2013/3/26

ぞうきんはどうする?  エリアクリン

 昔から拭き掃除で使われてきたものとして、ぞうきんがあります。ぞうきんはよく使います。私が初めてぞうきんを使ったのは、確かな記憶が残っているところでは、小学校の時だと思います。小学校の時の毎日のお掃除の時に、床をふくのにぞうきんを使いました。

 他の小学校はどうかはわかりませんが、私の通っていた小学校には、給食当番と言うものはあったのですが、掃除当番というものはありませんでした。掃除当番と言うものがあるというのを初めて知ったのは、中学校に入ってからでした。では小学校ではどうしていたのかと言うと、給食を食べ終わった後に、クラス全員で教室のお掃除をしていました。その時にほうき係とか窓拭き係とかぞうきん係とかいうのはあったのですが、掃除自体は全員でやっていたわけです。

 その時に使ったぞうきんと言うのは、家で古くなったタオルを縫って作ってもらったものを学校に持っていって使っていました。ですから、ぞうきんと言うものは、そういうものだと思っていましたが、現在ではそうでもないみたいです。

 これは最近知ったのですがぞうきんはお店で売っているんです。これにはびっくりしました。そしてこのお店で売っているぞうきんを、学校に持っていって使ったりすることもあるとのことなので、時代は変わったんだと思いました。

 買ったものであれそうでないものであれ、ぞうきんがけにはこれらのぞうきんを使いますが、実際には目に見える汚れしか落ちないようです。目に見えないものは、エリアクリンや消毒液などを使わないと落ちないようです。ぞうきんだと、かえって汚れを広げてしまうこともあるようです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ