タネ銭はどうするか

2013/2/9 
基本的には、安く仕入れて高く売る。
この単純な方法で儲けを得ることになりますが、

では、なぜこのような価格差が生じるのでしょうか?


それは、日本国内と海外のそれぞれの国において、
同じ商品でも需要と供給のバランスが大きく異なるからです。

需要のほうが大きな市場では品不足から高値で売買され、
供給のほうが大きな市場では品余りから安値で売買される。

江戸時代の商人は、日本各地のこのような価格の差を活かし、莫大な利益を生んできました。


しかし、それは流通が不便な時代だからこそ同じ日本国内でも出来た商売で、
流通の発達した現代では通用しません。

そこで現代では活動の場を世界に広げ、世界各国の価格の差を活かした商売を行えば良いのです。


売れる商品の条件は2つ。

1.日本国内では高値で売買されている
2.海外では安値で売買されている

このような商品を見つけることができ、尚且つなるべく安価で仕入れることさえ出来れば、
利益は瞬く間に膨れ上がっていくのです。

これならあなたにも出来そうですよね?


それではもっと具体的に輸入ビジネスで稼ぐための方法について詳しくお話しますね。

あなたは輸入ビジネスで収益を上げる為には、何が必要だと思いますか?

外国語をマスター?
外国語でビジネスメール?
商売人の仕入れテクニック?
トレンド商品をいち早く見つけ出す類稀なる目利き?
貿易会社のような、専門的知識?
偽者、粗悪品を見分ける力?


そのような知識や力をつけるしかない…と思っているのではないでしょうか?

確かに輸入をするのにはこれらの知識は必要とされてきました。

私もまずはこれらの知識を身につけようかとも考えました。

しかし私にはそんな時間がありませんでした。

様々な事情から心が病んでしまい、元の会社を一刻も早く辞めてしまいたい。
ですが、私には大切な家族を養っていかなくてはいけない使命がある。

多くのプレッシャーに押し潰されそうにもなりながら、必死で独学にて勉強し続けました…

「開業資金のない私でもリスクを最小限に抑えながら、しかも安定して稼げる方法」を課題に挙げ、
仕入れ→テスト販売→検証→改善を、何度も何度も繰り返しました。


外国語を話す事ができない為、すべてのやり取りを辞書で調べながら翻訳したり・・・
安く仕入れる為に、何通も返事のこないメールを送り続けたり・・・
売れる商品を1日中パソコンの前に張付いて調べまくったり・・・
ebayで仕入れてヤフオクや楽天、その他様々なところへ出品してみたり・・・
夜中まで梱包作業に追われたり・・・



正直なところを申し上げますと、最初の1年くらいは、
本当に稼ぐ事ができませんでした。

しかし、辛いながらも楽しいそんな検証と改善を繰り返していると、
だんだんと安く仕入れ高く売る方法を仕組み化することができ、
今の手法を確立する事ができたのです。

輸入ビジネスでの収入が本業の収入を超えた瞬間。

それは、今までの滲む様な努力が報われた瞬間でした。
そのときの事は今でも鮮明に覚えています。

この頃から、私は、毎日、ワクワクしながら、
輸入ビジネスを楽しみ、収益を得るようになりました。


そして、今では、培ってきたノウハウを、昔の私のように、悩みながらも、
自分で稼ぎたいという強い意志をお持ちの方々に伝える為、
あきんど塾を結成し、その限られた塾生へ伝えていくようになりました。

その塾生達も、会社勤めや子育て等で、少ない時間の中
私のアドバイス通りに、
商品をリサーチし、商品を仕入れ、販売し、実際に自らの輸入ビジネスを確立しました。

月収100万円、300万円、その他にも多くの塾生が
実績をあげる事が出来るようになったのです。
株式会社夢丸 詐欺
0



AutoPage最新お知らせ