2005/11/21

「ガラスの大エレベーター」  

「チョコレート工場の秘密」の続編の本です。
今回は新訳(柳瀬尚紀さん訳)で読んでみました。

ワンカさんとチャーリー一家はガラスのエレベーターに乗ってチョコレート工場に行くはずが、高度を上げすぎて宇宙へ行ってしまい、謎の宇宙生命体と遭遇してさぁ大変…!

半分くらいは宇宙でのお話でSFコメディ風。
アメリカ大統領を痛烈に皮肉ったキャラも出てきて「オースティン・パワーズ」を彷彿とさせるおバカっぷり。
「なかなか今回はチョコレート工場が出てこないな〜。」と思っていたら、後半にようやく出てきて、ウンパ・ルンパ族(新訳では「ウンパッパ・ルンパッパ人」と訳されていました。)も健在でした。
相変わらず、ブラックな歌を歌い踊っていました。

「チャーリーとチョコレート工場」の映画を観たあとなので、本を読みながら、すっかりワンカさんはジョニー・デップ、ウンパ・ルンパ族はあのウンパ・ルンパ族を想像してしまいました。

…それにしても、30年以上前に、こんな奇想天外な話が書かれていたとは驚きです。ハリー・ポッターもびっくりですよ。



2005/11/24  21:19

投稿者:ふわふわ

tokiさん、こんばんは。
そうなんです。続編はあまり知られていないですよね。
チャーリー一家のその後、ぜひ読んでみてください。幸せになれたかどうかは…???
さらにその続編も作れそうな結末でしたよ。

一緒にロアルド・ダールの「アッホ夫婦」という本も借りてきました。これから読みます。

2005/11/23  22:00

投稿者:toki

続編があったんですか。知りませんでした。
宇宙人と遭遇とはスケールが大きいですね。
チャーリー一家は幸せになれたのでしょうか。


http://blue.ap.teacup.com/tokizawa/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ