2009/3/26

江口玲さんのコンサート(後半)  コンサート

コンサート後半は、ステージの中央のグランドピアノの横に、板をはずした状態のアップライトピアノが置かれていました。
何に使うのかな??と思っていたら、わざと調律を狂わせた「ホンキートンクピアノ」なのでした。

19世紀〜20世紀のアメリカ音楽、ケークウォーク、ラグタイムなどについて、当時の楽譜の表紙イラストなどの資料も交えてレクチャーしつつ、演奏してくださいました。
ホンキートンクピアノを使って、
「スモーキーホーキー」
「メイプル・リーフ・ラグ」
「エンターテイナー」
「ラグタイム・ナイチンゲール」
・・・さきほどまでのクラシックとはガラリと雰囲気が違いますが、こういうのを弾いてもさすがにスゴイです!!
ホンキートンクでもやっぱり豪華に聴こえちゃうっていうのがまた、江口さんだなぁと思ったり^^

そして、グランドピアノでガーシュウィンの曲を。
「リアルトのさざなみ」
「スワニー」
「ラプソディー・イン・ブルー」

ザッツ・エンターテイメント!!とても一人で演奏されてるとは信じられないような、連弾か2台ピアノのような超豪華アレンジで聴かせてくださいました。あまりにすごくて「わぁっ〜☆☆」と笑顔のまま固まって聴き入っていました。

公開コンサートに始まって、すでに3時間しゃべりっぱなし演奏しっぱなしなのに、演奏もトークもノリノリのパワー全開で、終始にこやか〜な江口さん・・・超人!
鳴り止まぬ拍手にこたえてのアンコールは、思いっきりジャジ〜なバラード「Who Can I Turn To」お洒落でやはりゴージャス・・・なんか夜景が綺麗な高層ビルの超高級ラウンジでカクテル飲んでるような気分だわぁ(←実際には行ったことがないけど;)・・・とウットリしてるうちに終演となりました。

コンサート後は、CD購入した人にはサイン会もあったので、「ラプソディー・イン・ブルー」の収録されたアルバム「Dear America」にサインしてもらって握手もしていただきました温かくて厚みのある大きな手をしていらっしゃいました。

というわけで、公開レッスン、コンサートの前半、後半、でそれぞれまるっきり違うタイプのステージを満喫したのですが、なんと、なんと、今回のコンサート料金、全部まとめて1500円だったんです!!
江口さん、コンサートを企画してくださった行徳文化会館のみなさま、どうもありがとうございました!!







2009/3/31  20:11

投稿者:ふわふわ

子豚さん、こんばんは^^
江口さんのピアノぜひ生で聴いてみてください〜!CDもいいのですが、生は、ぶったまげます。
わたしの中では、江口さんのピアノは「火」のイメージです。(栗原さんのピアノは「水」のイメージ。)
「Dear America」のジャケットの中の写真、やっぱりあのホールでしたか!「あれ?もしかして・・・」って思ってたんです。
あと写真で驚いたのは・・・江口さんが細い!!今も決して太くはないんですが、少なくとも10kgくらいは違いそうな感じでビックリしました。

タカギさんの日記、読んで驚きました!コンサートのときはそのようなトラブルがあったとは一言もお話されてなかったんですよ〜。

そういえば、29日にミッドタウンに行ったときも、野外ステージのスタインウェイ、タカギクラヴィアさんのロゴが入ってました。


2009/3/31  0:40

投稿者:ぴあ子豚

羨ましい〜 私はず〜っと江口さんの演奏を生で聴いてみたいと想いながら実現出来ていません(T_T)
「Dear America」は私も持っています。
ジャケットはご覧になりましたか? 録音は山梨で行われていまして、いつも発表会で弾いているホールなんです。
ピアノは持ち込みですが。
そのピアノの提供元のタカギさんのブログを時々読んでいるんですが、今回の江口さんの裏話が書かれていました。
http://tklavier.blog64.fc2.com/blog-entry-173.html
こんな大変な中、そんな素晴らしい演奏会をやり遂げたなんて素晴らしいですね!

http://sps.nassy.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ