2015/10/11

社会福祉士の受験概要って?対策は?  

社会福祉士は国家資格であり、受験においても規制があります。

社会福祉士の受験概要では、福祉系の大学や大学院の指定科目を修得し、卒業した者という決まりがあります。

また、一般の4年生大学を卒業した方でも、社会福祉士一般養成施設を卒業することで、受験資格を得ることができます。

社会福祉士の国家試験は、社会福祉、および、介護福祉法第10条第1項で厚生労働大臣が指定した、社会福祉振興・試験センターが年一回、一月下旬に行う筆記試験です。

人体の構造と機能、および、疾病についてや心理学理論と心理的支援、福祉行財政と福祉の計画や児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度についてなど、19科目にもわたる範囲で出題されます。

試験は五肢択一を基本に、多肢選択形式で150問出題され、試験時間は240分となっています。

社会福祉士の受験対策としては、毎年問題の傾向と難易度に極端な変化があるわけではないので、過去の問題をしっかりとマスターすることが重要だといえます。

それに、最近の福祉についても問題にされることがあるので、法律の改正などの最新の福祉の動向も把握しておくと良いでしょう。

社会福祉士の試験はマークシート式で240分の間に150問を解かなくてはいけませんから、一問にかけることのできる時間は約1.6分です。さらに、19科目ある科目からまんべんなく出題されますので、苦手な科目を集中的に勉強し、一問あたりを早く解くことができるように、問題数をこなす勉強法も必要といえるのではないでしょうか。
どろあわわ お試し
0

2015/10/11

社会福祉士ってどんな資格?就職先は?  

社会福祉士の資格は、資格を持っていないと社会福祉士を名乗ることができないという名称独占の資格です。

社会福祉士という資格は、社会福祉の専門家であることを証明するもので、福祉の現場で活躍する資格になります。

社会福祉士として働きたいと考える場合には、まず国家資格である社会福祉士の資格を取得するとよいですよ。

社会福祉士は、専門知識と技術を持って、身体上、または、精神上に著しい障害がある、もしくは、環境上の理由により、日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言や指導、その他の援助を行うことを業とするものというように、社会福祉、および、介護福祉士法で定められています。

ですから、社会福祉士という資格は、福祉に関する対人的な相談援助を行う職種に求められる資格と言えるでしょう。

社会福祉士の就職先としては、福祉事務所や社会福祉協議会、社会福祉施設などが考えられます。

また、在宅ケアサービスや福祉機器会社などの民間企業でも必要とされる資格です。

社会福祉施設の場合は、主に生活指導員や寮母、施設長などの職種を任されることが多いでしょう。

社会福祉士は、高度な知識を必要とする職種で、相談者の心の支えとなることも多く、責任が重い、とてもやりがいのある仕事です。

近頃では、社会福祉士の専門性が認知され始めており、就職先でも社会福祉士取得が有利になることも多くなってきています。

高齢化が進む日本において、社会福祉士は必要とされる職種ですし、ニーズの高い資格と言えるでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ