)の場面で髪の毛ふりふりピアノを弾いているのはリストなんでしょうか?ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

「年下のひと」について詳しくはこちら↓
http://www.asmik-ace.com/Enfants/Sand-Musset.html
年表がわかりやすいです。ミュッセと破局した3年後にショパンと会ったんですね。




2005/5/13  17:25

投稿者:ふわふわ

ERKさん、こんにちは!
わたしもミュッセはこの映画で初めて知りました。フランスの詩人(作家)だそうです。
サンドとショパンの関係のほうが有名ですが、サンドが生涯で一番愛したのはミュッセではないか、とも言われているそうです。

この映画には、残念ながらショパンは登場しないのです。ショパンとサンドの映画があれば観てみたいです。

http://happy.ap.teacup.com/fuwafuwa/

2005/5/13  14:25

投稿者:ERK

え?ミュッセって誰なんですか?
サンドとショパンのLOVEはやはり存じておりますが、ミュッセって?ショパンの生涯の登場人物としては初めて聴きました。
おもしろそうな映画ですね。ぜひレンタルしてみます。ありがとうございます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ