2013/7/24

ムートンブーツ  



モカシンシューズがここのところでは流行っていますね。

モカシンとは北アメリカインディアンが愛用していた、かかと部分のない
スリッポン式の短靴や長靴のことで、本来ソールがありませんでした。
しかし、それではここのところ道路などには合わないので、
現代しかし履けるように男性用にソールの貼ってあるものが考案されるようになり、
女性用のもここのところ人気なのです。

ムートンブーツなどしかし定評がある、
アメリカのミネトンカのものが有名ですよね。
スエード生地のものはとりわけ寒い時期に人気です。

おしゃれなロングブーツがほしい

フリンジやカラービーズが飾ってあるものがいっぱいあるので、
気軽な装いにかわいらしくよく合います。
ヒールがないので、履きやすいし、
きちんとした場所には履けませんが、
ちょっと出かけるときにさっと履いていけますよ。
0

2013/7/5

爪の部分  

夏と言えば、サンダルやミュールを履く時期ですが、
ストッキングを先に履くか、何も履かずいわゆる生足で履くかは、考えの分かれるところです。

「サンダルやミュールは素足で履いたほうがいい」という考えもありますよね。
間違いなく足にシミや虫刺されの跡などがなくキレイなのであれば、素足の方が魅力的です。
ミュールでも素足の方が脱げにくいし、
ペディキュアも何も履かずの色で美しく見えます。
ストッキングを履くと暑いという感想もあります。

素足はきちんと見えないという意見の持つ方やコンプレックスがある方は、ストッキングを履く方もたくさんいるようです。
爪の部分に切り替えのないストッキングも昨今は普通ですし、
ストッキングを履いたほうが滑らかに見えるのも確かですよね。
足を隠すという意味ではなく、網タイツでおしゃれする方もいるようです。
0

2013/7/4

サイズを詰めると  

レディースシューズで21センチや21.5センチの靴は
シンデレラサイズと呼ばれます。
シンデレラは足が小さいというところから名付けられていて素敵な呼び名ですが、
誰もが知っているブランドのものにはこのサイズの仕様がほとんど作られていないらしく、
発見するのは結構大変なものです。

少し大きめの靴でも中敷を敷いて無理にサイズを詰めるという手もないわけではないですが、
結局ぴったりの靴を使いたいし、サンダルなんかだとそういうわけにもいきません。
子供用の靴ならサイズがないわけではないですが、
この頃の子供用がいくらおしゃれとは言え、どうしても何か違うと思うことも多いものです。

日本中にお店があるダイアナやツモリチサトには
小さいサイズが充実しているみたいですね。
それに、この頃は小さいサイズを展開する百貨店も増えてきています。
もし店頭になくても店の人に聞いてみるのがいいと考えます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ